種類によって変わるコーティングの特徴

top5つのメリット施工の流れよくあるご質問お客様の声フロアコーティング価格

フロア
コーティング
可能床材一覧

床材が施工できるか
今すぐチェック!

EPCOATフロアコーティング

EPCOAT ガラスコートとワックスの違いや優れた点について

施工の流れ

お客様からお問い合わせから、施工が完了するまでのながれ

よくあるご質問

お見積もりや施工、メンテナンス、アフターなど、よくある質問

お客様の声アンケート

弊社をご利用頂いたお客様の声アンケートのご紹介します

担当クルー紹介

お客様を担当させて頂く、弊社クルーをご紹介いたします

お支払い・ペイパルについて

ペイパル、各種お支払い方法。施工までの決済方法など

安心フロアコーティング

ジェブの施工はなぜ安心なのか?他との違いを詳しく説明

フロアコーティングいろいろ

フロアコーティングに関係するいろいろなこと

option クロスコーティング

タバコのヤニや手垢など汚れからクロスを守るコーティング

option フッ素コーティング

浴室・キッチン・洗面所・トイレの汚れを防ぐコーティング

option 防カビコーティング

浴室やクローゼットなどカビの発生を防ぐコーティング

option EPTCOAT 防臭

壁のコーティングで不快臭を分解。新しい消臭・防臭コーティング

フロアコーティングの種類

フロアコーティングの種類や特徴、ワックスとの違いについて

フロアワックスとは

ワックスのメリット・デメリット、一般家庭用と業務用の違いなど

フロアコーティングの必要性

ワックスとコーティングの違いとその必要性について

フロアコーティングの価格

価格によるメリットやデメリット、他社との違い、その経済性

ワックスとコーティングの違い

ワックスとコーティング、その違いと特徴を詳しく解説

フロアコーティングの理解

フロアコーティングを正しく理解して長持ちに使いましょう

無垢フローリングの再生

イーピーウッドコート

傷んだ床を張り替えずに新品同様!床の耐久性も上がります

お家いろいろブログ
家の簡単・便利役に立つお手入れ情報
全国対応
これがフロアコーティング!
各地のショールームで本ものを
ご体感してみてください!
東京 New Open !
横浜
埼玉
千葉
名古屋
大阪
福岡

ペットと暮らす

ペットと暮らすポイントやトラブル対策についてご紹介

フロアコーティング適性診断

あなたにピッタリのコーティングが分かる適性診断テスト

アフターメンテナンス

施工後に起きる問題も補修対応致しますので安心

カスタマーサービスご質問

施工後によくあるお問い合わせ内容をまとめました

お客様の声-テキスト編

弊社をご利用頂いたお客様のアンケートの声、テキスト編

イベント・社内行事など

イベントや社内行事など、代表のTV出演なども

フロアコーティングのサービス地域

携帯版サイト アクセス方法

進化したエコロジー洗浄剤!
EP CLEANER
amazonストアでご購入いただけます
お客様の情報をお守りする為ジェブでは
サイト全体で通信を暗号化(SSL)しています

コーティングの種類と特徴
basic knowledge

  1. >
コーティングのメリット・デメリットと比較
床コーティングにもたくさんの種類があります。特徴を知って比較検討しましょう。向き不向きで種類と価格が変わります。

コーティングのおすすめ

床のコーティングの種類

床のコーティングと言っても、その素材により有機系コーティングと無機系コーティング、大きく二つの種類のコーティングに分けられます。有機系コーティングは、有機物(ウレタン)素材を塗料として使っており、その配合割合によって時間の経過と共に劣化し黄色く変色します。一方、無機系コーティングは、一般にガラス素材を塗料としたものを言い、劣化や変色はしません。ただし、少量のガラス塗料を混合する事で「劣化しない無機系コーティング」とうたっている商品もありますので、第三者公的機関の試験結果証明書類を見せてもらい、その耐久性を確認、比較する事をお勧めします。

<コーティング剤の種類>

有機系コーティング
種類 素材 耐久性 劣化・変色
高濃度ウレタンコーティング 業務用ワックス 2年程度 する
水性ウレタンハードコーティング 水性塗料 3年程度 する
シリコン配合ウレタンコーティング 1液性シリコン配合ウレタン塗料 5年程度 する
ウレタンハードコーティング 2液性ウレタン塗料 10年程度 する
UVウレタンコーティング UV硬化剤使用2液性ウレタン塗料 10年程度 する
無機系コーティング
種類 素材 耐久性 劣化・変色
EPCOAT 1液性常温硬化型塗料 30年以上 しない
ガラスコーティング 1液性常温硬化型塗料 20年以上 しない

