フローリングの歴史的変遷

history

フローリングとは木質の床材のという意味でした。最初のフローリングは本物の天然木で板状にして並べたものを云ったと思われます。今でこそ無垢材といって高級品の位置づけですが元々はこれが当たり前でした。

しかし自然の木は使っているうちに反りや歪みが出てきて使いずらいものでした。そこで合板フローリングというものが考え出されました。下地材に乾燥させた木材の層を重ね合わせ反りや歪みが出ないようにして、表面の化粧面に厚さ2~3ミリの天然木を配した構造になったいて無垢材のように見えるものです。

その後更にコストと使いやすさを求めて表面の化粧面の天然木の部分を0.2~0.3ミリ程度にしたものが開発されました。しかし大きな傷や抉れでは下地が出てしまい、また表面上は本物の木ですが質感や感触では本物の木とは違ってきています。

そして遂にこの表面上の木の部分を完全に無くしてしまって木目のプリントに変えたのがシートフロアです。これは印刷なので木目以外にも大理石調や自由自在にデザイン出来るものでコストと相まって爆発的に普及しています。

この最新のシートフロアは予めEBコートなどを施してありワックスフリー仕様でワックスが必要ありません。しかし何もしないのは不安なのかワックスが不要なのにワックスフリー用ワックスとか訳が分からないものが出ています。しかしワックスフリーは基本的にワックスは合わないので却って滑りやすくなったり汚れが付きやすくなったりしてしまいます。

フロアコーティングは殆どのフローリングに対応していますので、まずはご相談ください。

新築のフロアコーティングは絶好のチャンス

新築

フロアコーティングは新築時が一番良いタイミングです。床が傷が一つもない新品の状態をフロアコーティングでまるでラッピングするみたいに守ることが出来ます。それに荷物が入ってない状態ですれば荷物の移動もないですし、移動が困難な重量物の下も搬入前ならコーティングをしておくことが出来ます。なので作業もスムーズに済むので短時間で施工も完了させることが出来るのです。

フロアコーティングも済ませて、準備万端整ってのお引越し、これからの新しい生活に期待が膨らむでしょう。少しでも長く綺麗な状態を保ってお掃除も手軽になります。コーティングする事によって新築を長持ちさせるとも言えます。新築の際はぜひ、フロアコーティングをご検討ください。

フロアコーティングはマンションに向く

マンション

マンションでもフロアコーティングの要望は多いのですがマンションならではの問題も存在します。

一つはオプション会などで施工会社が決まっている時。これには販売会社が中間マージンを取るので割高になる場合が多いので要注意です。それとフロアコーティングの種類も水性コーティングなど耐久性が低い安価なコーティングである場合が多いので、どのようなコーティングか必ず確認しましょう。

また、フロアコーティングでは施工不良が少なからず起こる事があります。これは割安な業者や実績のない会社、経験の少ない施工者などで施工がうまく行かなかった等の理由です。こういう経験からマンション販売会社や床材メーカーがフロアコーティングのを禁止したり、フローリングの保証が無くなる等と条件を付ける場合があります。

これは販売会社がトラブルが起きると面倒という理由で決してお客様の事を考えて言ってくれるわけではありません。しかしそれでやらない選択や安価なコーティングを選んだとしても販売会社が何か保証してくれるわけではないのです。

このようにマンションで自ら選んでフロアコーティングを頼むことは敷居が高くなってしまう事もあるのですが、生活するのはあくまでお客様ですから自身の考えでフロアコーティング決めていきましょう。

フロアコーティングの都市での特徴

東京

フロアコーティングはやはり人口密集地の都市部に集中し、大都市などは特に多いです。都会の慌ただしい生活で少しでも時短を求める都会生活でお掃除の手間を減らしてくれるフロアコーティングはまさに家を守る人の救世主です。

床をキレイに保つ事は埃を少なくし、埃も舞わないので健康にも良いので、風邪やインフルエンザの予防にもなります。定期的ワックスも要らないので労力と時間を節約できます。家具移動など人手がかかる作業が難しい都会では余計フロアコーティングのメリットが発揮されるようです。

また住居のフローリング率が高いのも都市部に集中する要因でしょう。都会生活とフロアコーティングはかなり相性が良いようです。

インテリア重視のフロアコーティング

フロアコーティングの一番の見た目の違いはやはり光沢です。それによって一番印象が変わります。一番派手なのはUVコーティングでしょう。これだとやった感が凄く、間違いなくコーティングしました感は得られます。もちろんこれが好きな人は問題ありませんが太陽や電灯の反射も凄く、落ち着かない感じになってしまいます。

