フローリングのメリット、
デメリットについて

木材が持つ独特な風合いであったり、温かみから人気を集めているフローリングですが、水分に弱く手入れを間違えてしまうとフローリングの寿命を縮めてしまうなど、良い部分もあれば悪い部分もあります。
そこで、今回はフローリングのメリット、デメリットについて、いくつかご紹介させていただきます。

フローリングのメリット

まず、メリットからですが、主に温度調整機能や静電気防止、他にも断熱能力や防音性等が挙げられます。
また、木の種類によって効果も違いがあるのですが、殺菌能力や消臭効果、抗菌効果に優れています。
風合い以外にもこれらのメリットがあるのですね。

フローリングメリット

フローリングのデメリット

逆にデメリットですが、フローリングは木材ですので水分に弱いです。
これが一番のデメリットではないでしょうか。
液体をこぼしたままにしておくとシミになり見た目が大きく損なわれるほか、腐食やカビ発生の原因となってしまいます。
ですので、湿気や水分の取り扱いには注意が必要です。

フローリングデメリット

他にも、経年劣化で床が反ってきたり、日焼けや劣化による変色、ひび割れ、腐食等のデメリットがあります。
床材の伸縮やたわみ等で床鳴りが発生してしまうこともあるようです。

フロアコーティングでデメリットを改善

ただこれらのデメリットの中には、フロアコーティングをすれば改善できるものもあります。 フローリングをお考えの方は、併せてフロアコーティングも選択肢としてご検討くださいね。

いかがでしたか? メリット、デメリットを十分抑えた上で、フローリングをお試しになっていただければと思います。 最新技術の無機質ガラスコーティング「EPCOAT」もぜひ選択肢の一つに加えてくださいネ。

フロアコーティングでデメリットを改善