フロアコーティングは必要か不要か?必要性を見極めるためのガイド

フロアコーティングは
必要か不要か?
必要性を見極めるための
ガイド

ネット上で繰り広げられる
フロアコーティングの議論

インターネット上では、フロアコーティングの必要性に関する議論が広がっています。

また、新築購入者向けの口コミサイトでも、フロアコーティングの必要性についてよく議論されます。

特に新築の場合は、フローリングをいつまでも美しく保ちたいという事で必要だという意見が強く、フロアコーティングの導入を検討している方が多いようです。

一方で、フロアコーティングは不要だという意見もあります。

フローリング自体に耐久性があり、普段のお手入れやワックスがけで十分に保護できると主張するのです。

また、コストや施工にかかる手間を考えると、その必要性を疑問視する人もいます。

以下に、「フロアコーティングは必要」と「フロアコーティングは不要」の意見をそれぞれ7つにまとめました。

フロアコーティングは必要

  • ハウスクリーニングのコストが高いので抑えたい
  • 掃除が楽になった
  • ワックスを掛けで苦労したから
  • 傷や汚れなど床のトラブルを防止する
  • ペットを飼っているから
  • 美観が良くなる
  • 家の資産価値を保持・フローリングを長期間美しく保ちたい

フロアコーティングは不要

  • 初期費用が掛かる・高価なイメージがある
  • シートフローリング・ワックスフリー床なので不要
  • ワックスで十分
  • 上質なフローリング材を使用しているから・床の劣化を気にしない
  • ペットがいないから
  • フローリングの見た目が変わる・無垢材だから
  • 賃貸に出す・売却予定なので長く住む予定がない

