キッチン、トイレにフロアコーティングが効果的

キッチンにはフロアコーティングが効果大

キッチンは水こぼれや汚れが一番付きやすい場所といえます。いろんな物も落ちるで床はかなり傷みやすいでしょう。長い間には相当傷みが進んでしまい気が付いたら傷だらけに。そんな事態を少しでも軽減できるのがフロアコーティングです。様々な調味料や料理のソースや熱い油などにも強い耐性を示します。

こんな重宝なものなら絶対やらない理由がありません。床の張替期間を延ばす事が出来れば張替え費用を浮かす事が出来るかもしれません。いずれにしても張替えまでの出費を延ばす事が出来ますので大変お得なのです。

フロアコーティングはトイレにも効果的

トイレにもフロアコーティングは大活躍。水濡れなどが多い床は腐蝕が進みやすいのでフローリングのトイレにもフロアコーティングは効果的です。耐水性があるので水の染み込みを防ぎ、汚れや腐食を防ぎます。汚れも簡単に取れるので掃除も楽々になります。ただし防水機能ではありませんので大量の水が溢れた場合は速やかに水を取り除き乾燥させる必要があります。

日常の使い方ではフロアコーティングは水回りのフローリングの寿命を大幅に伸ばす事ができるのです。トイレをはじめキッチンなどにもフロアコーティングは掃除も簡単になり絶対やった方がお得です、張替までの期間も長くなりますから。

キッチンやトイレなど水回りのフローリングにはフロアコーティングが絶大の効果を発揮します。自宅の施工にフロアコーティングを考えてみてください。

良質なフロアコーティングとは

仕上がりが綺麗で長期間効果があるのが最高の良質なフロアコーティングです。その中でもガラスコートは耐久性が30年以上ありますので綺麗な状態が長期間続き効果も一番持続するのです。効果がある間は簡単な拭き掃除で汚れが簡単に取れるので綺麗な状態を保てるのです。

コーティングというのは長期間効果があって初めて意味があるものです。直ぐに効果がなくなってしまったら、そもそもやる意味がありません。だから家具が無い状態や引越し前にやる意味が生じてきます。

そんな中、耐久性が余りないコーティングを扱う施工会社がありますがそういうのはどういう事なのでしょうか。耐久性がなくて効果がなくなってしまったら再施工になってしまいますが、また家具の移動や剥離が必要になってしまいます。

それではフロアコーティングの意味がないわけです。最初の一回の施工だけで30年以上耐久性があるもの。それこそがフロアコーティングが効果を発揮すると言えるのです。それに当てはまるのが、ガラスコート EPCOATなのです。

フロアコーティング効果についての考察

フロアコーティングする事によって何が変わるかというと

床の表面に保護膜を形成する事によって床に傷が付きにくくなり、床に汚れが染み込まずコーティングの上に留まるので床自体が汚れません。コーティング上の汚れは簡単に拭き取ることができ、通常の汚れは雑巾等の水拭きで簡単に取れます。油性マジックなども除光液を使っても床が傷まないので簡単に取ることが出来るので他のどんな汚れでも取ることが出来ます。

その事によって普段の掃除が簡単になる事の効果は絶大です。お掃除は日常で床の汚れなどは頻繁に起こりますので毎日の家事のかなりの低減になります。

しかもワックスなども必要無いので定期的なワックスがけも必要無くなり、ますます家事の低減につながります。それでお部屋が綺麗に保てるので現代の家の必需品と言ってもいいかもしれません。

新築の家には特に効果的ですので入居を考えている方はぜひフロアコーティングをその際に考えてみてください。