フロアコーティングの注意点について

フロアコーティングの注意点について

丈夫で⻑持ち、掃除も楽々なフロアコーティングにも注意しなければならない事があります。
ここでは、フロアコーティング施工後の注意点についてまとめました。

傷を完全に防ぐことはできません

傷は付きにくくなりますが付かないわけではありません、ガラスの強度以上の⼩⽯、⾦属の傷は避けられません。
特に椅⼦の下等に⼩⽯やネジ等を挟み込んだまま引きずってしまうと⼤きな傷跡が残ってしまうので気を付けましょう。

重量物や鋭利な物のスレやへこみ

ハサミや重量物の⾓など落としてしまった場合は防げません。
フロアコーティングは表⾯を超極薄の膜で覆うものですから床⾃体の強度を⾼めるものではありません。
床が凹んでしまえばそれに沿ってコーティングは追随します。
あくまで表⾯の傷や汚れをある程度防ぐものです。

傷・へこみイメージ

全く滑らなくなるわけではありません

滑り⽌め効果もあるのですが、元の床の性質によって異なります。
滑り⽌め効果はミクロの表⾯の状態で決まりますので元の床材の状態にも左右されます。

施⼯直後は完全硬化まで室内に⼊らないようにしてください

⼀般的に施⼯後半⽇は部屋に⼊れません。余裕をみるなら翌⽇⼊居がベストになります。
よく直後に⼊室してしまって⾜跡を付けてしまう事例が散⾒されます。
フロアコーティングはこの後30年も持つものなのでここはぐっと我慢して⼊らないようにしましょう。
他の業者様にも通知をお願いします。
もちろん補修は可能ですが新しい部屋には真新しい状態で⼊居したいものですね。

施工直後イメージ

EPCOAT塗布直後のフローリングの様子

フロアコーティングは完璧な魔法の封印ではないので最低限のケアは必要になります。
普段のお掃除は簡単な拭き掃除程度で十分ですが、上記の注意点に気をつける事でフロアコーティングを長持ちさせることができます。