フロアコーティングは無駄で不要という意見

フロアコーティングは無駄で不要という意見もありますが、かなり荒っぽい意見だと思います。確かに結論だけ見てしまうと20年も経てば張替えが必要とか、どうせ傷つくのだからとか。もっと注意深く考えてみれば生活の質はどうなるのでしょうか。

早い段階で傷だらけになってしまい何十年もその傷を目にして生活していくのと綺麗な状態が長く続いて最後は結構キズが増えてしまったのではそれまでの生活の方法も記憶も違ったものになるのではないでしょうか?

フロアコーティングはフローリングのダメージを遅らせ出来るだけ綺麗な状態を保つようにするものです。それまでの時間経過の生活環境も考慮に入れて計算しないといけません。そう考えれば決して無駄で不要なものではない事が分かるのではないでしょうか。