フロアコーティングの適正な厚さ

フロアコーティングは種類によって適正な厚さというのがあります。いわゆる塗膜の厚さの事ですが、これは厚く塗れば良いというものではありません。適正な厚みがあれば効果は出て、それ以上は無駄な厚みになるだけでなく悪影響を及ぼします。

余計な厚みがあると本来の弾力性が維持できず歪みやひび割れが生じてしまいます。特にガラスコーティングは塗膜の薄さで柔軟性やひび割れが起きない事が特徴なのでその特徴が無くなってしまいます。

もちろん塗り残しがあってはいけませんが物が透明なのでそこがフロアコーティングが一般の人には出来ない難しい所です。薄く均一に塗るのがフロアコーティングの大事な所。ジェブではこの技術を習得したものだけが実際に施工できるスタッフとして施工しています。

UVコーティングよりガラスコーティングが良い理由

フロアコーティングでUVコーティングよりガラスコーティングが良い理由。UVコーティングとは硬度が違います。ウレタン素材のUVコーティングより傷の付きやすさが断然違います。耐傷性試験でもUVコーティングの10倍以上の耐久性がありました。

またUVコーティングは塗膜が厚いので光沢が非常に強くギラギラと反射します。また塗膜の厚さは柔軟性を損ないひび割れや密着不良を起こしがちです。

それと有機質であるため長期間で形質変化が起き脆くなったりひび割れします。またUVは名前通りUV(紫外線)で硬化させるので日の当たる所では日光の紫外線で硬化が進んで脆くなってしまうので窓に紫外線防止フィルムなどを貼るなどして対策を施さなければなりません。

それに対しガラスコーティングは超薄膜塗膜で床に密着して柔軟性に富みひび割れ等が起きず、低光沢でフローリングの質を生かしたコーティングになります。

もちろん紫外線による形質変化も起きないので30年もの長い間フローリングを守る事ができるのです。またEPCOATはUVカット剤も含まれていますのでフローリングの日焼けも防ぐことも出来るのです。

このような理由によりフロアコーティングをするならガラスコーティングが一番良いという結果になりました。

ジェブのフロアコーティングはもちろんガラスコーティング。しかも安心のアフターメンテナンスで定期的なメンテナンスを受けられます。もう迷わないですね、フロアコーティングはジェブにお任せください。

シリコンコーティングよりガラスコーティングが良い理由

フロアコーティングでシリコンコーティングよりガラスコーティングが良い理由は硬度が違う。だから傷の付きやすさが全然違う。ガラスコーティングも砂や金属などが付着してしまうと傷が付いてしまいますが、シリコンとは比べ物にならない程高い硬度でフローリングを守ります。

ですから耐久性が違います。ガラスコーティングは形質変化しないので長期間床を守り30年耐久を実現しました。

またガラスコーティングは塗膜の薄さも要注目です。その結果光沢が抑えられフローリング本来の木目やデザインが生かされます。薄いことは密着性の良さを生み、剥がれやひび割れが起きにくいのです。他のコーティングとは全く違うガラスコーティングの特質が床を大切に守ります。

フロアコーティングと日常生活

フロアコーティングは日常で起こる様々な場面で床を守ります。例えば何もしてない木質フローリングは水気が苦手で、長時間濡れたままにしておくとシミ・変色・ひび割れ等の原因となります。日常生活では様々な液体をこぼす場面が考えられます。洗剤や灯油、珈琲、醤油など。何もしてない場合は直ぐにキレイに拭き取らなければなりません。

フロアコーティングがしてあれば大体は水拭きで、油染みた汚れなら中性洗剤を使ったあと水拭きして洗剤成分を拭き取ればOKです。

日常生活ではちょっとした弾みで色々なことをやってしまいます。そういう時でも簡単に対処できるので心に余裕が生まれます。