ペットとフロアコーティング

ペットと暮らすポイント

ペットと暮らす事は、幸せな反面多くの問題も出てきます。 人間とペットの生活環境は異なり、ペットを飼うという事は人間の生活環境にペットを連れてくる事になるため、ペットへの配慮が欠けると思わぬ事態になりかねません。 このページはフロアコーティングに関わらず広く一般的な事柄を記します。

ここでは、ペットと暮らすためのポイントをいくつか抜粋して紹介します。

新居の散歩コースを確認

散歩コースは重要

運動量の多い犬にとっては特に散歩は重要となります。 頻繁に散歩しなければならないのはもちろんですが、コースによっては思わぬ事故やトラブルにつながってしまいます。

写真1

地図ではなく実際に歩いて確認する

今、ネットでは簡単に詳細な地図を見る事ができます。 散歩コースを決めるにあたり、新居の自宅周辺の地図をみるのもいいのですが、結構地図ではわからない問題もあります。

例えば、高低差などは地図上では表記されていないので、 いざ歩いてみると散歩が大変だったなどのケースもありますし、 他の家に繋がれている飼い犬との相性が悪かったりするケースもあります。

物件を購入する前に実際に散歩コースを歩いてみるのが一番ですが、 難しければ地元に密着している不動産会社などでも周囲の環境について教えてくれますので相談をしてもいいでしょう。

車の交通量に注意

多くの車が行きかう道路などの場合、ペットと車のトラブルが増える危険性があります。 また、歩道がなくて道路の脇を歩くような散歩コースの場合、犬が予測不能な動きをしてしまい車の前に飛び出してしまう可能性もあります。 散歩コースを決める際は、車とのトラブルを避けるために安全なコースを選ぶようにしましょう。

ペットの行動範囲を決める

事故を防ぐために行動を制限する

可愛いペットにはつい室内の色んな場所で遊ばせてあげたくなってしまうのですが、 室内はあくまで人間が暮らすために設計されたスペース。 下手に自由に行動をさせると、ペットにとっては思わぬ危険となってしまいます。

写真2

事故が起きやすい場所とは…

下記のような場所で事故は起きやすくなっています。

  • 『玄関』…玄関を開けた時にペットが外へ飛び出してしまいます
  • 『キッチン』…ネギ類などのペットにとって毒となる食材や、怪我の元となる刃物などもあり危険です
  • 『浴室』…シャンプーや洗剤を舐めてしまったり、浴槽に入って溺れてしまうケースもあります
  • 『階段』…犬の場合(特に老犬)、階段の段差を踏み外してけがをしてしまう事もあります
  • 『バルコニー』…誤ってバルコニーから転落してしまうケースも考えられます
  • 『庭』…チューリップやあじさいなど、ペットにとって毒となる植物が植えられている場合があります

対策方法

対策方法として、ペットの行動範囲を制限するために市販されている安全柵を使って立ち入りを禁止したり、 コンセントにカバーを付けるなどして、ペットの安全を確保します。 良かれと思って自由に行動をさせる事が、かえってペットにとって危険となる場合がある事を覚えておきましょう。

運動をさせる

犬種によって運動量は異なります

小型犬の場合は、日々の散歩や軽い運動だけで十分なのですが、 大型犬の場合は公園を運動が出来る専用の施設に通ったり、 ノーリードで散歩できる広場に連れて行く必要もあります。

写真3

運動の効果とは

犬にとって運動とは、健康の維持に欠かせないものです。運動をする事で肥満の防止になったり、ストレスを軽減する効果があります。

犬と一緒に楽しめる施設

下記のような場所では、犬と一緒に楽しむ事が出来ます。これから新居を探す場合は、周りにこのような施設があるかどうかも把握をしておいた方が良いでしょう。

  • 『ドッグラン』…最近では、マンションの屋上をドッグランとして開放している建物もあります
  • 『公園』…意外と散歩禁止の公園は多いので、近くの公園が散歩OKか調べておきましょう
  • 『ドッグカフェ』…犬を連れて入る事の出来る喫茶店です。オーナーどうしの交流にもなります
  • 『アジリティ』…飼い主と犬とが協力して様々な障害物をクリアしていく競技の施設です

換気をきちんとする

高断熱や高気密の部屋はペットに悪影響?

