フロアワックスには、水性と油性、大きく分けると二つの種類があります。

top5つのメリット施工の流れよくあるご質問お客様の声フロアコーティング価格

フロア
コーティング
可能床材一覧

床材が施工できるか
今すぐチェック!

EPCOATフロアコーティング

EPCOAT ガラスコーティングのワックスとの違いや優れた点について

施工の流れ

お客様からお問い合わせから、施工が完了するまでのながれ

よくあるご質問

お見積もりや施工、メンテナンス、アフターなど、よくある質問

お客様の声アンケート

弊社をご利用頂いたお客様の声アンケートのご紹介します

担当クルー紹介

お客様を担当させて頂く、弊社クルーをご紹介いたします

お支払い・ペイパルについて

ペイパル、各種お支払い方法。施工までの決済方法など

安心フロアコーティング

ジェブの施工はなぜ安心なのか?他との違いを詳しく説明

フロアコーティングいろいろ

フロアコーティングに関係するいろいろなこと

option クロスコーティング

タバコのヤニや手垢など汚れからクロスを守るコーティング

option フッ素コーティング

浴室・キッチン・洗面所・トイレの汚れを防ぐコーティング

option 防カビコーティング

浴室やクローゼットなどカビの発生を防ぐコーティング

option EPT COAT 防臭

壁のコーティングで不快臭を分解。新しい消臭・防臭コーティング

フロアコーティングの種類

コーティングの種類や特徴、向き不向き、メリット・デメリット

フロアワックスとは

ワックスのメリット・デメリット、一般家庭用と業務用の違いなど

フロアコーティングの必要性

ワックスとコーティングの違いとその必要性について

フロアコーティングの価格

価格によるメリットやデメリット、他社との違い、その経済性

コーティングとワックスの違い

コーティングとワックス、その違いを詳しく説明

フロアコーティングの理解

フロアコーティングを正しく理解して長持ちに使いましょう

無垢フローリングの再生

イーピーウッドコート

傷んだ床を張り替えずに新品同様!床の耐久性も上がります

お家いろいろブログ
家の簡単・便利役に立つお手入れ情報
全国対応
これがフロアコーティング!
各地のショールームで本ものを
ご体感してみてください!
東京 New Open !
横浜
埼玉
千葉
名古屋
大阪
福岡

ペットと暮らす

ペットと暮らすポイントやトラブル対策についてご紹介

フロアコーティング適性診断

あなたにピッタリのコーティングが分かる適性診断テスト

アフターメンテナンス

施工後に起きる問題も補修対応致しますので安心

カスタマーサービスご質問

施工後によくあるお問い合わせ内容をまとめました

お客様の声-テキスト編

弊社をご利用頂いたお客様のアンケートの声、テキスト編

イベント・社内行事など

イベントや社内行事など、代表のTV出演なども

フロアコーティングのサービス地域

携帯版サイト アクセス方法

進化したエコロジー洗浄剤!
EP CLEANER
amazonストアでご購入いただけます
お客様の情報をお守りする為ジェブでは
サイト全体で通信を暗号化(SSL)しています

フロアワックスの基礎知識
basic floor wax

  1. >
ワックスのメリット・デメリットご存知ですか
一般家庭用と業務用フロアワックスの違いについてご説明いたします。
またフロアコーティングとの違いも比べてみてください。

フロアワックスの危険
最近のフローリングはワックスが塗れない事があるので注意しましょう。手軽に塗れる事がメリットのワックスですが近年多く出回るシートフローリング(木目等を印刷した表面にMDF等の基材を重ねたもの)にはEBコーティング(電子線照射型塗装)が施されているのでワックスが必要ないワックスフリー、ノンワックス仕様になっているのが殆どです。
そこにワックスを掛けてしまうと、滑りやすくなって危険になったり、かえって汚れが付きやすくなってしまうので止めましょう。

