フロアコーティングで失敗しないための業者の選び方

フロアコーティングで失敗しないための業者の選び方

フロアコーティングの特徴とメリットを詳しくご紹介し、そのメリットを十分に享受するための適切な業者選びに役立つ情報をご提供します。

フロアコーティングとは

皆さんは、「フロアコーティング」という言葉をご存じでしょうか。「耳にしたことはあるけれど、ワックスとの違いがわからない」という方が少なくないかもしれません。もしかすると、フロアコーティングはワックスの別名だと考えている方もいるのではないでしょうか。

皆さんが混同しがちなフロアコーティングとワックスは、まったくの別物です。ワックスは、塗布したあとに一定の期間がたつと、効果がなくなります。同じように床面にツヤを出すためには、再度塗りなおさなければなりません。車のワックスのことを考えてみてください。洗車のあとにワックスがけをして、ピカピカにしたと思っても、そのうちその輝きがなくなってきます。「汚れが出てきたら車を洗浄し、ワックスをかけなおす」というサイクルが必要なのです。

車のワックスと家のワックスで、さほど違いはありません。フローリングも、ワックスを塗ったばかりのころはきれいですが、次第に汚れてきます。ツヤを取り戻そうと思ったら、ワックスを取り除くための洗浄を行い、ワックスがけし直すことになります。

その一方で、フロアコーティングは一度施工すれば長期的にその効果を維持できます。コーティング後は、30年以上もその効果を保つというのですから、耐久性の高さは折り紙付きです。一度施工さえすれば、ほぼ再施工する必要がないのが、フロアコーティングの特徴だともいえるでしょう。

ワックスとフロアコーティングの違いを一言でいうと、「一時的な効果のワックス」と「半永久的な効果が続くフロアコーティング」ということになります。ワックスがけのように、何度も何度も同じ作業をし直さなければならない面倒を解消してくれるのがフロアコーティングなのだといっても過言ではないでしょう。

フロアコーティングの施工によって、床は丈夫な塗膜で保護されることになります。そのため、30年以上もの間、傷や汚れから床を守り、きれいな状態を維持できるわけです。フロアコーティング施工後のきれいな状態といって一番に思い浮かぶのは、床の光沢に違いありません。床の印象そのものが変化するほどの大きなインパクトがあります。

フロアコーティングの中でもっとも変化を感じるのは、UVコーティングでしょう。UVコーティングの施工後は、部屋の印象が大きく変わるはず。コーティングの力を感じられますが、その反面、あまりにも太陽や電灯をピカピカと反射するため、好き嫌いが分かれる施工でもあります。

一方で、ガラスコーティングの場合は、施工後に少し物足りないといった声が上がるケースもあるほど、自然な仕上がり。部屋全体に施工することで比較対象がなくなり、その効果を実感しにくいというのも、こうした声が上がる原因です。しかし、ガラスコーティングの場合も、あかりの下や明るいところで反射面を見ると、施工前より反射率が上がっています。

控えめな光沢があり、落ち着いた雰囲気になるため、家具やインテリアとの調和を重視する方が好まれるのも、ガラスコーティングの特徴です。最近では、マンションにお住まいの方がフロアコーティングを要望されるケースが多数ありますが、施工にあたってマンションならではの問題も存在しています。

1つ目の問題は、オプション会などですでに施工会社が決まっているケースがあること。この場合、販売会社が中間マージンをとるため、料金がやや割高になることが多い傾向です。問題の2つ目は、先に決まっていた施工会社を利用することで、耐久性が低く、安価なフロアコーティングを選ばれてしまいがちだということ。水性コーティングなどは、あまりおすすめできるコーティングでありません。どのようなコーティングが施工されるのかを事前に必ず確認してください。

こうした施工会社が施工不良を起こす可能性が高いのは、業者選定に際して実績がなくてもより割安な料金を設定した業者を選んでしまいがちだからといえます。経験が少ない業者の場合は、さまざまなトラブルが起こりがちです。

マンションの販売会社や床材メーカーは、これまでに何度もこういったことを経験しています。そのため、フロアコーティングの施工を禁止したり、フローリングの保証をなくしたりするといった条件をつけることもあるでしょう。これは、マンションの販売会社や床材メーカーが顧客のことを考えた末のことではありません。

「トラブルで自分たちにも面倒が及ぶのを防ぎたい」という理由に過ぎないのです。こうした条件がついたために、フロアコーティングをあきらめたり、安価なコーティングを選択して問題が起きたりしても、販売会社が何らかの保証をしてくれるわけではありません。