最近では、高断熱や高気密のお宅が増えています。 それらの設備は人間にとってはとても便利なものですが、換気がきちんとされずに、ペットにとって悪影響を及ぼすケースも増えています。

写真4

埃・ダニなどでのトラブル

空気が流れていない場所は、埃が溜まってしまってペットの健康を害したり、 ダニやカビなどの細菌の増殖を引き起こして病気になってしまうケースもあります。

ペットは空気環境の影響を受けやすい

ペットは人間よりも頭が低いので、人間以上に空気環境の影響を大きく受けてしまいます。 また、極度の乾燥や湿度に対しても人間より耐性がないため、皮膚病などの病気になったりしてしまいます。 それを防ぐためにも、換気はきちんと行いましょう。

対策方法

換気を行うに当たり、下記のポイントを押さえておきましょう

  • 『築年数』…中古物件にお引越しの場合は築年数を見てみましょう。2003年7月以降に着工された物件は、比較的換気が良い物件となります
  • 『換気スリープなどの空気取り入れ口』…建物によって、空気の取り入れ口があるものとないものがあります

こんなことがペットのストレス

ペットの大敵“ストレス”

人間もそうなのですが、ペットもストレスによって病気になったり元気が無くなってしまったりします。 ストレスの解消を上手くしてあげる事が、長生きの秘訣にもなるのです。

環境の急激な変化はストレスが倍増

ペットは、急激に環境が変わってしまうと大きなストレスを感じます。

家に来たばかりの時や、引っ越しの際などには十分に注意して、ペットへの配慮を行いましょう。

ストレス解消法《犬の場合》

犬は、なるべく家族の側に居たいと考えています。 家族が多く集まるリビングなどに犬専用のスペースを作ってあげる事で、ストレスが軽減されてくつろぐことが出来ます。 それとは逆に、外部の人間が多く行き交う窓際や玄関などは犬の専用スペースには向いていません。

また、いざ危険が迫った時などに安心して逃げ込める、自分だけのスペースを持つことで安心する事が出来ます。

ストレス解消法《猫の場合》

猫の場合は、犬に比べ室内で飼うケースが多いので、屋外での運動によるストレス発散はなかなかできません。 従って、室内に立体的な施設を作る事で、運動とストレス解消を同時に行う事ができます。 また、犬と同様に猫も専用のスペースを設けてあげましょう。

ペットのトラブル対策

住まいは、基本的に人間の居住を想定して作られています。
大切なペットと共存するのは良いのですが、それによって思わぬ住宅のトラブルを引き起こしてしまう場合もあります。
ここでは、ペットのトラブルと対策方法とフロアコーティングについて紹介いたします。

防音・防臭

ペットの鳴きによるトラブル

ペットOKのマンションだったとしても、防音が完璧と言う訳ではありません。 ペットの鳴き声によるトラブルは後を絶たず、飼い主にとってもご近所にとっても悩みの種です。

もちろん、無駄吠えをしないようにしつけを行う事も重要ですが、ここでは、お部屋の防音対策について紹介いたします。

backdog

防音対策

【天井・壁】
 吸音性に優れた素材を使用して、防音をする事が出来ます。
 例)大建工業 ダイロートン ファイブスターシリーズ ワンニャート
【床】
 カーペットにも防音効果のあるものがあります。敷くことで、階下の方への配所をする事ができます。
 例)大建工業 防音カーペットドレミ
【カーテン】
 遮音性のあるカーテンを設置して防音をする事が出来ます。取り付けに業者がいらず、設置も簡単です。

ペットの不快臭による人間への健康被害

ペットの体臭や排泄物の不快臭など、生き物を飼う上で臭いの問題は切り離せません。
不快臭は、家族のストレスが溜まるだけでなく、免疫力や抵抗力の低下を引き起こしてしまいます。
また、不快臭が元で近所の方とのトラブルにもなってしまうケースもありますので、臭い問題について対策を行わなければなりません。

badsmell

臭いを防ぐ1<食生活・入浴など>

ペットの不快臭を根本から改善する対策法です。 今は、排泄物の臭いが薄れるドッグフードなども売られておりますので、それを与えて排泄物から出る不快臭を軽減しても良いでしょう。
また、こまめに入浴をさせる事で、体臭を少なくして不快臭を防止する対策もあります。但し、犬の場合は高湿度にはあまり適していませんので、適度な頻度で入浴を行う方法が良いでしょう。

