シックハウス症候群の症状

シックハウス症候群の症状

シックハウス症候群の原因と症状

ホルムアルデヒドによる悪影響として2000年頃から世間を賑わせたシックハウス症候群。
住宅を新築したり、リフォームして、まだ時間が経っていない住まいで暮らし始めてから、眼がチカチカとするなどの症状が出ることで、建材や家具などの見直しをする動きが起こりましたね。
原因はそれらの日用品や建材から発散されるホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなど。こういった揮発性有機化合物と考えられているようです。

先ほど挙げた眼のチカチカ以外に、具体的にどういった症状を引き起こしてしまうのか?
よくご存じないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、シックハウス症候群の具体的な症状についてご紹介していきたいと思います。

目のかゆみイメージ

シックハウス症候群の主な症状

シックハウス症候群の症状として広く知られているのが、室内でのみ感じる皮膚や目、喉などの刺激症状(かゆみ・目のチカチカ・喉のイガイガ)、めまいや頭痛、吐き気などです。
このほかにも、鼻水やくしゃみ・せき、じんましん、食欲不振などの症状がありますが、風邪などの体調不良と似た症状が多いので、ややこしいところがあります。
また、こういった分かりやすい症状に加えて、疲労感や集中力・思考力の低下、イライラなども多くみられているようですし、「なんとなくだるさを感じる」という人もいるようです。
このように、シックハウス症候群は様々な症状が報告されており、「これは必ずシックハウス症候群の症状である」と断定するようなことが難しいものとなっています。

シックハウス症候群の症状

シックハウス症候群と間違われやすい症状

不眠・不安、自律神経失調症やうつ病などの精神疾患、更年期障害などと混同しやすいことから、なかなかシックハウス症候群だと気付かずにいるケースもあります。
しかし、室内でのみ上記のような症状が確認できる、引越しなどを境にこのような症状が見られるようになったようなときは、シックハウス症候群の疑いを持った方がよいかもしれませんね。

シックハウス症候群は、住まいの壁、建具や家具などのほか、フローリングのワックスや有機系フロアコーティングなどが原因になっているケースもあるので、今からマイホーム計画を立てる方は、しっかりと対策を施したいですね。
無機質ガラスコーティングのEPCOATは、コーティング塗料が空気中に飛散する心配もなく、30年間耐久します。
また、食品衛生法に照らし合わせても全く問題ないほど安心・安全なコーティングなので、新築やリフォーム後には導入をご検討下さい。