フロアコーティングと安全性

フロアコーティングと安全性

皆さん、化学物質(VOC)13物質という言葉を聞いたことはありませんか?
これは、シックハウス症候群の原因になる揮発性有機化合物、英語で言うとVolatile Organic Compounds、略称は、VOC、VOCsです。
シックハウス症候群等が社会問題化した2000年頃、特に家具や建材などに使われている塗料や合板に含まれているホルムアルデヒドの人体への影響が世間を騒がせました。
それを受けて厚生労働省がシックハウスの原因物質として指定して、13種類の化学物質の濃度・指針値などガイドラインを定めました。
今回は、この化学物質(VOC)13物質とフロアコーティングの安全性についてご紹介します。

化学物質(VOC)13物質とは

化学物質(VOC)13物質とは、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、ステロン、バラジクロロベゼン、テトラデカン、フタル酸ジ‐nプチル、フタル酸ジ-2エチルヘキシル、クロルビリホス、ダイアジノン、フェノブカリブの13種類の総称です。

VOC13物質と指針値

この化学物質(VOC)13物質は、塗料をや接着剤をはじめとする化学製品に含まれていることが多く、これらの揮発性有機成分が空気中に溶け出して人が摂取してしまうと、拒絶反応であるシックハウス症候群の症状がでてしまいます。

拒絶反応というと、アレルギー症を連想されるかと思いますが、アレルギーとは症状を引き起こす仕組みが違います。
アレルギー症状の場合はアレルギー物質と人体の症状の出方が同じですが、シックハウス症候群などの化学物質過敏症の場合は、同じ物質でも人によって症状が異なります。

また、アレルギー症は免疫反応によるものですが、化学物質過敏症は自律神経への作用が主で、他に免疫や内分泌系の症状が出るというように、種類と症状が多岐に渡っている点においても深刻です。

ただ、上記の13物質は、この成分が含まれていたというだけで、ただちにシックハウス症候群になることはありません。
感作と発作という二段階を経て発症し、または発症に至らずに終わる人もおり、個人差が大きいものです。

フロアコーティングとVOC

フロアコーティングを検討されている方で、コーティング物質の揮発や放散による室内の空気汚染や、人体への安全性が気になる方もおられるのではないでしょうか。

実はVOC13物質は、有機系コーティング剤を作る際に使われる溶剤に含まれている可能性があるんです。
もしウレタンハードコーティングなどの有機系コーティングの施工をする場合、業者の方に安全性がわかる資料を必ず見せてもらいましょう。
有機系コーティングの中にVOC13を含むものがあるのに対して、弊社のガラスコーティングEPCOATは、このVOC13物質を含みません。
塗膜からのVOC放散速度を測定した実験の結果は、全て不検出となりました。

また、食品衛生法に基づく実験でも安全が証明されているため、極端な話をすると、ペットや赤ちゃんがフロアを舐めても全く問題のないコーティングなのです。
EPCOATはご家族の健康と安全性を優先するお客様にとって最良の選択と言えるのではないでしょうか。
EPCOATのページでは、第三者機関による実験結果を公開しています。

子供とフローリング

EPCOATでシックハウス対策

マイホームにお引越しする際には、家具や建具などからシックハウスを発症させることをご心配の方も多いかと思います。
家族やペットの健康のためにも、シックハウス対策はしっかりしたいですよね。
前述のようにEPCOATはVOC13物質を含まないため、シックハウス症候群の原因となる化学物質の放出がほとんどありません。
フロアコーティングを希望しているけれどシックハウス症候群の不安があるというならば、ぜひEPCOATにしてみてはいかがでしょうか。

ペットとフロアコーティング