フローリングがペットにダメな理由

フローリングが
ペットにダメな理由

を飼っていらっしゃる方も多いと思いますが、ご自宅の床はどういう素材でできていますか。

一度は聞いたことがあるとは思いますが一般的にフローリングの床は良くないといわれていますよね。

ペットとフローリング

しかし、なぜフローリングが犬にとって良くないのか分からない方が大半だと思います。

今回はフローリングがペットにダメな理由や対策ついてご紹介します。

関節や腰への負担

まず関節や骨にけがをしやすくなります。
フローリングの床はつるつるしていて踏ん張りにくく、滑りやすいため腰に大きな負担がかかるからです。

猫も犬も元気盛りの年頃は特に、跳ねまわったり、高いところから飛び降りたりします。

腰への負担

多頭飼いの場合は追っかけっこなどして、猛スピードで走り回ります。まるで動物の運動会ですよね。

その際に、床がつるつるしていると着地に失敗して転んでしまいますし、大事故につながりかねません。

また、部屋の中を元気いっぱいに走り回たとき、床がつるつるしていると転倒したり壁に激突しやすくなります。

フロアコーティングで
ペットの負担を軽減

可愛い愛犬や愛猫の健康のためにもフローリングの床をそのままにしておくのは避けた方がいいです。

一番の対策はラグやカーペットを敷くなど、床を柔らかくすることなのですが、掃除が面倒ですよね。

こういったことが、フローリングはペットに不向きと言われている理由です。
そこで、対策としてフロアコーティングをおススメします。

ペットの食事

ペットが滑りにくくするためにも、床の掃除を楽にするためにも、フロアコーティングを施工するのが最適です。滑り止めの効果も高まって、一石二鳥。

ワンちゃんの足腰に負担を掛けにくくなりますし、食事やオシッコの後のお手入れもグンと楽になりますから、ペットを飼われている方は一度フロアコーティングを検討してみてください。

無機質ガラスコーティングのEPCOATなら、アルコールやアンモニアにも強く、グリップが効き過ぎずに適度な防滑性が保てますので、ペットと共生のお住まいには最適ですよ。

カンタン1分見積依頼 お問い合わせ・資料請求