フロアコーティングの必要性について説明します。

フロア
コーティング
可能床材一覧

床材が施工できるか
今すぐチェック!
全国対応
これがフロアコーティング!
各地のショールームで本ものをご体感してみてください!
携帯版サイト アクセス方法
お客様の情報をお守りする為ジェブでは
サイト全体で通信を暗号化(SSL)しています

フロアコーティングの必要性
floorcoating necessity

  1. >
フロアコーティング必要性画像
マンションに特に多いワックスフリーやノンワックスのフローリング。ワックスが必要ないのはとくに嬉しいですね。しかしそれでもワックスをしてしまう人がいますが逆効果になってしまいます。滑りやすくなったり汚れやすくなったり。フロアコーティングではそういう事がなくマンションのフローリングをしっかり守ります。

フロアコーティングの必要性について

フロアコーティングの効果や必要性について一部議論があります。どうせ傷は避けられないのだから何もしないで床を張り替えたほうが良いといった意見です。では張り替えるまでの長い間傷ついた床や汚れた床を目にしたまま生活をしなければならないのでしょうか。そんなのはイヤですよね。フロアコーティングを施工することによって、できるだけ長く家の床の表面の傷を少なくし見た目もキレイな状態を保ってお客様の生活を豊かで楽しいものにします。

最近はワックスフリータイプのフローリングの家、マンションが増えてきましたので必要ないという考えがありますが、まだまだ硬度が弱かったり耐用年数が少ないものが多く、2~3年でかなり劣化が目立ってくるものが多いのが実情です。そこで耐久年数30年のガラスのフロアコーティングの必要性が出てきます。フロアコーティングにもウレタンやシリコンなど沢山の種類があります。シートフローリングの場合は相性の問題もありますので必ず相談して実施することが大切になります。

フローリングワックスとフロアコーティングの違い

●フローリングワックスは効果が一時的なもので定期的な塗り直しが必要なものを言います。接触によって付着して少しづつ取れてきたり汚れが付いたりします。汚れはワックスの中に入り込んでしまうので除去が困難になります。また付着したワックスは有害なものが多くお子さんなどが触った手を舐めてしまったりして健康上にもよくありせん。水拭きも出来ないので衛生的でもありません。

●フロアコーティングはいわゆる塗装で業者が一度施工すると長期間床を保護します。定期的なワックスがけが必要ないばかりか、汚れも密着せず簡単に拭き取れます。触れても付着しないので、お子様が手に触れてもコーティング成分が手に付くことがありません。水拭きも出来るので床を清潔に保つ事ができます。またフロアコーティングはワックスのようにワックス剥離を繰り返し床材を痛めるという心配もないのでお客様の生活にピッタリな方法です。

 

フローリングワックスとフロアコーティング価格の違い

比較的高価な費用が掛かると思われるフロアコーティングの相場、施工価格ですが張替えや定期的なワックス掛けが必要になる事など費用対効果を考えるとかなり経済的です。一般的な新築戸建、マンション(50~70㎡の時)の場合、比較すると、フロアコーティングをしなかった場合10~15年でフローリングの張替えが必要になり一回150万円かかると30年だと3~2回で約450~300万円の金額。年に1~2回のワックスがけの場合1回10万円として30年で約300~600万円。これが30年耐久フロアコーティングの場合(面積や施工場所、オプション等により変動)おおよそ1/10以下の費用に収まりますので経済的であるだけでなく労力や手間もかからないのでお客様の負担を大きく軽減します。

30年でかかる費用価格金額比較

フロアコーティングはフローリングの寿命を延ばす

フロアコーティングはフローリングの傷や汚れから守り、染み込み等も防ぐのでフローリングの寿命も伸びます。これは床の張替えの交換時期も伸ばすことになるので、結果的に費用でもお得になるのです。フロアコーティングの施工は最初は高く感じますが、その期間のお掃除の手間、ワックスの手間、床の張替えまでの期間まで考えると最初にやっておく事で将来のトータルのコストを大幅に減らすことが出来るのです。


全国対応
これがフロアコーティング!
各地のショールームで本ものをご体感してみてください!

arrowicon

telicon

mailiconメールを送れます 株式会社ジェブ

 

ページの先頭へ戻る