専門業者としては、「必要ではないが、やっておいた方がいい」というのが率直な意見です。

実際には、住み始めてからのライフスタイルや価値観によって、感じられるメリットは変わってくるでしょう。

結論として、フロアコーティングの必要性は個人の判断になります。

必要だと感じれば、フロアコーティングのメリットを享受することができます。

逆に、メリットを感じないのであれば、施工する必要はないでしょう。

ここでは、必要な人、不要な人それぞれの意見を比較しながら解説していきます。

フローリングイメージ

意見の比較

費用

必要
ハウスクリーニングのコストが高いので抑えたい

定期的なハウスクリーニングを行う場合、フロアコーティングの初期費用の数倍の費用がかかることになります。

そのため、一度のフロアコーティングでランニングコストを抑える方が経済的です。

また、専門業者によるフローリングの洗浄は、フローリングに負荷をかけ、寿命を縮める可能性もあります。

不要
初期費用が掛かる・高価なイメージがある

フロアコーティングは必須ではなく、施工しなくても住むことはできます。

メリットもありますが、それに魅力を感じない場合は余分な出費と考えることもできます。

施工費用は平均15万円以上かかり、高品質なものでは40万円以上になります。

安価なコーティングもありますが、品質が低い場合は後悔する可能性があるため注意が必要です。

以下に新築のフローリングから30年間で掛かる費用を比べてみました。

新築のフローリングから30年間で掛かる費用

フロアコーティングEPCOATの施工価格は、長期的に見れば非常にコストパフォーマンスが高いです。

通常、フロアコーティングを行わないと10~15年でフローリングを張り替える必要があります。

フローリングの張り替えには平均して150万円かかると仮定すると、30年で約300~450万円の費用がかかります。

一方、ワックスを使用する場合、1年から2年ごとにワックスがけを行い、30年で約150~300万円の費用がかかります。

しかし、30年耐久のフロアコーティングを行うと、その費用はおおよそ1/5~1/10にまで抑えられます。経済的な選択肢と言えるでしょう。

掃除

必要
掃除が楽になった

フロアコーティングを施工すると、汚れが付きにくくなります。

フローリングの普段のお掃除は、から拭きやドライタイプのフロアモップのみで十分です。

水分や油汚れなどもコーティング直接フローリングに触れる機会が減り、拭き取りや掃除が容易になります

油汚れに強いコーティングを施工すれば、油性マジックなどの頑固な汚れも簡単に落とすことができます。

不要
シートフローリング・ワックスフリー床なので不要

シートフローリングは表面に耐摩耗性や耐久性のある保護シートが施されており、通常の使用や軽度な傷に対しては十分に耐えることができます。

ワックスフリー床材も同様に表面に光沢のある保護フィルムが焼き付けられているため、汚れが付着しにくくなるため日々のお手入れが簡単になります。

そのため、これらの床材を使用したフローリングにはフロアコーティングを施す必要がないと考えられています。

ワックスフリー床材イメージ

新築の時点ではフロアコーティングと同様の効果があるため不要だと感じますが、日々の生活の中で表面がすり減り、保護効果が徐々に無くなってしまいます

その後はツヤもなくなり、何もしていないフローリングと同様、日常のダメージを受けてしまう状態となってしまいます。

経年劣化したワックスフリー床材

経年劣化したワックスフリー床材

新築の頃は簡単に落とせた汚れも年数が経つにつれて落としにくくなり、掃除の手間がかかるようになります。

また、シートの剥がれも目立つようになり見た目も悪くなります

ワックス

必要
ワックス掛けで苦労したから

ワックスの塗り替え頻度は、使用する液剤の種類によって異なります。

安価な液剤の場合は2~3か月ごとに塗り替えることが推奨されますし、高価な液剤の場合は1年ごとの塗り替えが推奨されています。

例として、安価なワックスを戸建ての全ての居室に使用した場合、液剤と材料費で3万円かかるとします。

それを年に3回塗り替えると、合計で9万円の費用がかかります。30年間で見ると、270万円にもなります

また、この作業は自分で行うため、手間賃は含まれていません。

もしワックス塗装作業を業者に依頼する場合は、さらに費用がかかるでしょう。

さらに、ワックスの塗り替えには掃除や家具の移動などの時間と、既存のワックスの剥離作業が必要です。

これらの作業が数ヶ月から数年ごとに発生するので、綺麗な状態を維持するためには負担がかかります。

不要
ワックスで十分

ワックスのメリットは、1回あたりの施工にかかる料金が安いということです。

ワックスを塗るための原料や道具はホームセンターやネットショップで入手でき、塗ること自体も比較的簡単です。

また、ワックスは塗り直しの際に簡単に剥がすことができるため、取り扱いも簡単です。

ワックスの被膜は、一般的にはアクリル樹脂を主成分とした液剤で水溶性であり、乳白色の液体に水を含んでいます。

水に溶解する性質があり、水や汚れの付着により白く濁ったり、黒ずんだりします

また、耐薬品性がなく、アルコールを使用すると白濁するので注意が必要です。

アルコール(エタノール)で白く変色したフローリング

アルコール(エタノール)で白く変色したフローリング

ワックスは直接汚れを受け止める効果がありますが、時間が経つと汚れが蓄積されます。

