フロアコーティングを行う理由

フロアコーティングを
行う人、行わない人の意見

フロアコーティングを行う人・行わない人の意見を聞いてみると、行う人は「フローリングをキレイなまま保ちたい」、「子供・高齢者・ペットが家にいる」「掃除を楽にしたい」「傷や汚れをつけたくない」「フローリングに高級感を持たせたい」などの意見が出ました。
一方、行わない人は「値段が高いイメージ」「ワックスフリーの床だから必要ない」「床の劣化を気にしない」「無垢材のフローリングを使っている」「そもそもフロアコーティングの存在を知らなかった」などの意見が聞かれました。

フロアコーティングを行う人 フロアコーティングを行わない人
フロアコーティングを行わない理由:値段が高いイメージ

フローリングの寿命

一般的なフローリングの寿命は、10~15年程度と言われています。木材の劣化により古くなったフローリングは張替えの必要が出てくるので、せっかく買ったマイホームなのに、ローンを払い終える前にフローリングの張り替えを行わなければならない…なんてケースもでてきます。
下のグラフは、30年間でかかる費用の比較を行ったものです。フローリングを15年に1回張り替えた場合30年で300万円かかり、ワックスの場合1年に1回の塗布で同じく300万円。フロアコーティングEPCOATでは、初期費用はかかるものの30年耐久の為張替えやワックスがけの約1/10のコストで済みます。

30年でかかる費用の比較 フロアコーティングを行わない理由:ワックスフリーの床だから必要ない

ワックスフリーの床材に
フロアコーティングは必要?

現在出回っているフローリングの中には『ワックスフリー』と謳っているものがあります。そのような床材を選択された方から聞かれる質問として、 「ワックスフリーのフローリングだからフロアコーティングをする必要はない?」 「ワックスフリーの上にフロアコーティングって出来るの?出来たとしても意味はない?」 と言ったものがあります。

ワックスフリータイプ床材の断面イメージ

ワックスフリーの床材は、フローリングの表面に“保護フィルム”が焼き付けられた状態で、ツヤを出し防護硬化を向上させています。
しかし、その保護フィルムはあまり長持ちするものではなく、一般的に3~5年ですり減って無くなってしまいます。
その後はツヤもなくなり、何もしていないフローリングと同様、日常のダメージを受けてしまう状態となってしまいます。

3~5年ほどで保護の効果は無くなり、床の経年劣化が表れてくる

そもそもワックスとはツヤを出すための清掃用品なので、「ツヤ出しの為のワックスを塗る必要がない」というだけで、「ワックスフリーのフローリングだからうちはフロアコーティングをしなくても大丈夫」という考えは誤りです。
日常的なトラブルからフローリングを保護するためには、フロアコーティングは必ずご検討頂いた方が、せっかくの新築を綺麗に保ちご安心頂く事ができるとお伝えしています。

フロアコーティングを行わない理由:床の劣化を気にしない

日常生活で起きる
フローリングのトラブル

世の中には様々な種類のフローリングがありますが、どれも木材で作られています。 そのため、環境の影響を受けて木材が劣化してしまう事により、フローリングがダメージを受けてしまいトラブルを起こしてしまいます。
代表的なトラブルとしては、水分吸収による変色、紫外線による日焼け、日常生活で生じる傷などがあります。

日常生活で起きる代表的なフローリングのトラブル一覧

ペットとフローリングのトラブル

ツルツルとしたフローリングはペットの肉球と相性が悪く、滑ってしまう場合があります。 ペットがフローリングで滑ってしまうと、転んで脱臼してしまう恐れがあります。
また、ペットの尿がフローリングに染み込んでしまった場合、臭いが残ったり変色してしまったりします。 さらにペットの爪による傷もフローリングを痛めてしまう原因となります。
これらの、ペットとフローリングのトラブルを防止するため、フロアコーティングを行う場合があります。

ペットとフローリングのトラブル一覧 上記のようなトラブルを防止・解消するためにフロアコーティング「EPCOAT」を選択する人が増えています フロアコーティングを行わない理由:無垢材のフローリングを使っている

無垢材のフローリングを使っている方は、無垢材ならではの風合いを気に入ってフロアコーティングを始めから検討されない方も多くいらっしゃいます。
確かに木の質感が魅力的な無垢材ですが、それを実現するために余分な加工がされておらず、痛みやすく、汚れやすいと言ったデメリットもあります。
汚れてしまった無垢材フローリングの表面を削って復活させ、その状態から着色とコーティングがセットで行えるEPWCOATという商品もございますので、お困りの方は是非ご検討下さい。

経年劣化した無垢材のフローリングをサンディングで表面を削って復活。EPWOODCOATで着色+保護 フロアコーティングを行わない理由:フロアコーティングの存在を知らない ワックスの1000倍以上の耐久性を持つ強固なガラスコーティングEPCOAT
お問い合わせ