フロアコーティングの施工は信頼と実績で決める

フロアコーティングは1回の施工で長年効果が持続するものですから、慎重に施工会社を選びましょう。施工会社によって施工品質が全然違います。フロアコーティングの場合決められたマニュアル以上にフローリングの状態や周りの環境や現在の状態を把握する必要があります。それには長年の経験と勘が必要になりますので、出来たばかりの会社や新人には難しいものがあります。

ジェブは長年ガラスコーティングに専念しているので何処よりもガラスコーティングのノウハウを知り尽くしているので、昨日今日始めたばかりのコーティング屋さんとは格段の差があります。

安いだけでは不安が残ると思いますが、今後30年以上も生活を共にするフロアコーティングだから安心できる施工会社を選ぶことが絶対に必要な事なのです。

フロアコーティングの適正な厚さ

フロアコーティングは種類によって適正な厚さというのがあります。いわゆる塗膜の厚さの事ですが、これは厚く塗れば良いというものではありません。適正な厚みがあれば効果は出て、それ以上は無駄な厚みになるだけでなく悪影響を及ぼします。

余計な厚みがあると本来の弾力性が維持できず歪みやひび割れが生じてしまいます。特にガラスコーティングは塗膜の薄さで柔軟性やひび割れが起きない事が特徴なのでその特徴が無くなってしまいます。

もちろん塗り残しがあってはいけませんが物が透明なのでそこがフロアコーティングが一般の人には出来ない難しい所です。薄く均一に塗るのがフロアコーティングの大事な所。ジェブではこの技術を習得したものだけが実際に施工できるスタッフとして施工しています。