本当におすすめのフロアコーティングは?本当の事が分からないフロアコーティングの世界

本当におすすめのフロアコーティングは?本当の事が分からないフロアコーティングの世界

ユーザーには分かりづらいフロアコーティングの現状

フロアコーティングに対する意見はさまざまです。UVコーティングの会社はUVコーティングが一番良いと言い、ガラスコーティングの会社はガラスコーティングが一番良いといいます。中には水性コーティングが一番合っていると言う所もあって、ユーザーは混乱してしまいます。

これには様々な事情があります。マンションのオプション会では水性コーティングしか扱えない所があったりするなど、過去の様々な経緯からこのようになっているようです。またマンションではシートフローリングがフローリング界を席巻してしまったため、耐久性の面で様々な問題を引き起こしました。

最近ではシートフローリングを見直す向きもあるようですが、まだまだシェアは高いままです。こうしたユーザーを置いてきぼりにした状況は変わらないままです。ジェブは当初より一貫してガラスコーティングをおすすめしてきた会社です。ガラスコーティングがご家庭において一番良いフロアコーティングであることが実証されており、それを広げていくことが社会的使命と考え日々行動しているからに他なりません。

ジェブはUVコーティングの10倍の耐傷性で30年耐久の優れたガラスコーティングのEPCOATを日々施工しています。

低光沢フロアコーティングができるのはガラスコーティングだけ

最近のフロアコーティングは低光沢コーティングが主流。日中の日差しから夜間のテレビの映り込みまで眩しく反射する光沢は嫌ですね。最近は目にも優しい低光沢のフロアコーティングが好評です。

  • ガラスコーティングが低光沢な理由は?
    なぜガラスコーティングは低光沢なのか? それは5ミクロンと云われる塗膜の薄さに秘密があります。この薄さは他のフロアコーティングでは強度が無いために実現できません。ガラスコーティングの硬度が高いから可能な薄さになっていています。

ですから変に眩しく光らず、元のフローリングの質感がそのまま生きたコーティングになるのです。つや消し風で綺麗なコーティングになります。それが強度と美しさを兼ね備えた30年の耐久性を備えた進化を遂げた最新技術のフロアコーティング EPCOATなのです。

フロアコーティングがおすすめの場所

キッチン、トイレにフロアコーティングが効果的です。

  • キッチン
    キッチンは水こぼれや汚れが一番付きやすい場所といえます。いろんな物も落ちる床はかなり傷みやすいでしょう。長い間には相当傷みが進んでしまい気が付いたら傷だらけになってしまうこともままあります。そんな事態を少しでも軽減できるのがフロアコーティングです。様々な調味料や料理のソースや熱い油などにも強い耐性を示します。

こんな重宝なものなら絶対やらない理由がありません。床の張替期間を延ばすことができれば張替え費用を浮かすことができるかもしれません。いずれにしても張替えまでの期間を延ばすことができますので大変お得なのです。

  • トイレ
    トイレにもフロアコーティングは大活躍。水濡れなどが多い床は腐蝕が進みやすいのでフローリングのトイレにもフロアコーティングは効果的です。耐水性があるので水の染み込みを防ぎ、汚れや腐食を防ぎます。汚れも簡単に取れるので掃除も楽々になります。ただし防水機能ではありませんので大量の水が溢れた場合は速やかに水を取り除き乾燥させる必要があります。

フロアコーティングは水回りのフローリングの寿命を大幅に伸ばすことが可能なため、トイレをはじめキッチンなどにおすすめです。掃除も簡単になり絶対やった方がお得といえるでしょう。張替までの期間も長くなるのですから。

キッチンやトイレなど水回りのフローリングにはフロアコーティングが絶大の効果を発揮します。自宅の施工にフロアコーティングを考えてみてください。

フロアコーティングがおすすめの家庭

  • 犬や猫のペットがいる家庭にもおすすめ
    猫と言えば最近日本ではペットの数で犬と逆転して大人気になっていますね。そんなネコちゃんですが猫には抜け毛がつきもの。そんなネコにはべとつくワックスよりフロアコーティング一択です。さらっとした床面は毛などもワイパータイプの掃除器具で簡単に取れます。

