フロアコーティングについて

フロア
コーティング
可能床材一覧

床材が施工できるか
今すぐチェック!
全国対応
これがフロアコーティング!
各地のショールームで本ものをご体感してみてください!
携帯版サイト アクセス方法
お客様の情報をお守りする為ジェブでは
サイト全体で通信を暗号化(SSL)しています

よくあるご質問
frequently asked question

  1. >
  2. >

フロアコーティングについて

ご質問 フロアコーティングと市販のワックスとの違いはなんですか?
お答え まずは、液剤そのものの違いがあります。
種類 原料
一般家庭用ワックス 低濃度アクリルウレタン樹脂を使用したもので、成分濃度2~10%程度のもの
業務用ワックス 高濃度アクリルウレタン樹脂 成分濃度20%以上
水性ウレタンハードコーティング 水性塗料
シリコン配合ウレタンコーティング 1液性シリコン配合ウレタン塗料
ウレタンハードコーティング 2液性ウレタン塗料
UVウレタンコーティング UV硬化剤使用2液性ウレタン塗料
ガラスコーティング
EPCOAT(イーピーコート)

原料が違うので、耐久性も違ってきます。
市販されている家庭用のワックスの耐久期間が1ヶ月~6ヶ月に対し、フロアコーティングの耐久年数は長いもので30年以上になります。

種類 耐久性
一般家庭用ワックス 1ヶ月~6ヶ月
業務用ワックス 6ヶ月~2年
水性ウレタンハードコーティング 2年程度
シリコン配合ウレタンコーティング 3年程度
ウレタンハードコーティング 5年程度
UVウレタンコーティング 10年程度
ガラスコーティング
EPCOAT(イーピーコート)

フロアコーティング・フロアワックスの向き不向き

フロアワックスは、薬品や洗剤を使用せず比較的使用頻度の低い場所に施工するなら問題はありませんが、水、特にアルカリ洗剤、溶剤(シンナー)等に弱い為、普通の水でも長時間放置すると白く変色してしまいます。薬品や洗剤を使用する場所や、使用頻度の高い場所にはあまり適していると言えません。一方、フロアコーティングの場合は、ウレタンやガラスの塗膜をフローリングの表面に強固に形成しますので、水はもちろん、薬品や洗剤、溶剤にも強いと言えます。特にガラス素材を原料としたものは抜群の耐久性があり、フローリングを長期的に保護してくれます。

フロアワックスは、数ヶ月おきに重ね塗りが必要?

ワックスは、磨耗で光沢が徐々になくなってきますので、数ヶ月おきに重ね塗りが必要となります。 その際、落ちきらない汚れやホコリがワックス層に混入して、フローリングの黒ずみの原因となります。 この黒ずみを解消するには、堆積したフロアワックスを除去する為に剥離が必要になるのですが、これは素人には難しく、出来てもなかなか綺麗には仕上がりません。 また、剥離剤は超強力なアルカリ洗剤ですので、フローリングに対して決して良くありません。 剥離時にフローリングの隙間から剥離剤が侵入し、フローリングの反りやヒビ割れに繋がる事例が多々ありますので注意が必要です。
一方、フロアコーティングの場合、ワックスのようなメンテナンスは必要ありません。ただし、有機系コーティングは、有機物(ウレタン)素材を塗料として使っており、その配合割合によって時間の経過と共にに劣化し黄色く変色します。無機系コーティングは、一般にガラス素材を塗料としたものを言い、劣化や変色はしません。ただし、少量のガラス塗料を混合する事で「劣化しない無機系コーティング」とうたっている商品もありますので、第三者公的機関の試験結果証明書類を見せてもらい、その耐久性を確認する事をお勧めいたします。
ご質問 フロアコーティングを施工するとフローリングに傷がつかないと言うのは本当ですか?
お答え フロアコーティングは、フローリング材表面に強靭なコーティング層を形成し 傷・汚れ・日焼け等からフローリングを保護するものです。
フローリングには直接の傷がつきにくくなりなりますが、フローリングも木材ですので、フローリング自体が傷つく程の衝撃には耐えられません。
重い物を落とせばへこみます。
フローリングがへこんだり、えぐれるほどの衝撃は傷がつきますのでご注意ください。