そのため、時間が経つにつれて黒ずみが目立つようになり見た目が悪くなります

傷や汚れ

必要
傷や汚れなど床のトラブルを防止する

フロアコーティングは、傷や汚れから床を守ります

フロアコーティングを施工することで、フローリングの床面の耐久性が向上し、傷や擦れの発生を抑えます。

また、フローリングに汚れが浸み込みにくくなり、お掃除も楽になるため床を清潔な状態を保ちやすくなります。

フローリングのトラブルを予防するためには、フロアコーティングが効果的です。

不要
上質なフローリング材を使用しているから・床の劣化を気にしない

新築時には美しいフローリングも時間が経つにつれ劣化が進みます。

環境の影響を受けて木材が劣化してしまう事により、フローリングがダメージを受けてしまいトラブルを起こしてしまいます。

代表的なトラブルとしては、水分吸収による変色、紫外線による日焼け、日常生活で生じる傷などがあります。

劣化により表面にささくれができてしまうと大きな怪我の要因になりますので大変危険です

フローリングのトラブル一覧

天然木床材の大敵は水分ですのでフローリングの耐水性は必要です。

上質のフローリング材のほとんどは、天然木を使用した種類が多いです。

これらのトラブルを未然に防ぐためにもフロアコーティングは効果的です。

ペット

必要
ペットを飼っているから

ペットを飼っている場合、硬くて滑りやすいフローリングはペットに大きな負担をかけることになります。

走ったり飛び跳ねたりするときに、滑ってケガをする危険性があります。

このようなトラブルもフロアコーティングをすることで、そのリスクを軽減することができます。

フロアコーティングには滑り止め効果があり、ペットの足腰にかかる負担を軽くすることができます。

また、ガラスコーティングやUVコーティングなどの硬度のあるフロアコーティングは、ペットの爪による傷から床材を保護します。

さらに、防汚性や耐薬品性に優れ、アルコールやアンモニアにも強いので、食事やトイレの後のお手入れも簡単にできます。

ペットの健康と安全のために、フロアコーティングは最良の選択です。

ペットのいるご家庭でのフローリングのトラブル例

ペットのいるご家庭でのフローリングのトラブル例

不要
ペットがいないから

最近では、ライフスタイルの変化やSNSやインターネット上で共有される可愛らしいペットの動画や写真の影響により、ペットへの魅力が広まっています。

その結果、ペットを飼った経験のない人々でも飼い始める傾向が増えています。

今はペットを飼うつもりがなくても、将来的にペットを飼う機会が訪れるかもしれません。

その時に備えて、フローリングが美しい状態のうちにフロアコーティングを行うことも一考です。

見た目

必要
美観が良くなる

フロアコーティングは、床面に均一な塗膜を形成し、表面を保護するために施されます。

これにより、フローリングの光沢や色合いがより鮮やかになり、美しい仕上がりになります。

フロアコーティング施工後のフローリングの高級感は未施工のフローリングと比べると明らかに違います。

フロアコーティングの仕上がりに大きく影響を与える要素の一つが光沢感です。

光沢の有無によって、お部屋の雰囲気は大きく変わります。

お部屋を明るい雰囲気にしたい方には、UVコーティングシリコンコーティングの光沢がお勧めです。

UVコーティングはグランドピアノのような高い光沢があり、部屋全体を輝かせることができます。

室内を落ち着いた雰囲気にしたい方やシックなインテリアで室内をコーディネートしたい方は、ガラスコーティングが適しています。

ガラスコーティングEPCOATを施工したフローリング

ガラスコーティングEPCOAT施工

UVコーティングを施工したフローリング

UVコーティング施工

不要
フローリングの見た目が変わる・無垢材だから

フロアコーティングを施工すると、フローリングの見た目が変化します。

特にUV コーティングに関しては、ツヤツヤの光沢のある仕上がりになってしまうため、未施工の状態と比べて大きく変わってしまいます。

その見た目を気に入って施工する方もいますが、床本来の風合いが損なわれると感じる方もいらっしゃいます。

無垢材のフローリングをお使いの方の中には、無垢材ならではの質感を大切にされ、最初からフロアコーティングを検討されない方も多くいらっしゃいます。

確かに木の質感は魅力的ですが、それを実現するために余分な加工がされておらず、傷や汚れがつきやすいというデメリットがあります。

汚れてしまった無垢材フローリングの表面を削って復活させ、フロアコーティングを施す「サンディングコート」という商品もございますので、是非ご検討下さい。

サンディングコートイメージ

資産価値

必要
家の資産価値を保持・フローリングを長期間美しく保ちたい

フロアコーティングを施工することで、色々な床のトラブルからフローリングを保護することができ、その結果フローリングを長持ちさせる事ができます。

特に20年耐久・30年耐久を謳っている耐久力の高いフローリングを施工すると、長期間に渡ってフローリングの保護をすることができるため、家の資産価値を落とすことなく生活することができます。

不要
賃貸に出す・売却予定なので長く住む予定がない

賃貸に出す場合もフロアコーティングを行うメリットがあります。

賃貸に出す前にフロアコーティングをしておく事で、フローリングの耐久性が向上し、入居者が使用する際に起きる日常的な摩耗や汚れによるダメージを軽減する他、入退去時のクリーニングの負担も軽減されます。