また、猫はよく、もどすため染みになりやすいことがあります。フロアコーティングをすれば染みにもなりません。汚れも簡単に取れるので匂いも付きにくいのです。また、猫はよく舐めたりするのでワックスではワックス成分が取り込まれてしまう危険性があります。フロアコーティングは完全硬化するので舐めても安全安心、しかも有害成分がありません。

こんな感じで猫にはフロアコーティングがピッタリなのです。犬でも基本的に同じですがペット等にはワックスよりフロアコーティングのほうが相性が良いのです。ペットはもはやコンパニオンアニマルとして家族の一員、一緒に住んでいる家族の一員としてお互いに快適に過ごせる空間を整えてあげましょう。

  • 赤ちゃんや子供にも安心・安全でおすすめ
    フロアコーティングは赤ちゃんにも安心です。ワックスのように手や口に付いたりしないから手を舐めても安心です。ワックスのようにべたべたしたら赤ちゃんも安心してハイハイもできません。フロアコーティングなら自由に伸び伸び部屋の中を動き回ることができ安全性も高くなります。

それができるのもフロアコーティングは完全硬化するからです。成分があちこちに付いたりしません。しかもフロアコーティングの成分には有害成分が含まれていないので余計に安心です。ワックスの成分は決して安心とは言えません。

子供は少し大きくなっても色々なものを投げたりお落としたりしますが、傷にも強くなります。食べこぼし等が多くても防汚性が高く、汚れが染み込まないので雑巾等でサッと拭くだけで綺麗になります。また、フローリングの種類や素材にもよりますが、多くの場合滑り止め効果が高まりますので赤ちゃんの転倒防止にも役にたちます。

このようにフロアコーティングは赤ちゃんの味方。小さなお子様がいる家庭ではぜひフロアコーティングを検討してみてください。

フロアコーティング施行の流れ

フロアコーティングを依頼するにあたってどういう風に進むのか少し不安になる人もいるかもしれません。

大まかの流れは

清掃(床を綺麗に掃除して埃や髪の毛などある場合取り除きます)

養生(液剤を塗る時に付着しそうな部分をテーピングします)

塗布(フロアコーティング液剤を塗るメイン作業になります)

乾燥(硬化させます、約3~4時間この間出入り禁止になります)

仕上(養生を取り硬化の確認と最終の仕上げをします)

以上のような感じになります。

この中でもお客様に関係するのが乾燥(硬化)の時間です。引越しのバタバタした時間ではエアコンの取り付けや他の業者とバッティングしてこの時間に入ってしまう業者があります。ペンキ塗りたてと同じ状態なので足跡がついて修復作業が必要になってしまいます。こうなってしまうと大幅に予定時間がズレて翌日に引越しの予定が入っていると大変になってしまいます。

張り紙で注意書きを促していますがそれでも時々こういった事例が発生してしまいます。そのため、業者への連絡もお願いしています。

問題なければ翌日にはご入居できます。大体こういった流れでフロアコーティングの施工が行われます。

<塗布作業 タイムラプス動画>

フロアコーティングの当日に必要な準備は?

フロアコーティングをする当日はどんな風に進むのでしょうか。フロアコーティングはそう何度も行うものではないので多くのお客様にとって初めての経験かもしれません。施工を決めていよいよその当日どういった手はずになるか見てみましょう。

まずは鍵の開錠方法ですが当日立ち会って鍵開けをお願いできるのか、工事キーなどで入らせてもらうのかということになります。立会いの場合は本日の施工場所の確認や傷の有無の確認などがあります。そこから施工準備が始まりますので一旦離れてもらって夕方に施工完了を確認してもらっています。

普通は目にすることがない作業内容ですが、こちらを説明します。まずは清掃です。塵や埃が入らないようにしっかり清掃し、塗料が余計な所に付かないように養生します。それが終わってからいよいよフロアコーティングの塗布作業に入ります。それが終わると硬化させるための乾燥時間(3~4時間)になります。

この状態はいわゆるペンキ塗りたての状態ですので入室禁止です。よく引越しと同時の施工では沢山の業者の出入りがあるのでこの時間の入室禁止をご協力いただいています。その後最終的な仕上げをして引渡しになります。

フロアコーティングは標準的な家の場合1日で作業が終わりますので翌日から入居ができます。まだコーティングが完全には硬化していないので物を引きずったり、テープ等を貼ったりしないようにお願いしています。けれど他のシリコンコート位(硬度4H)の硬度はあるので生活には支障はありません。最終的には硬度6H以上に硬くなります。

フロアコーティングが変色してしまう原因は?