EPCOATの耐衝撃性について

EPCOATフロアコーティングは、液体ガラスを原料として使用していますので、UVコーティングで使用されるウレタン素材に比べ、非常に硬く(6H以上)、ペットの爪傷や家具の引きずり傷からフローリングを守る事が出来ます。また、無機質のガラスを原料としていますので、UVコーティングのように太陽光(紫外線)で劣化することもなく、UVコーティングよりも10倍以上長期的にフローリングを守ります。
UVコーティングなど他社製品との耐久性比較結果
商品名 主原料 耐久性試験ブラシ洗浄回数 塗装面の状態
EPCOAT 液体ガラス塗料 20,000回 変化なし
UVコーティング 2液性UV硬化型ウレタン塗料 2,000回 塗膜に傷あり
油性ウレタンコーティング 1液性油性ウレタンコーティング 1,000回 塗膜に傷あり
水性ウレタンコーティング 1液性水性ウレタンコーティング 200回 塗膜に傷あり
高濃度ウレタンコーティング 業務用ウレタンワックス 20回 塗膜に傷あり

試験方法JIS K 5663:2003(ブラシ総質量450g 洗浄液0.5%石鹸水溶液)

塗布液:EPCOAT 硬化条件:常温3日以上経過後試験
試験項目 試験方法 試験機関 結果
耐衝撃性 JIS K 5600-5-3:1999 デュポン式 おもりの質量:500g おもりの落下高さ50㎝ (財)日本塗料検査協会 異常なし

以上のデータは実測値であり、製品の性能を保証するものではありません。

ご質問 フロアコーティングを施工することでフローリング材自体の色が変わることはありますか?
お答え コーティングする事によってフローリングが変色する事はございません。安心してお任せ下さい。
塗布液:EPCOAT 硬化条件:常温3日以上経過後試験
試験項目 試験方法 試験機関 結果
安全性 登録番号E11001 ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆ (社)日本塗料工業会 登録済み
安全性 JIS A 1901:2009 塗膜からのホルムアルデヒド及び揮発性有機化合物(VOC13物質)放散速度 (財)日本塗料検査協会 不検出
耐久性 JIS K 5663:2003 洗浄の往復回数:10000回<br />ブラシの総質量:450g 洗浄液:0.5%石けん水溶液 (財)日本塗料検査協会 異常なし
耐久性・耐傷性 JIS K 5600-5-9:1999 塑性変形を起こさない硬度 試験可能最高硬度6H (財)日本塗料検査協会 6H以上
付着性 JIS K 5600-5-6:1999 クロスカット法 カット数:11個(ます目の数:100) カットの間隔:1mm (財)日本塗料検査協会 100/100
耐衝撃性 JIS K 5600-5-3:1999 デュポン式 おもりの質量:500g おもりの落下高さ50㎝ (財)日本塗料検査協会 異常なし
耐汚染性 JIS K 5651:2002 汚染材料:油性マジック赤・黒 クレヨン赤・黒 放置期間:7日間 (財)日本塗料検査協会 異常なし
耐薬品性 JIS K 5600-6-1:1999 試験液:トルエン 放置期間:10日間 (財)日本塗料検査協会 異常なし
すべり抵抗性 JIS A 1407:1994 表面が乾燥している場合 抵抗係数:0.19 表面が濡れている場合 抵抗係数:0.17 (財)日本塗料検査協会 滑りにくい
材質試験 器具及び容器包装規格試験 カドミュウム及び鉛 (財)日本食品分析センター 異常なし
溶出試験 器具及び容器包装規格試験 重金属 過マンガン酸カリウム消費量 (財)日本食品分析センター 異常なし
UVカット試験 分光光度計 UV-3100PS 島津製作所㈱製 吸光度を測定 (株)ラボ 平均50%以上カット