フロアコーティングが施された住宅は、その付加価値によって賃料を上げることができる可能性があります。

入居者にとって魅力的な床の仕上がりや品質を提供できるため、他の物件と比較して高めの賃料を設定することができるかもしれません。

通常、フロアコーティング施工会社は長期保証を設けていますが、売却すると次のオーナーに保証が引き継がれない事があるため、売却を予定している場合は必要ないと考えられます。

ただし、住宅を使用している期間を快適に過ごしたいという場合は、費用対効果は高くなりますが、施工をお勧めします。

また、売却の際には、フロアコーティングによって床の保護や美観の向上が図られ、購入者に好印象を与えることが期待できます。

EPCOAT施工イメージ1

新築時

必要
フローリングをいつまでも美しく保ちたい

新築のフローリングは一見丈夫に見えるかもしれませんが、日常的な使用や家具の移動などによって徐々に傷んできます

そのため、できるだけ長く美しい状態を保ちたいと考える方々が多くいます。

フロアコーティングはフローリングを保護し、耐久性を高めるために有効です。

床面を均一に保ち、光沢を与えることで部屋全体の美観を向上させます。

また、コーティングされたフローリングは汚れが付きにくく、掃除も容易になります。

このようなメリットを求めて、新築時にフロアコーティングを行う方々が増えています。

不要
コストがかかる・フロアコーティングの必要性を感じない

新築のフローリングはまだ新しいため、フロアコーティングの必要性を感じないかもしれません。

特に、シートフローリングやワックスフリーのフローリングの場合は、すでに表面がコーティングされていることが多いため、追加のコーティングを行う必要がないと考える人もいます。

また、フロアコーティングには一定の費用と手間や時間がかかります

予算や時間を節約したい人にとっては、新築時にフロアコーティングを行わない方が合理的と考えるかもしれません。

フロアコーティングを行いたいけど、工事や引っ越しのスケジュールが立て込んでいる場合、諦めざるを得ない人もいます。

しかし、フロアコーティングの種類によっては、施工が1日で終わるものもあります。

そのため、スケジュールや生活に大きな支障をきたすことなく、比較的手軽に施工できる場合もあります。

EPCOAT施工イメージ2

フロアコーティングは
有効な選択肢

フロアコーティングの必要性は、個々の状況によって異なりますが、そのメリットを考慮する価値は十分にあります。

まず、フロアコーティングは床の保護に効果的です。

耐摩耗性や耐傷性を向上させることで、傷や擦れからフローリングを守ります。

さらに、防汚性も高め、汚れの浸透を防ぎます。

これにより、床の寿命を延ばし、メンテナンスや交換の頻度を減らすことができます。

また、フロアコーティングによってフローリングの美観も向上します。

コーティングによって床面が輝き、質感や色合いが際立ちます。

これは、住宅だけでなく商業施設、オフィスなど、さまざまな場所での印象を良くする効果があります。

美しいフローリングは、環境全体の雰囲気を高め、快適な空間を提供します。

フローリングイメージ

さらに、フロアコーティングによって日々のお掃除が楽になります。

コーティングによって表面が滑らかになり、フローリングに汚れやホコリが付きにくくなります。

日々の掃除やメンテナンスが容易になり、清潔な状態を維持することができます。

さらに、耐久性の向上もフロアコーティングのメリットの一つです。

耐摩耗性や耐薬品性が向上するため、フローリングがより長持ちし、日常的な使用や負荷にも耐えることができます。

これにより、フローリングのメンテナンス頻度を減らし、経済的なメリットも得ることができます。

統括すると、フロアコーティングはフローリングの保護、美観の向上、お掃除の負担の軽減、耐久性の向上など、さまざまな利点があり、快適で魅力的な居住空間を作り出すための有力な選択肢です。

最終的な判断は個人の判断によって行う必要がありますが、フロアコーティングのメリットは見逃せないものです。

フロアコーティングで快適空間を
カンタン1分見積依頼 お問い合わせ・資料請求