臭いを防ぐ2<防臭液を室内にコーティング>

次に、室内での防臭対策です。消臭剤を室内に置いて不快臭を軽減する方法などありますが、 市販されている消臭剤のほとんどが、臭い自体を除去するのではなく、 臭いに対して別の成分を吸着、包み込みを行う事で一時的に臭いを感じさせなくするタイプです。
また、消臭剤を切らしてしまったらまた買わなければならないなど、コストや手間の面でもあまり進めはしません。
今は、消臭・防臭のコーティング剤と言うのもあり、一度室内に噴射して施工してしまえば効果が半永久的に続きます。

汚れ

室内に付着するペットの汚れ

ペットを飼う時は室内が汚れてしまうのを覚悟しておかなければなりません。 抜け毛や食べこぼし、お粗相、体液など、日々のお掃除は欠かせないものとなります。 ここでは、代表的なペットの汚れについて紹介します。

お粗相で床が傷んでしまう

やはり、一番気になるのはペットの排泄物から来る汚れ。 飼い主の見ていない場所でされてしまうと、お粗相をしてしまったのに気づかずに数日経ってしまい、床に汚れが染み込んでしまうケースもあります。

badfloor

床の汚れを防ぐ

床の汚れを防ぐ方法として、フロアコーティングがあります。
コーティングを行う事で、お粗相をしてしまっても染み込みを防ぐことができ、また日々の掃除も楽になります。

フロアーコーティングの種類は様々で、ワックスから水性ウレタン、油性ウレタン、UVコーティング、ガラスコーティングなどがありますが、 耐久年数を考えれば、一番強いガラスコーティングをお勧めします。

傷

爪による床への引っかき傷

犬や猫には爪があり、歩くだけで床を傷つけてしまいます。
ペットを飼っているお宅の床には、爪による傷跡がつきものです。
ある程度は我慢をしなければならないですが、深い傷が出来てしまうと、そこから水分などが浸食してしまい、床の劣化を速めてしまいます。
やはりここでも、フロアコーティングなどによって床を保護する事をお勧めします。

scratch

猫の爪とぎによる柱への傷

猫の場合、柱の爪とぎが問題となります。
本能的なものなので、習性自体を止めさせることは難しいのですが、爪とぎが出来る場所を制限して限定することで、ある程度しつけをする事が出来ます。
また、市販されている爪とぎ用のグッズを購入するのも良いでしょう。

滑り

フローリングのすべりは脱臼の原因

犬や猫の体は、屋外を裸足で歩く(走る)ようにできており、爪や肉球で大地を蹴って進みます。
ところが人間の生活に適しているフローリングなどの場合、グリップが効かずにツルツルと滑ってしまう場合があります。
これは、移動しづらいばかりか、下手をすればペットが脱臼を起こしてしまい、重大なトラブルにもなりかねません。

scratch

滑り止めを床に塗布する

対策方法としては、床に滑り止めを塗布する方法などがあります。
すべり耐性のあるコーティングを施すことで、ペットの滑りを防止しして安心して室内で遊ばせる事ができます。

ペットと暮らすQ&A

オーナーは、一緒に生活するペットの事について良く知っておく事が大事です。
ここでは、Q&A方式でペットに対する質問に答えていきます。

犬編

犬の「しつけ」をちゃんと行うにはどうすればいいの?

まず、犬の居場所を用意してあげてください。リビングの端などにおき、犬が落ち着ける場所を作りましょう。
また、食事を食べる順番もまず人から食べるようにして、それから犬に食べさせましょう。
犬は順位をつけますので、最初に家族の方が立場が上であることを示し、それからそれぞれのしつけにはいります。

マンション一階にある専用の庭で犬を飼う事はできる?

基本的に、共用部分でペットを飼う事は出来ないケースが殆どです。
しかし、例外的に飼ってもいいケースもあるようですので、独断で判断する前にマンションの管理会社などに相談をしてみましょう。

犬は部屋の中だとストレスが溜まるから外を見せた方が良い?

犬は、家族以外の人間を不審者と思う傾向がありますので、窓際など人の行き交いが多い場所などは警戒してしまい、無駄吠えの原因ともなりますので避けた方がいいでしょう。

抜け毛の対策はどうすればいいの?

犬種によって毛の抜け具合は違いますが、こまめなブラッシングをする事が重要です。
また、ストレスによって脱毛する場合もありますので、ストレスを避ける環境を作ってあげましょう。

ペット可のマンションですが、エレベーターに犬を乗せても大丈夫?

