ガラスのフロアコーティングの特徴と質感

ガラスのフロアコーティングは硬度が高く硬いのと塗膜が非常に薄いのが特徴です。その為、耐久性が非常に長いのです。また塗膜の薄いので光沢も弱めで自然な光沢になっています。せっかく雰囲気のある家具を揃えても床がピッカピカだと台無しになってしまいますが、そのような事もなくインテリアの質感を損ないません。

適度な光沢なのでどんなインテリアとも相性が良く浮いてしまうことがありませんので部屋のインテリアを重視するお客様にも好評を得ています。また塗膜が薄いことでひび割れなどがなく弾力性が保てるので密着性が高く耐久性が高い理由になっています。

好きなインテリアと末永く過ごせるのもガラスのフロアコーティングの特徴です。

 

フロアコーティングとペットの相性

フロアコーティングはペットがいるご家庭にもピッタリのサービスです。床の滑り止め効果もありますが、床の爪痕防止にもなります。ワックス等ではかえって滑りやすくなったり、爪にワックスが付着したり、それを舐めてしまう危険性もあります。ワックスは有害成分が含まれたりしますのでペットと暮らしているご家庭には、無機質で有害成分が含まれていないフロアコーティングはとっても相性が良いのです。

滑り止めの効果は元のフローリングにも左右されるので一概に言えないのですが安全性を考えるとワンちゃんネコちゃんの為にぜひやっておきたいものなのです。爪痕も活発な運動をすると完全には防げない時もありますがその場合はマットなどを併用すると良いでしょう。ワックスのようにベタ付かないのでマットなども相性良く併用できます。色移りなど心配な場合は自然素材のマットなどを使うと良いです。

フロアコーティングの真実

フロアコーティングの事をネットで調べても中々本当の事が分からないと思っている方も多いかもしれません。マンション掲示板などでも色々な書き込みがあって不毛な議論が繰り広げられていたりします。本当の事を見つけるのがこんなに大変と初めて知ったり。

フロアコーティングをしても傷が全く付かないなんて事はあり得ないです。原料はガラス成分なのでガラスより硬いものや硬いものが付着して物を引きずってしまった場合、傷は付いてしまいます。長年の使用にはやはり当初の美しさは段々に無くなっていくものでしょう。

しかし当社は補修やアフターメンテナンスで傷の補修などを行っており出来るだけ床の状態を良好に保っていくようにしています。どうせ傷が付くならやらない方が良いという単純なものでなく、出来るだけ美しい状態を長く保ちたいというお客様の希望に沿ったサービスを行っています。

究極的にはフロアコーティングのする、しないはお客様が決める事ですが少しでも床をキレイに保ちお掃除が簡単になって家事の負担を減らせる素晴らしいサービスですので広く知れ渡ってもらいたいと考えています。

リフォーム・リノベーションとフロアコーティング

リフォームやリノベーション時にフロアコーティングをするのも良い方法です。せっかく床を新しくするなら床の綺麗な状態が長く続いて欲しいと思います。する時期としてリフォーム等が完了した直後、荷物の搬入前がベストです。

新しくなった部屋でずっと長持ちする床で暮らしていくと思うとこれからの生活がぐっと楽しくなるのではないでしょうか。リフォームやリノベーションは壁紙や水周りなども変える事が多いと思います。壁紙の汚れを寄せ付けないクロスコーティングや水周りのフッ素コーティング、防カビコーティングなども行っていますので一緒にお願いすることで安く行うことができます。

リフォームやリノベーション時にフロアコーティングをぜひご検討ください。

フロアコーティングと畳と文化

ひと昔?前まで日本の住居の床と言えば畳でしたが、今は都市部を中心にすっかりフローリングが当たり前になりました。どうしてこんなにフローリングが普及したのでしょうか。日本人の生活スタイルが洋風化したのが一番の理由ですが、しかし欧米のような土足化は定着しませんでした。これは日本の好きな何でも受け入れてその中からアレンジする精神が現れたのかもしれません。

ですから同じフローリングでも上履き文化?というか靴を脱ぐ習慣の中で独特のフローリング製品を作り上げました。中でもフロアコーティングは日本独特の物と言えるかもしれません。これは日本独特のラッピング文化とも重複するところがある感じです。中身を丁寧に包んで長く大事に使う事は広く様々な所で行われています。

上履き文化のフローリングは土足用のフローリングとは違い、上品で繊細な美しさを求められるようになりました。そんなフローリングを長く大事に使いたいという要求も自然に起きてきたものと言えるでしょう。土足では当然のワックスも日本では素足に触れることもあるのでより安心な物が求められるものも当然の帰結かもしれません。

フロアコーティングはその精神と機能性を併せ持った合理的な製品です。床を傷や汚れから守り、手足にも付着せず定期的なワックスも必要なく、フローリングを長く大事に使う事を可能にします。日本人のきれい好きにも合っていると思います。

フロアコーティングと健康

フロアコーティングはサッとひと拭きで床が綺麗になるので面倒なお掃除も手軽にできます。お掃除が簡単なので掃除の回数も増やせるので常にお部屋が清潔に保てます。

埃のない部屋はカビ菌やばい菌、細菌の繁殖も抑えます。清潔な部屋は健康の基本です。フロアコーティングは綺麗好きで健康にも気を付けたい人の味方にもなってくれるものです。

加湿器を置いても水にも強いので部屋を乾燥から防ぐごとにも問題なく、家族の健康にもバックアップしてくれるのがフロアコーティングなのです。もちろんジェブのフロアコーティング EPCOATは無機質で有害物質を一切含んでいないので安心なのです。

