フロアコーティングの当日はどうなるのか

フロアコーティングはそう何度も行うものではないので多くのお客様が初めての経験が多いです。施工を決めていよいよその当日どういった手はずになるか見てみましょう。

まずは鍵の開錠方法ですが当日立ち会って鍵開けをお願いできるのか、工事キーなどで入らせてもらうのかという事になります。立会いの場合は本日の施工場所の確認や傷の有無の確認などがあります。そこから施工準備が始まりますので一旦離れてもらって夕方に施工完了を確認してもらっています。

ですから普通は目にする事がない作業内容ですがそれを説明します。まずは清掃です。塵や埃が入らないようにしっかり清掃し、塗料が余計な所に付かないように養生します。それが終わってからいよいよフロアコーティングの塗布作業に入ります。それが終わると硬化させるための乾燥時間(3~4時間)になります。

この状態はいわゆるペンキ塗りたての状態ですので入室禁止です。よく引越しと同時の施工では沢山の業者の出入りがあるのでこの時間の入室禁止をご協力いただいています。その後最終的な仕上げをして引渡しになります。

フロアコーティングは標準的な家の場合1日で作業が終わりますので翌日から入居ができます。まだコーティングが完全には硬化していないので物を引きずったり、テープ等を貼らないようにお願いしています。けれど他のシリコンコート位(硬度4H)の硬度はあるので生活には支障はありません。最終的には硬度6H以上に硬くなります。