フロアコーティング後のお手入れ

フロアコーティング後の
お手入れ

住宅の床を傷から守ってくれるフロアコーティングをされている方も多いのではないでしょうか。
フロアコーティングは一度行うと長期間床を保護することができます。
定期的にワックスがけをする必要もありませんし、汚れも密着しないので掃除も楽ですよね。
このページではフロアコーティングでのお掃除についてご紹介します。

普段のお掃除方法

普段のお掃除はドライタイプのフローリングワイパーシートの使用をおすすめします。
フローリングワイパーシートはドライとウエットタイプがありますが、ウエットシートの場合、化学成分や油分を含むものがあり、滑りやすくなる場合がありますのでご注意ください。
また、ダスキンのモップ等、吸着剤を含むタイプも同様です。

拭き掃除を行う場合は、固く絞った雑巾で水拭きをします。
腰が痛くて雑巾がけが辛いという方はクイックルワイパーなど、柄の長い掃除道具を使うと腰に負担がかからなくておすすめです。
ルンバ(Roomba)やブラーバ(Braava)など、自動でフローリングを清掃するロボット掃除機のご使用も問題ありません。

水拭きだけで落ちない食べこぼしや油汚れなどしつこいものは、薄めた中性洗剤を使いましょう。
中性洗剤を使用された場合は、洗剤が残らないよう、よく絞った雑巾で水拭きしてください。

拭き掃除

フロアコーティングの注意点

これはフロアコーティングしていてもしていなくても同じなのですが、ほうきや掃除機など先が硬いものは床を傷めやすいので、床を大切にしたい方は避けた方がいいです。
粘着性の強いコロコロクリーナーなどは出来ればお控え下さい。

フロアコーティングはフローリングに強く密着して、通常剥げたりコーティング面が浮いてしまったりすることは無いのですが、強い力で引っ張られると剥がれたり浮き上がったりする事があります。
また、パイプユニッシュなどの塩素系の薬品をこぼしてしまった場合は、すぐにお拭き取り下さい。

禁止事項

コロコロクリーナーは使用しないでください 科学雑巾や化学薬品のついたモップ等は使用しないでください

注意点

重いものや角が鋭利な物を落としてしまうと、傷がついたりへこむ場合がありますのでご注意ください 完全硬化後でも、床上に水や液体をこぼしたまま長時間放置すると、板の継ぎ目から水分が染み込んでしまう場合がありますのでご注意ください

EPCOAT施工後の注意点

  • 施工後3日間程度はなるべくスリッパをご使用の上、水拭きを控えてください
  • 完全硬化するまでの1~2週間程度は、水や液体、湿気を含んだ物の放置は控えてください

フロアコーティングを
長持ちさせるには

フロアコーティングをすると耐久性が上がって傷がつきにくくなりますし、床が硬くなります。
しかし、強い力が加わり続ければ傷がつきやすくなりますし、性能も落ちやすくなります。
ですので、ソファやタンス、冷蔵庫などの重い家具を引きずったり、頻繁に配置換えをしたりするのはやめておいた方がいいでしょう。

ワックス掛け
カンタン1分見積依頼 お問い合わせ・資料請求