フロアコーティングで失敗しないための
業者の選び方

フロアコーティング業者の選び方

フロアコーティングをしようと決意した際、どういった業者を選べばよいのでしょうか。
施工内容や費用などを比較しながら、頭を悩ませている人も多いかもしれません。
こうしたお悩みにお応えするため、ここでおすすめ業者の見分け方をお教えします。

まず、重視すべきは業者の施工実績です。
フロアコーティング業者の中には、事業を立ち上げて間もないという業者も少なくありません。
多くの業者が事業を行っていますが、さほど実績もない業者の場合、施工後の安心という点ではこころもとないというのが本音でしょう。

なぜなら、施工のノウハウが圧倒的に不足しているからです。
実際の作業にあたるのが、たとえ熟練の技術者であったとしても、ノウハウのない業者の中に入ってしまえば、これまで通りに技術をいかせるわけではありません。
新しい環境に入るということは、1から仕組みを作り上げていくということです。
その過程でさまざまなトラブルが生じる可能性もあります。
何とか無事に施工を終えられたとしても、アフターサービスが確立してなかったり、あいまいになったりすることも。

立ち上げたばかりで経営基盤が安定していない可能性もあり、今後の経営についてもほとんど保証がありません。
たとえ、アフターサービスを約束されていても、1年後に事業が継続できないのでは、意味がないのです。

こうした会社の実績や安定度、技術の高さ、施工後のアフターケアの安心感以外にも、業者を選ぶポイントがいくつかあります。
ひとつは、フロアコーティングの種類とその性能、耐久性です。
フロアコーティングと云ってもその種類により性能が大きく変わります。
さらに、「営業担当者に要望を伝えやすいか」「丁寧な対応をしてくれるか」というのも、大事な点でしょう。

また、フロアコーティングの内容を比較するためには、確かな証拠(エビデンス)が重要です。
これは、客観的で明確な証拠、数値として明らかな証拠が示せるかどうかということ。
何となくの感覚で「どれだけ良い施工か」といわれても、なかなか不安が拭えません。
しかし、確かな証拠とともに示されるものには、安心感が伴うのです。

こういった点でも、第三者機関による性能試験を受け、その結果を証明書として所持している業者は、確かな安心感を持っている業者だともいえます。
なぜなら、フロアコーティングの硬度や耐久性などがどの程度の品質にあるかは、この第三者機関による証明書で確かめるのが一番だからです。
証明書という確かなエビデンスに基づき、丁寧な説明や動画による解説を加えることで、顧客はその業者の技術の確かさを実感できるでしょう。

営業イメージ

マンションの場合

最近では、マンションにお住まいの方がフロアコーティングを要望されるケースが多数ありますが、施工にあたってマンションならではの問題も存在しています。

1つ目の問題は、オプション会などですでに施工会社が決まっているケースがあること。
この場合、販売会社が中間マージンをとるため、料金がやや割高になることが多い傾向です。
問題の2つ目は、先に決まっていた施工会社を利用することで、耐久性が低く、安価なフロアコーティングを選ばれてしまいがちだということ。
水性コーティングなどは、あまりおすすめできるコーティングでありません。
どのようなコーティングが施工されるのかを事前に必ず確認してください。

こうした施工会社が施工不良を起こす可能性が高いのは、業者選定に際して実績がなくてもより割安な料金を設定した業者を選んでしまいがちだからといえます。
経験が少ない業者の場合は、さまざまなトラブルが起こりがちです。

マンションの販売会社や床材メーカーは、これまでに何度もこういったことを経験しています。
そのため、フロアコーティングの施工を禁止したり、フローリングの保証をなくしたりするといった条件をつけることもあるでしょう。
これは、マンションの販売会社や床材メーカーが顧客のことを考えた末のことではありません。

「トラブルで自分たちにも面倒が及ぶのを防ぎたい」という理由に過ぎないのです。
こうした条件がついたために、フロアコーティングをあきらめたり、安価なコーティングを選択して問題が起きたりしても、販売会社が何らかの保証をしてくれるわけではありません。

マンションにおいては、フロアコーティングの施工を依頼するのにハードルが高い場合が多いのですが、そこで生活するのはあくまでも住人。
住人の意志で、施工するかしないかを決めることが大切です。

マンションイメージ

フロアコーティングはジェブにおまかせ!

ここで、声を大にして申し上げたいことがあります。
実は、今ここで挙げた業者選びのポイントすべてを兼ね備えた業者が、フロアコーティングを長く専業としている「ジェブ」だということです。

私どもは、これまでに長年フロアコーディングに携わり、多くのノウハウを身につけてきました。
あらゆる事態・トラブルへの備えがあり、確かな技術を基に施工にあたっています。
アフターメンテナンスも充実していますが、何より訴えたいのは、お客さまに本当に良いものをおすすめしたいという思いです。

ジェブが、ガラスコーティングを最優先におすすめするのは、「せっかくフロアコーティングをされるなら、よりよいものを」と考えるから。
ジェブのフロアコーティングは、無機質ガラスコーティングで、長年の使用にも変化しない30年の耐久性を実現しています。

また、豊富な商品知識を持った営業が、お客さまの不安や疑問にお答えしています。
どんなことでも安心してお尋ねいただける関係性が構築できるのも、ジェブならでは。
ジェブでは、営業に限らず、スタッフ全員がお客さまに丁寧な応対を行っており、定期的なアフターメンテナンスなどを通して、皆さまの生活をサポートさせていただいています。

施工イメージ