以上のデータは実測値であり、製品の性能を保証するものではありません。

ご質問 フローリング材の種類や色によって耐久性は変わるのでしょうか?
お答え 耐久性はそんなに大きく変わる事はありませんが、床材の種類によっては多少異なってきます。
ご質問 フロアコーティング・クロスコーティングは部分的にも対応は可能でしょうか?
お答え はい。お客様のご希望に合わせた形で部分施工させて頂いております。
ただし、弊社では33㎡以上での施工をお請けいたしております。
施工面積が33㎡未満であっても33㎡分の最低料金を頂いておりますのでご容赦下さい。
ご質問 フローリングや床についている傷はフロアコーティングで消えますか?
お答え 多少、目立たなくなる事もありますが、消える事はありません。
ただ、目立つ傷は補修してから施工致します。
ご質問 フロアコーティングをする場合、サービスワックスは止めたほうが良いですか?
お答え ワックスの剥離作業を行わないといけませんので、お客様にはワックスは止めていただく様、お願いしております。
ご質問 フロアコーティングをすると、床鳴りがすると聞いたのですが?
お答え 床鳴りは気温や湿度でフローリングの接合部分が膨張、収縮する事でおこります。
あとは建築時の施工不良が主な原因です。
コーティングが原因で床鳴りはしません。
ご質問 フロアコーティングを施工しても硬いものでこすると簡単に剥がれたりしませんか?
お答え フロアコーティングは、フローリング材表面に強靭なコーティング層を形成し 傷・汚れ・日焼け等からフローリングを保護するものです。
フローリングには直接の傷がつきにくくなりなりますが、フローリングも木材ですので、フローリング自体が傷つく程の衝撃には耐えられません。
重い物を落とせばへこみます。
フローリングがへこんだり、えぐれるほどの衝撃は傷がつきますのでご注意ください。

EPCOATの耐衝撃性について

EPCOATフロアコーティングは、液体ガラスを原料として使用していますので、UVコーティングで使用されるウレタン素材に比べ、非常に硬く(6H以上)、ペットの爪傷や家具の引きずり傷からフローリングを守る事が出来ます。また、無機質のガラスを原料としていますので、UVコーティングのように太陽光(紫外線)で劣化することもなく、UVコーティングよりも10倍以上長期的にフローリングを守ります。
UVコーティングなど他社製品との耐久性比較結果
商品名 主原料 耐久性試験ブラシ洗浄回数 塗装面の状態
EPCOAT 液体ガラス塗料 20,000回 変化なし
UVコーティング 2液性UV硬化型ウレタン塗料 2,000回 塗膜に傷あり
油性ウレタンコーティング 1液性油性ウレタンコーティング 1,000回 塗膜に傷あり
水性ウレタンコーティング 1液性水性ウレタンコーティング 200回 塗膜に傷あり
高濃度ウレタンコーティング 業務用ウレタンワックス 20回 塗膜に傷あり

試験方法JIS K 5663:2003(ブラシ総質量450g 洗浄液0.5%石鹸水溶液)

塗布液:EPCOAT 硬化条件:常温3日以上経過後試験
試験項目 試験方法 試験機関 結果
耐衝撃性 JIS K 5600-5-3:1999 デュポン式 おもりの質量:500g おもりの落下高さ50㎝ (財)日本塗料検査協会 異常なし

以上のデータは実測値であり、製品の性能を保証するものではありません。

ご質問 フロアコーティングは剥がれたりキズが付くと聞きましたが、部分的な補修は可能でしょうか?
お答え EPCOATは塗膜が薄い為、部分補修が可能です。
全国対応
これがフロアコーティング!
各地のショールームで本ものをご体感してみてください!

arrowicon

telicon

mailiconメールを送れます 株式会社ジェブ

 

ページの先頭へ戻る