インテリア重視のフロアコーティング

フロアコーティングの一番の見た目の違いはやはり光沢です。それによって一番印象が変わります。一番派手なのはUVコーティングでしょう。これだとやった感が凄く、間違いなくコーティングしました感は得られます。もちろんこれが好きな人は問題ありませんが太陽や電灯の反射も凄く、落ち着かない感じになってしまいます。

ガラスコーティングの場合、本当にやったんですかとお叱りを受ける場合も有るのですが、これは部屋全体を行ってしまうと比較できないため、ちょっと気が付きにくい場合もあるようです。ガラスコーティングの場合でも灯りや明るい所の反射面を見ると馴染んではいますが施工前よりは反射率が上がっています。

 
施工前と施工後の写真

ガラスコーティングの場合は控えめな光沢で落ち着いた雰囲気を保てますので家具やインテリアを重視するお客様にも好評を得ています。ちょっと物足りないと思う方もいるのですが落ち着いた上品な感じはガラスコーティングならではのものです。是非お近くのショールームでご確認ください。

フロアコーティングのショールーム

ガラスのフロアコーティングの特徴と質感

ガラスのフロアコーティングは硬度が高く硬いのと塗膜が非常に薄いのが特徴です。その為、耐久性が非常に長いのです。また塗膜の薄いので光沢も弱めで自然な光沢になっています。せっかく雰囲気のある家具を揃えても床がピッカピカだと台無しになってしまいますが、そのような事もなくインテリアの質感を損ないません。

適度な光沢なのでどんなインテリアとも相性が良く浮いてしまうことがありませんので部屋のインテリアを重視するお客様にも好評を得ています。また塗膜が薄いことでひび割れなどがなく弾力性が保てるので密着性が高く耐久性が高い理由になっています。

好きなインテリアと末永く過ごせるのもガラスのフロアコーティングの特徴です。