マンションにおいては、フロアコーティングの施工を依頼するのにハードルが高い場合が多いのですが、そこで生活するのはあくまでも住人。住人の意志で、施工するかしないかを決めることが大切です。

施工後の状態などを見ることで、決意がつくこともあります。百聞は一見にしかず……実物を見るにこしたことはありません。フロアコーティングに関心がある場合は、ぜひ実物を見てみてください。ショールームに足を運んだり、サンプルを手に入れたりするなどして、ワックスとはまったく異なる感触をご自身の手で確かめてみましょう。

フロアコーティングはこんな人におすすめ

では、フロアコーティングはどんな生活を送る人に向いているのでしょうか。フロアコーティングの施工を受けて一番に実感するのは、床が傷つきにくくなり、水分が染み込みにくくなるということです。ペットの爪による傷跡やおしっこの染み込みも防いでくれます。

実際、こうした保護効果によって、手の込んだ料理をする人や多彩な趣味を持った人でも安心して作業に没頭できるのが、フロアコーティングの強みです。作業をする過程で汚れや傷がつくのを気にしないですみます。もちろん、傷がまったくつかないわけではありませんし、フローリングを丁寧に取り扱わずにすむわけでもありません。しかし、何もしていないフローリングと比べると、格段に保護されているのです。

たとえば、部屋で多数の観葉植物を育てている場合、頻繁に水やりする必要があり、水をこぼしがちになります。そんな場合でも、フロアコーティングされていれば、水が染み込んだり汚れがついたりすることもなく、フローリングを傷めずにすみます。

ペットが水を飲むときにも周りが濡れてしまいますが、そんなときもフロアコーティングの床なら安心です。なぜなら、ワックスの場合は水にさほど強くありませんが、フロアコーティングであれば、軽く拭くだけでいいからです。

さらに、床についてしまった汚れが簡単に取れるため、掃除が簡単になります。油性マジックなどで落書きされてしまっても、除光液で簡単に拭き取れるのは大きなメリット。フロアコーティングが、多彩な趣味やモノづくりで役立つのはこういった点です。

模型作りなどを趣味にしている場合、塗装や色づけなどに際して、フローリングに色がついてしまうということも。こういった万が一の場合でも、除光液などできれいに拭き取れるため、フローリングをさほど気にしないで作業ができます。

フローリングに滑り止め効果を与えるので、ペットの関節の負担が軽減できたり、高齢者の方の転倒防止に役立ったりするのもうれしいポイントです。さらに、フローリングの耐用年数が延び、定期的に塗り替える必要がないという点も、心の余裕につながるはず。お子さんがクレヨンで床を汚してしまってもすぐに拭き取ることができ、口うるさく注意しなくてすむようになります。「精神的に楽になった」とおっしゃる方も少なくありません。

施工にはそれなりの費用がかかりますが、長い目で見れば、ワックスの塗り替えが必要でなくなるなど、トータルコストを軽減できることも。施工を受ければ、日常のさまざまな場面で、フロアコーティングのメリットを感じられるはずです。フロアコーティングが生活そのものを豊かにしてくれるといっても過言ではないでしょう。

フロアコーティング業者の選び方

では、フロアコーティングをしようと決意した人は、どういった業者を選べばよいのでしょうか。施工内容や費用などを比較しながら、頭を悩ませている人も多いかもしれません。こうしたお悩みにお応えするため、ここでおすすめ業者の見分け方をお教えします。

まず、重視すべきは業者の施工実績です。フロアコーティング業者の中には、事業を立ち上げて間もないという業者も少なくありません。多くの業者が事業を行っていますが、さほど実績もない業者の場合、施工後の安心という点ではこころもとないというのが本音でしょう。

なぜなら、施工のノウハウが圧倒的に不足しているからです。実際の作業にあたるのが、たとえ熟練の技術者であったとしても、ノウハウのない業者の中に入ってしまえば、これまで通りに技術をいかせるわけではありません。新しい環境に入るということは、1から仕組みを作り上げていくということです。その過程でさまざまなトラブルが生じる可能性もあります。何とか無事に施工を終えられたとしても、アフターサービスが確立してなかったり、あいまいになったりすることも。

立ち上げたばかりで経営基盤が安定していない可能性もあり、今後の経営についてもほとんど保証がありません。たとえ、アフターサービスを約束されていても、1年後に事業が継続できないのでは、意味がないのです。

こうした会社の実績や安定度、技術の高さ、施工後のアフターケアの安心感以外にも、業者を選ぶポイントがいくつかあります。ひとつは、フロアコーティングの種類とその性能、耐久性です。フロアコーティングと云ってもその種類により性能が大きく変わります。さらに、「営業担当者に要望を伝えやすいか」「丁寧な対応をしてくれるか」というのも、大事な点でしょう。

