最高のフロアコーティングと最低のフロアコーティング

フロアコーティングというものはワックスとは違いフローリングの表面に硬い塗膜を形成して半永久的に効果が持続するものを云います。一時的な効果しかないワックスとは全く違うものです。所が中にはフロアコーティングと謳いながらワックスとあまり変わらないものがあります。

それは水性コーティングと呼ばれるもので、長いものでも2~3年位しか効果がありません。これではワックスと変わらず取れてきてしまったらまた再施工するしかありません。値段は安いかもしれませんが、こんなワックスと変わらないものをコーティングと称するのは混乱を招く元です。だからワックスとコーティングを混同する人たちが後を絶たないのだと思います。これは最低のコーティングというものではないでしょうか。

ジェブでは最高のコーティングと呼べるものを提供しています。30年耐久の耐久性。硬度6H以上の耐傷性。有害物質を含まない安全性。どれをとっても最高のフロアコーティングと呼べるものです。シリコンコーティングよりUVコーティングより優れた特性を示すガラスコーティング。それを採用するジェブのフロアコーティング EPCOAT はまさに最高のフロアコーティングと呼べるものです。

シリコンコーティングよりガラスコーティングが良い理由

フロアコーティングでシリコンコーティングよりガラスコーティングが良い理由は硬度が違う。だから傷の付きやすさが全然違う。ガラスコーティングも砂や金属などが付着してしまうと傷が付いてしまいますが、シリコンとは比べ物にならない程高い硬度でフローリングを守ります。

ですから耐久性が違います。ガラスコーティングは形質変化しないので長期間床を守り30年耐久を実現しました。

またガラスコーティングは塗膜の薄さも要注目です。その結果光沢が抑えられフローリング本来の木目やデザインが生かされます。薄いことは密着性の良さを生み、剥がれやひび割れが起きにくいのです。他のコーティングとは全く違うガラスコーティングの特質が床を大切に守ります。