UVウレタンコーティングの特徴

UVウレタンコーティングの
特徴

高い耐久性と
艷やかな仕上がりが特徴

UVウレタンコーティングはウレタンハードコーティングと同じくらいの耐久性をもち、その耐久年数は10年程度といわれています。
UVフロアコーティングの特徴は、短時間で施工が完了することです。
紫外線照射から数秒で硬化するため、養生期間を多く必要とせず即日入居が可能なケースもあるようです。
UVフロアコーティングの仕上がりは、床がピカピカになるほどの光沢感があり、 グランドピアノの表面に例えられるほどの高級感を味わえる仕上がりです。

グランドピアノ

UVという名前から生じる誤解

高い耐久性に速乾性、光沢感あふれる仕上がりとメリットがある反面、デメリットも多いコーティング剤でもあります。
まず大きなデメリットとしてUVという名前から生じる誤解と現実とのギャップです。
その名称から、紫外線を防止する効果を持っていると思われがちですが、 実際はUVコーティングを塗布した後、硬化(表面を固める作業)時にUV照射機を当てながら硬化するため、 UVコーティングと呼ばれるようになりました。
UVウレタンコーティングは太陽光に弱く、日の良く当たる部分がひび割れを起こしてしまうという特徴があります。
紫外線のカット機能があるかどうかは、含有される成分によって異なるので注意が必要です。

UVウレタンコーティング施工イメージ

光沢の好みや
メンテナンス時には注意も

また、コーティングの艶は出るのですが、艶の調節はできません。
それにより光沢が強くなってしまいギラギラ光りすぎてしまうというデメリットも挙げられます。
さらには、経過年数が3年以上の場合、剥離ができないという特徴も持っており、コーティング剤だけを塗り直すことができず、 劣化した場合はフローリング自体を張り替える必要が出てくるのです。

店舗など10年程度で改装することを前提とした場所や、保護より装飾を重視するのであれば、 ピカピカに艶のでるUVウレタンコーティングがオススメです。

カンタン1分見積依頼 お問い合わせ・資料請求