フロアコーティングの変色に関することではコーティング自体の変色とフローリングの変色で分ける必要があります。

フロアコーティングの変色ではガラスコーティングは無機質なので一番変色しないコーティングになっています。一方UVコーティング等は有機質の材料なので長期間の内に変色する可能性が高いのです。そのため、特に明るい色のフローリングには注意が必要です。黄変と言って黄色く変色することが多く白系のフローリングでは黄色が目立ってしまいます。

黄変以外にもUVコーティングでは長年の間に脆くなってしまうことがあります。これも有機質なので長期間のうちに化学変化が起きやすく、また紫外線で硬化が進行する性質もありますので脆くなりやすいのです。

それとは別にフローリングが変色する場合があります。フロアコーティングは無色透明なので太陽光が直接フローリングに届きます。その結果フローリングが日焼けしたりするのです。その場合でもEPCOATは紫外線カット剤が含まれているので日焼けを低減します。

逆にUVコーティングは紫外線で硬化するという性質上紫外線カット剤を含める事が不可能なので窓ガラスに紫外線カットフイルムなどを貼る必要が出てきます。

また最近聞くのが塩ビ製品などのマットをフローリングの上に引いていると色移りなどが発生するケースです。これも元々塩ビ製品などの特性なのでフロアコーティングがあっても無くても起こる現象です。ですからマットなどを置く場合その製品が色移りなどを起こさないか製品情報をよく確かめる必要があります。

様々な原因で発生する変色ですのでその原因をよく考えて対策する必要があります。

フロアコーティングへのフローリングワックスの使用は?

家のお手入れに長年定番だったフローリングのワックス。最近ではワックスフリーのフローリングが主流になりフローリングワックスは必要無くなりました。しかし、何もしないのでは不安が残るようで何かしらのメンテナンスをしたいと思っている方が多いようです。

ワックスフリーのフローリングとは殆どがシートフローリングと呼ばれるもので予めEBコートという電子的なコーティングが施されているのでワックスは必要ないということになっています。確かにこの上にワックスを掛けてしまいますのでコートの上にワックスが乗っている状態で床に染み込まないのでかえって滑りやすくなったりしてしまいます。

しかし、シートフローリングは表面がごく薄いフイルム上のシートが貼ってあるだけなので強度が弱い傾向があります。少し強い力が加わると捻じれや皺が生じやすくまた下地の部分が水を吸ってしまうので水に弱い傾向があります。

そういった弱点をカバーするためにフロアコーティングを施工することができます。フロアコーティングは耐水性もあり表面の強度も上げますのでシートフローリングの耐用年数も延ばせます。何より表面の薄いシートを保護するために有効です。

フローリングワックスの必要性は少なくなりましたがフロアコーティングの利用は増えています。

まとめ

ジェブのフロアコーティングで使っているコーティング剤はEPCOATというガラスコーティングです。30年耐久で耐傷性はUVコーティングの10倍以上という最強コーティング剤です。

ジェブでは当初からこのEPCOATを使用し、メーカーであるエコパーフェクト社とも綿密に相談してこの液剤を知り抜いています。そのため、お客様の住宅でその日の気温、湿度、天気に最適な状態を熟知し最適なコーティングをすることができるのです。

そこまでできるのもフロアコーティング専門店だからです。兼業で行っているクリーニング業者などとはそこが違います。

フロアコーティングは液剤メーカーとの結び付きや技術力の高いジェブのフロアコーティングをぜひお選びいただき、新築を施工する際には確かな技術があるジェブにお任せください。他社とは一段上の品質のフロアコーティングを施工致します。