PET FIRST COAT PET FIRST COAT

PET FIRST COAT

PET FIRST COAT

抜け毛や粗相なども考えると、お掃除が簡単なフロ-リングの床は人にもペットにとっても快適そうですが、犬にとっては滑りやすく関節病の一因とも言われています。特に昨今人気の小型犬や骨が細い犬種で発生しやすく遊んでいる時やジャンプにより骨折や脱臼を起こすことも。
またワックスや洗剤に含まれる化学物質を舐めてしまう事が原因のシックハウス症状など必ずしもペットにとって快適とは言えないのが実情です。

そんな床の悩みを解決するのがペットに特化したフロアコーティングPET FIRST COATです。

滑る!汚れる!を解消 人もペットも安心・安全・快適に暮らせる床に

ペットと暮らす家。
フローリングの床で、よくある悩みや劣化原因はこの3つ!

滑りによる脱臼などケガ 粗相による変色・変質 爪傷

PET FIRST COATのメリット

滑りにくい!

ガラスフロアコーティングなど他のフロアコーティングと比較して塗膜に厚みと柔軟性があるため、もっとも防滑性(滑りにくさ)が高いフロアコーティングです。 そのため滑り転倒による怪我のリスクや歩行時の関節の負担を抑える効果があり、室内犬などのペットはもちろん、小さな子供や高齢の方がいるご家庭にもおすすめです。

汚れが落としやすく、お掃除やメンテナンスがラク!

防汚性効果でフローリングに汚れが浸み込みにくくなり、汚れが落ちやすくお掃除がラクになります。
またワックスのように定期的な塗り直しが不要なのも優れた特長です。

食べこぼしや粗相にも強い!

耐水(撥水)性能により水分や汚れを付着しにくくします。
もちろんペットが粗相をしてしまってもサッと拭き取れ、匂いや色がしみついてしまう事もありません。
水拭き、洗剤拭きもできます。

傷がつきにくい!

フローリングの表面が塗膜に保護され傷がつきにくくなります。

高光沢でお部屋が豪華な雰囲気に!

床材により多少異なりますが、特に濃色のフローリングに施工をした場合は、光沢が強く出て鏡面のような仕上がりになりやすく、豪華で高級感のあるお部屋という雰囲気になります。
※印象には個人差があります。※床材により光沢の度合は変わります。

PET FIRST COAT施工イメージ

デメリット

  • ピカピカな光沢が苦手な方は気になるかもしれません。
  • ガラスフロアコーティングなどと比較して、塗膜が柔らかいため摩耗が早く耐久年数がやや劣る。
PET FIRST COAT・ワックス・ガラスコーティング 3種を比較!

PET FIRST COAT・ワックス・ガラスコーティング 3種を比較!

PET FIRST COAT ワックス ガラスフロアコーティング

ガラスコーティングは耐久性、耐傷性など全てに優れていますが、高性能、長耐久な分だけ価格も高くなります。
また、防滑性という点ではその効果が出にくい事が多いです。
ワックスは光沢が出るものの汚れが堆積しやすく液体がシミになりやすいなど、その他の効果は低めです。
低価格なようで、光沢を維持するためには定期的な剥離と塗り直しが必要なため長い目でみると費用がかさみます。

『人にもペットにも快適な暮らし』を重視されるのであれば、防滑性に優れ、 コストパフォーマンスがもっとも良いPET FIRST COAT が最適なフロアコーティングとしておススメです!

その他オプションコーティング

  • クロスコーティング
  • クロスコーティング

    帯電防止効果でホコリ・手垢などからクロスを保護

    詳しく見る >
  • 防カビコーティング
  • 防カビコーティング

    住まいで発生する全57種類のカビの発生を防ぐ

    詳しく見る >
  • 水まわりコーティング
  • 水まわりコーティング

    高い撥水効果で汚れや水垢を防止

    詳しく見る >
  • 玄関石材コーティング
  • 玄関石材コーティング

    防汚性、撥水性に優れ汚れが付きにくい玄関に

    詳しく見る >
  • 抗ウイルスコーティング
  • 抗ウイルスコーティング

    ウイルスや菌を長期に抑制して予防

    詳しく見る >