フロアコーティング比較ではガラスコーティングが圧倒的な差

耐傷性試験ではUVコーティングの10倍以上の差で圧倒

■UVコーティングなど他社製品との耐傷性試験結果

商品名 主原料 ブラシ洗浄回数 塗装面の状態
EPCOAT 液体ガラス塗料 20,000回 変化なし
UVコーティング 2液性UV硬化型ウレタン塗料 2,000回 塗膜に傷あり
油性ウレタンコーティング 1液性油性ウレタンコーティング 1,000回
水性ウレタンコーティング 1液性水性ウレタンコーティング 200回
高濃度ウレタンコーティング 業務用ウレタンワックス 20回
試験方法JIS K 5663:2003(ブラシ総質量450g 洗浄液0.5%石鹸水溶液)

 

UVコーティングでは2,000回でキズが生じ始めるのに対し当社のガラスコーティング EPCOAT は20,000回でも傷が付きませんでした。

そして無機質ガラスの特性として長期間形質が変化しないので30年以上の耐久性が実現します。

比較すれば確かな性能差で他のコーティングを引き離すガラスコーティング EPCOAT。自宅の床を確実に守ります。

フロアコーティングは床を守ってくれる安心感が違います

床、フローリングを何もしないまま生活すると汚れや傷などが直ぐに付いてしまいます。毎日生活する所だから目にもつきますし気にもなります。掃除もするのもしつこい汚れだったら大変。また何もしていないフローリングは汚れが床に染み込んでしまい中に入ってしまうと染みになってもう取れなくなってしまいます。そこで役に立つのがフロアコーティングなのです。

フロアコーティングがバリアとなって内部への侵入を防ぎ、汚れを表面上に留めます。汚れはフロアコーティングの上部に浮いている状態になりますので雑巾などで簡単に拭き取る事が出来るのです。

また柔らかい傷つきやすいフローリング表面を守り細かな傷を防ぎます。重量物などの凹み、大きな衝撃による抉れ等は防げませんがそういう場合でもアフターの中で補修対応をさせていただきますので、フロアコーティングをする事によって床の状態がずっと安心な状態が続くのです。

何かあっても大丈夫は暮らしの中で大きな安心感を生み出します。くつろぎがある豊かな暮らしをフロアコーティングがお届けします。

キレイナクラシ-きれいな暮らしをフロアコーティングがもたらします

フロアコーティングは床が簡単にきれいになるのでいつもきれいな床を維持するのも難しくありません。いつも床がきれいだと他の部分もきれいに保ちたいもの。こうして部屋全体がいつもきれいな状態に保てるならとっても良い事だと思います。

逆に、床の汚れが目立ってしまうと他の場所の掃除もやる気がなくなってしまいます。やはり床はお部屋の基本ベース。お部屋のキレイは床から始まります。

フロアコーティングすることによってお部屋を綺麗にするというが高まります。もちろんお部屋を綺麗に保ちたいという人がフロアコーティングを選択すると思いますからフロアコーティングをしている家はきれいな家が多い傾向にあるとは思います。

それでもフロアコーティングがきっかけとなってお部屋が綺麗な状態を保つようになったらと考えればそれに越したことはありません。ものを大事にしようと思う事から床を守るという考えにつながり、フロアコーティングをしようと考えると思います。ものを大切に使うという発想がフロアコーティングのもとになっています。

床を守る対策はフロアコーティングがおすすめ

床を守るのにマットやカーペットなどは効果的ですが、床全体の保護をするならフロアコーティングがおすすめです。フロアコーティング全体を保護しますから、将来にわたって効果的です。重い衝撃などには耐えられませんからその上に絨毯などをひけば完璧です。

フロアコーティングの効果はフローリングの耐用年数を上げる事にあります。フローリングは水に弱いので汚れた水が染み込んでしまうとそこから傷みが生じやすくなります。フロアコーティングは防水ではありませんが、耐水性がありますので水をこぼした後、直ぐに拭き取れば問題ありません。また水の染み込みがないのでフローリング面を傷めません。

フローリングのベース面を保護するものとしてフロアコーティングは寿命を延ばし張替えなどの期間を延ばす事が可能なので将来のコスト的にも費用を抑える事に繋がります。

フローリングワックスまだしているの?

フローリングにワックスを掛けている人はまだいますか?フローリングのお手入れに昔からワックスは定番でしたが、最近はそうでなくなりました。そもそも最近のフローリングはワックスフリーやノンワックスタイプが主流になっています。しかしそうとは知らずワックスを掛けてしまう場合も多いようです。

しかし、そういうワックスフリーのフローリングはワックスが染み込まないタイプですので表面にワックスがいつまでも残ってしまうので、かえって滑りやすくなって危険な状態になる事もあるので注意が必要です。もう一度ご自宅のフローリングがどういうタイプか確認してみましょう。

やはり、ワックスフリーと謳われていても、何もしないのは不安な人が多いようでワックスが要らないワックスフリーですがワックスフリー用のワックスが出ていたりします。

しかしどうしても何もしないでフローリングをメンテナンスするのは頼りない感じで裸のまま使っているような感覚でしょうか。そういう方にもフローリングを更に保護するためにもフロアコーティングは最適です。一般にワックスフリーのフローリングはシートタイプのフローリングですので表面が薄いシートで傷などに弱いのです。それを更に強化する事ができます。

また定期的なメンテナンスが要らず一回すれば長期間フローリングを守り続けますので家事の労力の軽減にもなります。フローリングの床にはぜひフロアコーティングをご検討ください。