ウレタンハードコーティングの特徴

ウレタンハードコーティングは耐久性が高く安価

ウレタンハードコーティングは素材に2液性ウレタン塗料というものを使用しており、有機系コーティングの中でも耐久性に優れています。
汚れにくく、汚れが落ちやすいという特徴もあり、その耐久年数は10年程度といわれています。
原料価格も無機系コーティングに比べると大幅に抑えられますし、有機系コーティングのシリコン配合ウレタンコーティングやUVウレタンコーティングよりも安価にできます。

フローリングイメージ

ウレタンハードコーティングが普及していない理由

耐久性があり安価であると考えると、かなりお得なように思えます。
しかし、ウレタンハードコーティングは一般的にあまり普及していません。
その原因としてあげられるのは、施工が難しく、失敗するとリカバリーができないということです。

施工が難しく補修が不可な場合も

施工後に床材の破損や塗り直しをするためコーティングを剥離しようとしてもコーティングをしてから3年以上経過している部分の補修が不可能な場合があります。
補修が不可であるということは、床材が破損した時、フローリングの張り替えが必要となってしまうということです。

つまり、原料価格は安価ですが施工に技術を要するため、結果的に施工費金額が他より高くなってしまうという傾向があります。
施工業者に高い技術力が求められ、不慣れな業者に依頼すると施工不良が発生しやすくトラブルの原因となってしまいます。

以上がウレタンハードコーティングの特性です。