防カビコーティング

防カビコーティングを施すことで、これから根付くカビ菌を予防することができます。住まいのカビは、浴室や洗面所、押入れクローゼットなどいたる所に発生します。
美観を損なったり悪臭を放つばかりでなく、放っておくと繁殖し、感染症やアレルギー発生の原因にもなりかねません。

防カビコーティングは、人体に有害な成分を含まない新配合の薬品を使用した特殊滅菌加工です。
有機成分を含まない浸透性のコーティング剤を使用している為、住まいから検出される57菌全てに対して絶大な効果があり、カビの発生を長期的に防ぎ、感染症の予防にも役立ちます。

防カビコーティングの効果

JIS規格の対象菌だけでなく、一般建築物から高い頻度で検出される菌57種類全てに対して効果を発揮します。
また、その他の菌にも対応しており、持続性も高く長期間カビを防止できます。

【対応している菌数】
真菌(カビ):159菌 細菌(バクテリアなど):70菌 藻菌(コケ類):25菌

防カビコーティングは有害成分を含まない新配合のコーティング剤を使用し、あらゆる箇所に発生するカビを防ぎます。
また、コーティング剤が浸透性に優れていますので、酸や熱、有機溶剤でも分解しません。

住まいの美化を守るだけでなく、感染症の予防にも役立ちますので、アトピー・アレルギー・科学物質に敏感な方・幼児・お年寄りのいる住まいにも安心なコーティングです。

防カビコーティング検証 お子様にも安全な素材を使用しています

防カビコーティングの施工箇所

防カビコーティングの施工箇所は、洗面所、トイレ、キッチン、浴室、収納などです。
カビが繁殖しやすい排水溝や排水口はもちろん、タイルの目地や風呂釜の内側まで、見えない場所も丁寧にコーティングします。

  • 浴室
  • トイレ
  • キッチン
  • 洗面所
  • 収納
  • 下駄箱

施工後のお手入れ方法

施工後のお手入れ

万が一カビが発生しても、コーティングの効果により水拭きや洗剤などで簡単に落とす事が出来ます。
なるべく乾燥を心がけ、汚れはすぐに拭き取る事がカビの発生を防止します。

また、防カビコーティングの効果を損なうので、クレンザー等、研磨剤入りの洗剤や金タワシ・スチールウール等は、使用出来ません。
また、現在居住されている場合は、施工前にクリーニングが必要になります。

その他オプションコーティング

  • クロスコーティング
  • クロスコーティング

    帯電防止効果でホコリ・手垢などからクロスを保護

    詳しく見る >
  • 水まわりコーティング
  • 水まわりコーティング

    高い撥水効果で汚れや水垢を防止

    詳しく見る >
  • 玄関石材コーティング
  • 玄関石材コーティング

    防汚性、撥水性に優れ汚れが付きにくい玄関に

    詳しく見る >
お問い合わせ