ワックスフリーの床にワックスを塗ると

最近のフローリングはワックスフリーといってワックスが必要ない床がほとんどです。けれども何もしてないと不安でワックスをしてしまう人も多いようです。しかしこれが逆効果で、かえって汚れやすくなったり、滑りやすくなったりしてしまいます。クイックルワイパータイプのワックス成分はすぐ取れてしまいますが、中には本格的なワックスを掛けてしまう人も。これが実は大変な事になるのです。

ワックスフリータイプの床はシートフロアが多いですがこれにワックスを掛けてしまうと、ワックスはある程度期間が経つと定期的な塗り直しが必要です。その時今までの汚れを一度除去するためにはワックスを剥離をしなければなりません。この時大量の水でワックスを取り除いていくのですが、シートタイプだと水を含んで膨らんでしまうタイプのものがあります。ある程度乾燥すれば凹むのですがその時皺が出たり歪んでしまったりします。こうなると戻すのは困難でフローリングの部分交換になってしまいます。

こんな事にならないようにワックスフリーの床にはワックスをしないように厳守しましょう。それでもやってしまう人が多いのでワックスフリー対応ワックスというものも出ています。多分水拭きで簡単に取れるような気休めのようなものですが需要があれば供給が生まれるのでそういう商品が出てきます。

本格的に床を守りたいならワックスフリーの床にもフロアコーティングが向いています。フロアコーティングならワックスフリーの床にも塗れますので床の汚れや傷から強く守ることができます。

稀に相性が良くない床もありますのでお問合せしてください。またフロアコーティングをする場合はワックス剥離が必要なのでワックスがしてあると上記の理由で出来ない場合もありますので、ワックスフリーの床には絶対ワックスをしないようにしましょう。

お電話でのご連絡は
free tell 0120-829-151

フロアコーティングの
お申込み・お問合せ