どうしても床を保護したいという場合はフロアコーティングを検討します。シートフローリングの種類によっては相性が良くない場合も有りますのでご相談ください。

フロアワックス、床ワックスの基礎知識

床ワックスとフロアコーティングの違いはワックスは定期的なメンテナンスが必要な事です。そのようなワックスの特性を十分知ってもらえればと思います。ワックスの成分はアクリルやウレタンが殆どです。

フロアワックスの種類

フロアワックス、床ワックスには、水性と油性、大きく分けると二つの種類があります。しかし、油性ワックスは、オイルステン仕上げした床用で、塗装したフローリング床には使用しません。今回は、天然または合成のロウを乳剤にした水性ワックスと合成樹脂を乳剤にした水性樹脂ワックスについて、一般家庭用と業務用の違いについて比較してみます。

種類 用途
一般家庭用フロアワックス 低濃度アクリルウレタン樹脂を使用したもので、成分濃度2~10%程度のもの
業務用フロアワックス 高濃度アクリルウレタン樹脂をしたもので、成分濃度20%以上のもの

一般家庭用フロアワックスと業務用フロアワックスの違い

一般家庭用ワックスと業務用ワックスの違いは、簡単に言うとその成分濃度の差となります。濃度差は、そのまま保護膜の厚さとなり、業務用ワックスを1回塗るのと、一般家庭用ワックスを3回塗るのとほぼ同一の保護膜になります。どちらもアクリル樹脂やウレタンが主な成分になります。

種類 良い点 悪い点
一般家庭用ワックス 樹脂成分量が少ないので作業性が良く、塗りムラが出来にくいので初心者でも塗布可能 耐久性が悪く、定期的なメンテナンス(約1カ月~6カ月)が必要
業務用ワックス 樹脂成分量が多い為、塗膜が厚くなり、艶光沢に優れている。一般家庭用と比べ耐久性がある(6ヶ月~2年) 樹脂成分量が多い為、作業性が悪く塗りムラが出来やすい

フロアワックスが用途として向いているもの不向きなもの

薬品や洗剤を使用せず比較的使用頻度の低い場所に施工するなら問題はありませんが、フロアワックスは水、特にアルカリ洗剤、溶剤(シンナー)等に弱く、普通の水でも長時間放置すると白く変色してしまう為、ワックスメンテナンスフリーのフローリング等、薬品や洗剤を使用する場所で、使用頻度の高い場所には適していません。成分はアクリル樹脂やウレタンを配合して耐久性を増やした物が殆どです。

フロアワックスは、数ヶ月おきに重ね塗りが必要?

床ワックスは、磨耗で光沢が徐々になくなってきますので、数ヶ月おきに重ね塗りが必要となります。
その際、落ちきらない汚れやホコリがワックス層に混入して、フローリングの黒ずみの原因となります。
この黒ずみを解消するには、堆積したフロアーワックスを除去する為に剥離が必要になるのですが、これは素人には難しく、出来てもなかなか綺麗には仕上がりません。
また、剥離剤は超強力なアルカリ洗剤ですので、フローリングに対して決して良くありません。
剥離時にフローリングの隙間から剥離剤が侵入し、フローリングの反りやヒビ割れに繋がる事例が多々ありますので注意が必要です。

フロアワックスを施工した場合のメンテナンス方法

フロアワックスは水分に弱く、水拭きすると剥がれてしまいます。そのため、化学モップや乾拭きによるお掃除が薦められていますが、フロア上に飲み物をこぼしてしまった時などは、乾拭きでは汚れが取れないので、どうしても水拭きしたくなります。また、フロアにはアレルギーの原因とされるダニの糞や死骸が付着しますが、これらを除去する方法としては、水拭きが必須となります。結果的に水拭きの出来ない事が要因でシックハウス症候群の原因ともなっています。

このように床ワックスは維持するのがかなり大変な事なのです。このような問題を一気に解決するのがフロアコーティングです。この機会にぜひ検討してみてください。



ページの先頭へ戻る