ガラスコーティングの場合、本当にやったんですかとお叱りを受ける場合も有るのですが、これは部屋全体を行ってしまうと比較できないため、ちょっと気が付きにくい場合もあるようです。ガラスコーティングの場合でも灯りや明るい所の反射面を見ると馴染んではいますが施工前よりは反射率が上がっています。

 
施工前と施工後の写真

ガラスコーティングの場合は控えめな光沢で落ち着いた雰囲気を保てますので家具やインテリアを重視するお客様にも好評を得ています。ちょっと物足りないと思う方もいるのですが落ち着いた上品な感じはガラスコーティングならではのものです。是非お近くのショールームでご確認ください。

フロアコーティングのショールーム

フロアコーティングで家も大事に

家の中で人と一番接触するところは床ではないでしょうか。一番家族と触れ合い目にする機会も多い所、家の中でも重要な位置を占めています。そんな床やフローリングを守るのがフロアコーティングです。

家の傷みや汚れは床から目についてしまいます。床がキレイなら家もきれいに見られるでしょう。特に新築の家では全てが新しいから少しの傷や汚れでも気になってしまうもの。また少しでも長くその綺麗な状態を長く保ちたいと思うもの。そんな想いを実現してくれるのがフロアコーティングなのです。

フロアコーティングと一緒にクロスコーティングや防カビコーティングつければ床と一緒に壁紙や水回りもキレイを少しでも長く保つことができます。同時にすることによって割引特典もありますのでどうぞお問合せください。

 

フロアコーティングと日常生活

フロアコーティングは日常で起こる様々な場面で床を守ります。例えば何もしてない木質フローリングは水気が苦手で、長時間濡れたままにしておくとシミ・変色・ひび割れ等の原因となります。日常生活では様々な液体をこぼす場面が考えられます。洗剤や灯油、珈琲、醤油など。何もしてない場合は直ぐにキレイに拭き取らなければなりません。

フロアコーティングがしてあれば大体は水拭きで、油染みた汚れなら中性洗剤を使ったあと水拭きして洗剤成分を拭き取ればOKです。

日常生活ではちょっとした弾みで色々なことをやってしまいます。そういう時でも簡単に対処できるので心に余裕が生まれます。

フロアコーティングと観葉植物

植物などを部屋に置いてあると頻繁に水やりなどをするのでけっこう水をこぼしがち。そんな時でもフロアコーティングがしてあれば、水が染み込まず汚れも付きません。またフローリングが傷んだりもしないのでとっても都合が良いのです。

ペットを飼っている場合も水を飲むときに周りが濡れてしまいますが、そんな時も安心です。こういう水がかかってしまう場面でもワックスではうまく対処できなかったりしますがフロアコーティングなら軽く拭くだけで大丈夫なのです。

日常の様々な場面であって良かったが実感できる、それがフロアコーティングです。

フロアコーティングと環境

フロアコーティングは床材を長持ちさせますので近年問題になっている産業廃棄物を削減します。また定期的ワックスも必要ないのでその度剥離による廃液も出しません。ジェブのフロアコーティングは無機質のガラスコーティングなので有害物質も含みません。

このようにフロアコーティングは環境にも負担をかけないので最近話題になっている持続可能社会にも合っているサービスなのです。そういった意味からもフローリングのメンテナンスをワックスからフロアコーティングに変える事は意味がある事なのです。日本のモノを大切にして無駄を出さない心にもつながっています。

フロアコーティングと家族

フロアコーティングは家族にとってもうれしい機能がいっぱい。なんといってもお母さんにはお掃除が楽になり家事の負担を減らせます。お子様にとっても、もし落書きしてしまっても簡単に拭き取れるので神経をピリピリ張らなくで良いので精神的に楽になります。お父さんも部屋がきれいだと寛げますし、明日の活力を養えます。赤ちゃんにも食べこぼししても安心ですし、ハイハイしてもワックスのように手に付かず、万が一舐めてしまってもワックスのように成分が入ってしまう心配がありません。ペットも同じように床を舐めてしまっても安心で爪傷も付きにくいです。お年寄りの転倒防止にも滑りにくくなったりします。

有害物質も含まないので家族全員の健康にも良いのです。床に日が当たっても光沢が弱いので眩しくなりすぎません。紫外線防止剤を含めることが出来るのもガラスコーティングの強みです。UVコーティングは紫外線で硬化させるので紫外線防止剤を含めることが出来ず床の日焼けを防ぐことが出来ません。

家族みんなに嬉しい機能満載のジェブのフロアコーティングをぜひ検討してみてください。