ガラスコーティングの特徴

ガラスコーティングの特徴

ガラス薄膜でフローリングを保護

ガラスコーティングは、ガラス薄膜をフローリングの表面に強固に形成し、傷や紫外線からフローリングを守る方法です。
一般に無機系のガラス素材を塗料としたものをいい、有機系コーティングと違い、劣化や変色が起こらないのが特徴です。
ガラスコーティングの耐久性や耐傷性は非常に高く、耐用年数は20年以上で日常的な家具の引き傷、ペットの爪傷からフローリングを守ります。

有機系塗料は、安価で容易に扱えますが、フローリングとは有機系同士であるため親和性があり、汚れが染み込み、劣化します。
また、毒性が高く、人や環境に悪影響を及ぼす可能性があるなど、安全性において心配があります。
無機系塗料は劣化しにくく、人や環境に害がありません。
またや耐薬品性も兼ね備えているため、ペットを飼われていたり、小さなお子様、お年寄りがいらっしゃるご家庭にも適しており、安心して使えます。

艶を抑えたマットな仕上がりが特徴のガラスコーティング

艶を抑えたマットな仕上がり

光沢感が弱く、マットな仕上がりになるのもガラスコーティングの特徴で、 ツヤが出ずフローリングの質感を活かした自然な仕上がりになるため、 それを好んでガラスコーティングを選ぶ方も増えています。

フローリングは、室内装飾ではありませんが、お部屋の美観を左右する一つの要素です。
北欧テイストやナチュラルテイストのインテリアとよく調和し、美観を損ねることのないフローリングが実現します。
家具インテリアとフローリング、その全てでまとまりのある室内空間をつくることで、より豊かで気持ちの良い毎日を過ごすことができるようになるでしょう。

ガラスコーティング【EPCOAT】施工例 ガラスコーティング【EPCOAT】施工例

他のフロアコーティングと比べて高額な理由

ガラスコーティングは他のフロアコーティングに比べて高額で、会社により様々な価格差があります。
比較サイトから資料請求した方は、その価格差に驚いているのではないでしょうか?
その価格の違いは、主に原料のガラスと溶剤のスペック、施工技術の高さで決まります。

ガラスをより薄く強固に塗布するためには、バインダーと呼ばれる稀釈剤のスペックと成分配合が重要で、それぞれの企業秘密となるところです。
ガラスコーティングだから、一概に耐久性が高いわけではありません。
過度に希釈した液剤を使用すると、ガラスコーティングでも割れたりヒビが入る場合があります。
第三者公的機関の証明書を提示してもらうなどして、耐久性を比較しておくと良いでしょう。
ガラスコーティング【EPCOAT】の性能は第三者機関によって証明されています。

以上がガラスコーティングの特性です。