シリコンコーティングの特徴

基本性能が良くリーズナブル

シリコンコーティングは液剤にシリコン樹脂を用いたコーティングで、 耐久性、耐水性、耐薬品性などの基本性能にバランスが取れており、素材への密着度や柔軟性が高く、人気の高いフロアコーティングの方法です。

耐久年数は10~20年でくらいと言われています。耐久性は最高レベルではありませんが、 塗り直しができて、施工が簡単というのが、シリコンコーティングの強みです。
価格も他のフロアコーティングに比べて安いこともあり、性能と価格のバランスを考えるとコストパフォマンスの高いコーティングになります。

シリコンコーティング施工イメージ

シリコンコーティングならではの弱点

ただ、シリコンコーティングならではの弱点もあります。
先ほど「施工が簡単」とお伝えしましたが、その半面、乾燥に時間がかかるというデメリットがあります。
施工完了後から乾燥までに2日程かかり、完全硬化するまでにさらに時間がかかります。
入居までのスケジュールに余裕が無い場合は注意が必要です。

美観を長期間保つのには不向き

シリコンコーティングは摩耗に弱く、スリッパを利用するお宅や、家具の引き傷、ペットの爪傷などに弱いので注意が必要となります。
シリコンコーティングは光沢が強く美しい艶が魅力ですが、経年劣化が激しく紫外線に弱いこともあり床の劣化や変色が見られることがあります。
したがって長期に渡って美観を保つという目的で施工される方には不向きだと考えられます。

以上がシリコンコーティングの特性です。