床のコーティングそれぞれの特徴

有機系コートの中で比較すると一番の耐久性があると評判のウレタンハードコーティングですが、実はあまり普及していません。ウレタンハードコーティングは比較すると施工が難しく、失敗時にリカバリすることが出来ないことが要因です。また、UVコーティングのデメリットは、太陽光に弱く、陽のよく当たる部分は、ひび割れなどを起こしますので、窓ガラスのUVカットフイルム施工と併せて施工する必要があります。またシリコンタイプは耐久性が弱いです。アクリルはワックスに分類されます。向き不向きによってコーティングの必要性が変わりますので十分に比較して選ぶことが大切になります。

ウレタンハードコーティング デメリット
施工が難しくムラができやすい。耐久性も高くなく汚れやすい。
UVコーティング デメリット
太陽光に弱く、ひび割れなどを起こす。光沢が強くギラギラ光る。

ガラスコーティングは、業者によって原料の液体ガラスの希釈率が違います。原料を大幅に希釈して安価で提示してくる業者もいますので、ガラスコーティングだからと言って有機系コーティングよりも耐久性があるとは限りません。第三者公的機関の証明書を提示してもらうなどして耐久性を比較されることをお勧めします。

有機系コーティング
種類 特徴 その他
高濃度ウレタンコーティング ・汚れやすく、また、汚れが落ちにくい
・傷が付きやすい
・水や薬品に弱く白く変色する
・水拭きが出来ない
水性ウレタンハードコーティング ・汚れやすく、また、汚れが落ちにくい
・傷が付きやすい
・表面が弱く傷がつきやすい
・水性なので薬品に弱い
シリコン配合ウレタンコーティング ・汚れにくく、また、汚れが落ちやすい
・耐薬品性が有る
・艶の調整が可能
・施工が簡単(リカバリ可能)
ウレタンハードコーティング ・汚れにくく、また、汚れが落ちやすい
・耐薬品性が有る
・有機系では1番の耐久性
・施工が難しい(リカバリ不可)
UVウレタンコーティング ・汚れにくく、また、汚れが落ちやすい
・耐薬品性が有る
・太陽光(紫外線)に弱い
・艶が出る
無機系コーティング/caption>
種類 特徴 その他
EPCOAT ・汚れにくく、また、汚れが落ちやすい
・耐薬品性がある
・耐傷性がある
・滑り止め効果がある
・塗膜が薄いので艶が出にくい
・紫外線50%を遮断する
ガラスコーティング ・汚れにくく、また、汚れが落ちやすい
・耐薬品性がある
・耐傷性がある
・滑り止め効果がある
・塗膜が薄いので艶が出にくい
・液体ガラス原料量が少ない

コーティングの剥離について

床材の破損や塗り直しの為、一度塗ったコーティングを剥離する必要が出てくる場合があります。コーティングは、その種類によって剥離出来るものと出来ないものがあります。また、技術的には可能であっても、非現実的な費用がかかるなど、実質的にはフローリング張替えを余儀なくされるものがありますのでよく比較検討する必要があります。

有機系コーティング
種類 剥離にかかる日数 備考
高濃度ウレタンコーティング 半日程度 定期的な施工が必要な為、剥離は必須
水性ウレタンハードコーティング 4日~7日 剥離は可能だが非現実的な費用がかかる
シリコン配合ウレタンコーティング 6日~10日 剥離は可能だが非現実的な費用がかかる
ウレタンハードコーティング 剥離不可 経過年数3年以上部分補修不可
UVウレタンコーティング 剥離不可 経過年数3年以上部分補修不可
無機系コーティング
種類 剥離にかかる日数 備考
EPCOAT 剥離不可 部分補修は可能
ガラスコーティング 剥離不可 部分補修は可能

コーティングの原料比較と価格

コーティングの原料は、その耐久年数に比例して高くなっています。ただし、有機系コーティングの中で1番耐久性の高いウレタンハードコーティングについては、その生産量の多さから比較すると原料が他の塗料よりいくぶん安くなっていますが、施工に技術を要する為、施工価格は他よりも高くなる傾向があります。

有機系コーティング
種類 原料原価 耐久性
高濃度ウレタンコーティング 1㎏当たり 約667円~ 2,770円 2年程度
水性ウレタンハードコーティング 1㎏当たり 約2,000円~ 8,000円 3年程度
シリコン配合ウレタンコーティング 1㎏当たり 約5,000円~ 12,000円 5年程度
ウレタンハードコーティング 1㎏当たり 約2,000円~ 5,000円 10年程度
UVウレタンコーティング 1㎏当たり 約2,000円~ 10,000円 10年程度
無機系コーティング
種類 原料原価 耐久性
EPCOAT 1㎏当たり 75,000円 30年以上
ガラスコーティング 1㎏当たり 50,000円 20年以上

ページの先頭へ戻る