フロアコーティングで掃除も簡単

家の床は常に汚れる場所です。食べこぼしや水や埃や塵などで絶えず掃除をしなければならない一番手が掛かる所かもしれません。掃除をしないとあっという間に埃がたまってしまいます。

その床の掃除を簡単にしてくれるのがフロアコーティングなのです。フロアコーティングをした床は汚れがこびり付かずサッとひと拭きで汚れが取れてしまいます。油性マジックで描いてしまった場合でも除光液で簡単に拭き取ることが出来てしまいます。

もう床をゴシゴシ擦る必要もなくひと拭きで綺麗になるので掃除が楽しくなってしまうくらいです。また埃を一掃する事で砂など傷の原因になるようなものも無くなるので傷の防止にもつながります。

フローリングとフロアコーティングの相性

フローリングとフロアコーティングの相性の良さという事について考えてみましょう。殆どのフローリングでは何らかの前処理がしてあります。通常の合板フローリングではUVコーティング、シートフロアにはEBコーティング等です。いわゆるワックスフリーと言われる床です。

これらのコーティングがしてあるものはワックスが塗れません。これらはコーティングによってワックスが染み込まずコーティングの上で浮き上がってしまうからです。こうなると却って滑りやすくなって危険です。

工場で施されるコーティングは床の質感を失わないように余り強力なコーティングが施されません。この状態では本格的な耐久性は望めないのでやはりフローリングを長く使いたい人はフロアコーティングを選択することになります。この時、元と同じコーティングではなんかもったいない感じではないでしょうか。予めUVコーティングが施されているなら重ねて施工するより、より強いコーティングをするべきでしょう。

UVコーティングより強いコーティングはガラスコーティングしかありません。それでこそコーティングする意味があります。安くはない金額をかけて元と同じコーティングでは余り効果が変わらないのでは。ガラスコーティングでは予めしてあるコーテイングが下地材として機能して相性良く塗ることができます。

シートフローリングにも以前は相性が良くないものがありましたが、研究、検証の結果最適な施工方法が見つかっていますので問題なく施工することができます。稀に新しい製品で施工実績がない場合もありますので不安な場合はお問合せください。未知の製品の場合は検証してテスト後施工させていただきます。

フロアコーティングの注意点について

丈夫で長持ち、掃除も楽々なフロアコーティングにも注意しなければならない事があります。それを一覧にあげると。

・傷はやはり付くので気を付ける必要はあります。
傷は付きにくくなりますが付かないわけではありません、ガラスの強度以上の小石、金属の傷は避けられません。特に椅子の下等に小石やネジ等を挟み込んだまま引きずってしまうと大きな傷跡が残ってしまうので気を付けましょう。

・重量物や鋭利な物の抉れ、凹み
ハサミや重量物の角など落としてしまった場合は防げません。フロアコーティングは表面を超極薄の膜で覆うものですから床自体の強度を高めるものではありません。床が凹んでしまえばそれに沿ってコーティングは追随します。あくまで表面の傷や汚れをある程度防ぐものです。

・全く滑らなくなるわけではありません。
滑り止め効果もあるのですが、元の床の性質によって異なります。滑り止め効果はミクロの表面の状態で決まりますので元の床材の状態にも左右されます。

・施工直後は完全硬化まで室内に入らないようにしてください。
一般的に施工後半日は部屋に入れません。余裕をみるなら翌日入居がベストになります。よく直後に入室してしまって足跡を付けてしまう事例が散見されます。フロアコーティングはこの後30年も持つものなのでここはぐっと我慢して入らないようにしましょう。他の業者様にも通知をお願いします。もちろん補修は可能ですが新しい部屋には真新しい状態で入居したいものですね。

フロアコーティングは完璧な魔法の封印ではないので最低限のケアは必要になります。しかし簡単な拭き掃除で良いし水拭きも出来るので好評を頂いています。

フロアコーティングの選び方のコツ

フロアコーティングは何となく聞くけど良く分からないものではないでしょうか?それというのも一度すればずっと長い間その存在をそれ程意識しないものだからです。

これはどういう事かと言いますと、例えばワックスとかは定期的にしなければならないので何回も使う事になるので馴染みがあるわけです。また学校なんかでもワックスがけなんてあるかも知れません。(今の学校の事は疎いので良くわかりませんがネットではまだやっている感じですね) 所がフロアコーティングは業者にやってもらうものだし、一度施工したら、また頼むことは無いので、誰にとっても初めての場合が圧倒的に多くなります。

ですから知識や情報が入ってくる機会が普段は殆ど無いのです。本当に自分の家でやる時になって、初めて情報を集めるという事になります。それも結構間際に決める人が多いものですから、どこの会社が良いかも分からず適当に決めてしまうというのも多いです。

フロアコーティングの特徴として一度施工すると剥がす事ができないというのがあげられます。これは耐久性と裏腹なのですがそれほど強力に床に定着するという証明でもあるのです。ですから全く元通りに施工する前に戻すということは出来ないので施工する時はそれなりの決断が求められる事になります。

そこで絶対後悔しないフロアコーティングが求められるわけです。それには信頼できる会社であること。長年施工しているのか、施工実績は十分か、最近出来たばかりの会社じゃないのか等しっかり調べなければなりません。

そして家までやって来て施工するのですから、やはりネットや電話だけで決めてしまうのは不安が残りますよね。顔と顔を向き合わせて本当に信頼できるか見極めたいと思います。このような前もって計画的に進め充分に話し合った上で施工してもらうのがトラブルの少ないフロアコーティングの選び方です。