はい、ペット可のマンションであれば、問題ありません。但し、同乗者への配慮として、ペットアレルギーの人がいる場合などを考慮して先に人がいる場合は一言断りを入れたり、またエレベータ内で粗相をしてしまった場合などは責任を持って処理しましょう。

犬が鳴かないようにするにはどうすればいいの?

フローリングの場合、グリップが効かず犬が滑ってしまい、下手をすれば脱臼してしまう場合もあります。また、爪傷などで床を傷つけてしまう場合もあり、あまり相性はよくありません。
ご自宅や新居の床がフローリングの場合、滑り止め効果のあるフロアコーティングを塗る事で、滑り止めや傷の防止をする事もできます。
防滑性・耐傷性のある「EPCOAT」の施工面は、滑りによる脱臼などの怪我の防止やペットの爪傷からフローリングを保護することが可能です。

散歩から帰ったら毎回足を綺麗に洗うべき?

濡れタオルで拭くぐらいで十分です。犬は湿度が高いのを苦手とするので、清潔にしようと毎回足を洗っていると、皮膚炎などの思わぬ病気を引き起こすことがあります。

フローリングの床は犬にとっていいの?悪いの?

フローリングの場合、グリップが効かず犬が滑ってしまい、下手をすれば脱臼してしまう場合もあります。また、爪傷などで床を傷つけてしまう場合もあり、あまり相性はよくありません。
ご自宅や新居の床がフローリングの場合、滑り止め効果のあるフロアコーティングを塗る事で、滑り止めや傷の防止をする事もできます。
フロアコーティング「EPCOAT」は、防滑性・耐傷性に優れています。

猫編

猫にも専用の居場所が必要なの?

はい、猫にも犬同様、専用のスペースは大事です。場所は、高いところや、見えすぎない囲まれたスペースに居場所を確保すると安心する傾向があるようです。
また、ペットが一度決めた居場所はあまり変えないほうが良いです。飼い主が勝手に居場所を変えてしまうことは、ペットにとってはストレスになることもあります。

猫に人間と同じ食べ物を与えても大丈夫なの?

人間の食べ物は、猫にとっては塩分や糖分が多く含まれている為、あまり良いとは言えません。また、アワビ・アジ・サバ・豚肉・牛乳・ネギ類など、猫にとって有害となるものもあるため、猫には専用のキャットフードを与えるようにしましょう。

猫のトイレは何処に置けばいいの?

特にどこでも構いませんが、臭いがしたら気になる場所、リビングや寝室などは避けた方が良いでしょう。また、風呂場に設置した場合、浴槽でのトラブルなどもあります。頻繁に掃除をするものなので、洗いやすい洗面所など良いかもしれません。
猫がトイレを失敗したり、トイレ以外の場所でお粗相をした際、オシッコなどの液体がフローリングの表面に染み込んで変色や臭いが残ってしまう場合があります。
防汚性のあるフロアコーティング「EPCOAT」を施工する事で、表面からの染込みを防止することが可能となります。

猫の病気のサインにはどんなものがあるの?

次のような異変に気づいたら注意して下さい。
・耳を掻く・頭を振る・耳の皮膚が腫れる・食欲がない・毛づやが悪い・脱毛している・目ヤニや目の濁り・鳴き声のかすれ・鼻水・お腹が張っている・水を以上に飲みたがる…など

猫は犬みたいに散歩は必要ないの?

散歩を毎日させる必要はありませんが、たまに外に出してあげると喜びます。
しかし、猫特有の感染症(猫エイズなど)に感染したり、体についた農薬を無意識に舐めてしまったりするため、最近は室内飼育が推奨されている側面もあります。

猫は一年で人間にすると何歳ぐらい年を取るの?

猫は、産まれてから一年で人間でいう18歳くらいの年齢まで成長し、人間の約6倍の速さで年齢を重ねます。
1年…18歳、2年…30歳、3年…40歳、4年…45歳、5年…50歳、10年…70歳、12年(平均寿命)…75歳

爪とぎを止めさせる事はできるの?

猫のつめとぎは本能なので、基本的に止めさせる事はできません。
しかし、して欲しくない場所にカバーをするなど、爪とぎの場所を限定する事である程度はしつける事も可能です。

猫の鳴き声にはどんな意味があるの?

猫が小さく「ニャ」と鳴く場合は、挨拶の言葉。もう少し長い場合は、何かを欲求している場合が多いです。また、威嚇している時は「ギャー」という甲高い声をだし、ゴロゴロとのどを鳴らしている場合は、甘えているかリラックスをしている時の声です。