赤ちゃんのいる家庭の床には
ガラスコーティングがおススメ

お子さんが出来た、またはそろそろほしい。
そんな動機からマイホーム計画を始める方も多いのではないでしょうか?
今回は赤ちゃんのいる家庭とフローリングについて考えてみました。

少し前までは、赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭では、リビングの床にラグやじゅうたんを敷いてしまったり、コルクやウレタンのジョイントフロアを敷くケースが多かったように思います。 安全や汚れ対策で仕方ないことではありますが、美観の点では残念な感じになってしまいますね。

ウレタンのジョイント

それに、じゅうたんやカーペットはアレルゲン=ダニの温床になる可能性があり、アトピー体質のお子さんにとっては大敵です。
また、ラグの段差や、めくれ上がった部分に足を引っ掻けて転んでしまったりと、健康面や安全面でのデメリットも気になりますね。
赤ちゃん準備期間=妊婦の期間中も、転倒への配慮は大切です。
ラグなどは慎重に選びたいものです。

フローリングで本を読む子供

そして最近は、赤ちゃんがいてもインテリア性を妥協したくないと考える世帯も増えています。
特に新築のお住まいやリフォームしたお住まいは見た目の美しさやデザイン性は重要なポイントで、居心地の良さを大きく左右します。
「できれば床には何も敷きたくない」そう思われる方も多いですよね。
とはいえ床の保護もしっかりとしたい、、、
そんな時はフロアコーティングが一番よい解決策ではないでしょうか?

裸足の赤ちゃん

特に赤ちゃんが小さいうちは、リビングにベビーベッドを持ち込んだり、ベビー用の家具や遊具を移動したり、床の上の物を動かす機会が増えます。
最近は新品を購入せずレンタルしたり、売ります、買いますのWEBサイトやSNSを利用して中古ベビーグッズを購入する賢いママさんも多いようです。
レンタルの良いところは、赤ちゃんの成長に合わせてベッドサイズの大きいモノに借り換えできること。
赤ちゃんの1年間の成長は目を見張るものがありますから、この時期は、ベッドを入れ替えたり移動する機会が多いですね。とにかく床の擦り傷がとても気になりますね。
フロアコーティングでしっかりと保護したいですね。

フローリングに触る赤ちゃん

また、ベッドだけではなく、リビングの床にじかに寝かせてオムツを変えたり、じかにお昼寝布団を敷いたりする機会も増えます。
床を清潔にしておくこと、マメに手入れをすることは、赤ちゃんの衛生環境や健康を守ることにつながります。
赤ちゃんに優しいフローリングであり続けるためには、フロアコーティングはぜひおススメしたいですね。

フローリングで犬と遊ぶ子供

赤ちゃんのいる家庭ためのEPCOAT導入メリット

ご参考までに、株式会社ジェブのEPCOATのメリットをご紹介します。

安全性

食品衛生法にも適ったコーティングなので、赤ちゃんが舐めてしまっても安心。
ホルムアルデヒドの拡散が殆どないF☆☆☆☆登録の商品です。

耐久性

ワックスの1000倍以上の耐久性、UVコーティングの10倍以上の耐久性で、細かい傷から床をしっかりガード。
ベビーベッドやクーファン、遊具などを頻繁に移動する赤ちゃんのいる家庭にとってEPCOATは強い味方です。

防滑性

無施工に比べて1.2倍以上の防滑り性を発揮します。
効き過ぎない適度なグリップにより、滑りやつんのめりによる転倒を防止。赤ちゃんや妊婦さんの安全を守ります。

お手入れラクラク

トイレトレーニング中のオシッコ(アンモニア)の汚れや、食べこぼしなどもサッとひと拭き。
有機系のコーティングと異なり、水にも強いため、硬く絞った雑巾で拭くことができます。
また、耐薬品性も強いため、クリーナーなども使用でき、しっかりと衛生状態を保つことができます。
雑菌の繁殖やアレルゲンから、赤ちゃんの健康を守ります。

親子でブロック遊び

以上、赤ちゃんのいる家庭に優しいフローリングと、EPCOATについてまとめてみました。