また、フロアコーティングの内容を比較するためには、確かな証拠(エビデンス)が重要です。これは、客観的で明確な証拠、数値として明らかな証拠が示せるかどうかということ。何となくの感覚で「どれだけ良い施工か」といわれても、なかなか不安が拭えません。しかし、確かな証拠とともに示されるものには、安心感が伴うのです。

こういった点でも、第三者機関による性能試験を受け、その結果を証明書として所持している業者は、確かな安心感を持っている業者だともいえます。なぜなら、フロアコーティングの硬度や耐久性などがどの程度の品質にあるかは、この第三者機関による証明書で確かめるのが一番だからです。証明書という確かなエビデンスに基づき、丁寧な説明や動画による解説を加えることで、顧客はその業者の技術の確かさを実感できるでしょう。

ここで、声を大にして申し上げたいことがあります。実は、今ここで挙げた業者選びのポイントすべてを兼ね備えた業者が、フロアコーティングを長く専業としている「ジェブ」だということです。

私どもは、これまでに長年フロアコーディングに携わり、多くのノウハウを身につけてきました。あらゆる事態・トラブルへの備えがあり、確かな技術を基に施工にあたっています。アフターメンテナンスも充実していますが、何より訴えたいのは、お客さまに本当に良いものをおすすめしたいという思いです。

ジェブが、ガラスコーティングを最優先におすすめするのは、「せっかくフロアコーティングをされるなら、よりよいものを」と考えるから。ジェブのフロアコーティングは、無機質ガラスコーティングで、長年の使用にも変化しない30年の耐久性を実現しています。

また、豊富な商品知識を持った営業が、お客さまの不安や疑問にお答えしています。どんなことでも安心してお尋ねいただける関係性が構築できるのも、ジェブならでは。ジェブでは、営業に限らず、スタッフ全員がお客さまに丁寧な応対を行っており、定期的なアフターメンテナンスなどを通して、皆さまの生活をサポートさせていただいています。

フロアコーティングはジェブにおまかせ!

DIYが流行している昨今、フロアコーディングを自分でしようと考える人が増えています。実際、フロアコーディングで検索すると、自分でできると謳ったフロアコーディング剤が販売されています。しかし、フロアコーティングを自分でするのは、決しておすすめできません。

多少の経験があるなら別ですが、フロアコーティングは、ワックスのように塗り直しができるものではありません。剥離も難しいため、一度失敗してしまうと素材の修復が難しくなります。さらに、塗りムラや段差などが生じやすい非常にデリケートな作業のため、素人が気軽に行えるものではないのです。

自分でフロアコーティングすれば、確かに費用は抑えられます。しかし、失敗してしまえば、剥離のために専門業者を呼ばなければなりません。剥離するためだけに、それなりの費用がかかるのは確かです。

また、多少うまくいったように思っても、徐々に気になる箇所が出てくるもの。そんな場合の補修もすべて自分でしなければならないのですから、負担も大きなものになります。何かしらのトラブルが起こっても相談相手がいないため、不安も大きなものになるかもしれません。

そうしたことを考え合わせると、フロアコーディングを専門にする業者に依頼するのが安心です。ジェブは長い間、フロアコーティングを専門に施工してきた会社です。経験豊富で、フロアコーティングの施工に際してどのような状況が起こるのかを想定できるのもジェブの強みです。

ジェブは、繊細でおいしい料理を生み出すシェフのように、繊細で美しい施工を仕上げる自分たちに誇りを持って、仕事に取り組んでいます。フロアコーディングを検討される際は、こだわりのガラスコーティング「EPCOAT」のジェブにご用命ください。速やかに、お客様に最適な見積もりを作成いたします。

まとめ

フロアコーティングは、ワックスなどとはまったくの別物。フローリングを傷や水分などから保護し、耐久性が増すといったメリットがあります。ペットを飼っている人、小さなお子さんがおられるご家庭、塗装などの趣味がある方……おひとりおひとりのライフスタイルに合わせて、フロアコーディングのメリットを享受することができますが、施工にあたっては、経験豊富な業者を選択するのが成功の鍵なのです。

現場での思いがけないトラブルにも対処できる経験豊富なベテランが存分に腕を振るう業者を選択し、しっかり相談したうえで施工をまかせるのがおすすめです。ジェブは、創業以来フロアコーディング一筋で施工を行い、お客さま第1に仕事に取り組んでまいりました。フロアコーディングをご検討の折は、ぜひジェブにご用命ください。