床のワックスがけは必要なの?

床のワックスがけは
必要なの?

ワックスでよくある質問

「床のワックスがけってどうなの?」こんな質問が私たちのところに寄せられることがあります。
フローリングワックス必要性について気になる方が多いようです。

フローリングやタイル、シートフリーリング(突板の代わりに木目調の多層フィルムを貼ったフローリング)など、一般家庭で使用されている床材は、木材やプラスチック系の素材でできているため、もともとそれほど硬いものではありません。
そのため、毎日の歩行や掃除などによって細かい傷が入りやすい為、床自体の強度が徐々に損なわれていきます。

また、傷やひび割れから汚れが入り込んで、見た目にも衛生的にも好ましくない状態となっていきます。
このような劣化を少しでも防ぐため、ワックスなどで保護してあげる必要があります。

ワックス施工イメージ

フローリングワックスの
効果は?

それでは、床にワックスがけを行うことで、どのような効果が得られるのでしょうか?

  1. ワックスの膜を張ることにより、傷や汚れがつきにくくなる。
  2. 床のデコボコをワックスで埋めることで、光を均一に反射させ光沢が出る。
しかし、ワックスの効果は短く、定期的にワックスがけをしないと、その効果を保つことができません。

日常的によく人が歩く場所は特にはがれやすくキズや汚れがつきやすくなり、塗った直後から部分的にワックスが剥がれることもよくあることです。
見た目が悪くなるだけでなく、床を保護するという機能もよく歩く場所ほど早く薄れていきます。

ワックスの劣化

このようにワックス掛けに頼って床の美しさを保つとなると、定期的なメンテナンスが不可欠になってきます。
そしてきれいな状態を保つためには、ワックスを塗り替えるごとに剥離作業や床の修復作業が必要です。

毎日施工している業者ではなく、年に1~2回しかワックスがけをしない奥様、ご主人にとって、ワックスを上手に剥離することも、きれいに傷を修復することも、美しく仕上げることも、とても難しいことですよね。

また、新築一戸建てであれば建て替えまで約30年間、年に2回ワックスや剥離剤を購入する代金も手間も相当なものになるのはお分かりかと思います。

WAX? or COATING?

結局、ワックスがけは
必要なの?

表題の質問に戻ります。
「床のワックスがけは必要なの」
答えは「フロアコーティングを施工すれば”NO”です
一般的にフロアコーティングは一度の施工で10年~20年床を守ります。

無機系のガラスコーティングEPCOATの耐傷性はワックスの1000倍!
もう面倒なワックス掛けは不要、一度施工すれば30年間効果が持続します。
ぜひ、費用や労力を30年という長い目で見て比較・検討してくださいね。

カンタン1分見積依頼 お問い合わせ・資料請求