フロアコーティング効果についての考察

フロアコーティングする事によって何が変わるかというと

床の表面に保護膜を形成する事によって床に傷が付きにくくなり、床に汚れが染み込まずコーティングの上に留まるので床自体が汚れません。コーティング上の汚れは簡単に拭き取ることができ、通常の汚れは雑巾等の水拭きで簡単に取れます。油性マジックなども除光液を使っても床が傷まないので簡単に取ることが出来るので他のどんな汚れでも取ることが出来ます。

その事によって普段の掃除が簡単になる事の効果は絶大です。お掃除は日常で床の汚れなどは頻繁に起こりますので毎日の家事のかなりの低減になります。

しかもワックスなども必要無いので定期的なワックスがけも必要無くなり、ますます家事の低減につながります。それでお部屋が綺麗に保てるので現代の家の必需品と言ってもいいかもしれません。

新築の家には特に効果的ですので入居を考えている方はぜひフロアコーティングをその際に考えてみてください。

フロアコーティング必要性と意味

フロアコーティングは必要か。掲示板でも話題になる事があります。どうせ傷付くから必要ないという人もいますが、それだとフローリングを張り替えるまでずっと傷ついた床と暮らさなければなりません。やはり、少しでも傷が少ない状態で出来るだけ綺麗な床が長く続いて欲しいと思います。

だからフロアコーティングのメリットはいずれ張り替えるとしても張替までの期間を大幅に伸ばす事ができて、その間出来るだけ綺麗に床を保つ事ができるという事です。

では、デメリットといえば、施工料金がかかる事ですが、これも耐久性の長いコーティングなら張替までの期間を延ばす事ができたり、定期的なワックスの必要が無くなったりで結果的に安くなることが分かっています。ですから頻繁にフローリングを張り替える人でない限りデメリットは殆ど無いと言っても良いでしょう。