フロアコーティングの疑問と答え

特にフロアコーティングの疑問が多い項目をまとめてみました。

疑問 答え
一番耐久性があるコーティングは ガラスコーティング
一番傷に強いコーティングは ガラスコーティング
一番光沢が強いコーティングは UVコーティング
一番薄いコーティングは ガラスコーティング
一番長期間変化しないコーティングは ガラスコーティング

解説
一番耐久性があるコーティングはガラスコーティングです。それは他の疑問の内に自ずと明らかになります。

  • 一番傷に強いのは硬度6H以上のガラスコーティングです。UVは4~5Hです。
  • 一番光沢が強いのはUVコーティングです。日中は眩しく輝いて目に痛い程です。
  • ガラスコーティングはコーティングの中で一番薄く、その薄さで他のコーティングより強い強靭な塗膜ですので床への違和感がなく質感が変化しません。
  • ガラスコーティングは無機質なので長期間でも形質変化を起こさず脆くなったり変色しません。UVコーティングは有機質ですので変色します。また紫外線などで硬化が日々進んで脆くなりがちです。

この結果からご家庭に一番合っているフロアコーティングはガラスコーティングという事が分かります。

ジェブのEPCOATは無機質ガラスコーティング、上記の条件を全て備えた最良のフロアコーティングなのです。

フロアの耐久性についての考え

フロア耐久性、床の耐久性について考えてみましょう。一般的に床、フローリングの耐久性は10年~20年と言われています。フローリングの種類によっても変わりますが、生活スタイルによっても大きく変わってくると思います。ペットや活動期のお子さんがいらっしゃる家庭ではやはり傷みが早くなることでしょう。

しかし少しでも床の寿命が伸ばせるとしたら大変助かるのではないでしょうか。そこでフロアコーティングが注目されています。新築時にフロアコーティングをすると傷を減らし床への汚れの染み込みが無いので床の寿命を延ばす事ができます。寿命が延びるだけでなくその間お掃除が簡単になるのも大変魅力的です。

床に汚れが染み込まず、耐水性*もあるので床材が傷まないので床材自体の寿命も延びます。フロアコーティングをする事によって床の寿命が30年位になるので経済的にもお得であるばかりでなく、環境的にも産業廃棄物を減らす事に繋がります。

フロアコーティングは当社のEPCOATの場合、余裕を持って30年以上の耐久性がありますので殆どの床材の寿命を延ばす事になります。もちろんフローリング自体の耐久性が短い場合はそこまでは無理ですが、元のフローリングより寿命を延ばす事が可能です。

フローリングを少しでも長く使いたい、張替までの期間を延ばしたいとお考えの方はフロアコーティングをぜひご検討ください。

*耐水性はありますが防水ではありませんので大量の水は防げません

フロアコーティングはフロアコーティング専門のジェブへ

フロアコーティングは様々な業者が参入しています。家の清掃関係、ハウスクリーニング業者や近くの工務店が兼業で行っている場合もあります。しかしジェブはフロアコーティング専門の専業会社であります。他のサイドビジネスで行っている所とは技術もノウハウも違います。フロアコーティングの全てを知り尽くしている会社だからあるゆる問題に熟知しています。

特に住宅関係では新しい材料や技術が矢継ぎ早に開発されていきますので常に環境の変化に対応を迫られます。ジェブでは常に新しい床材への検証を行い最適な施工を実施しています。またこれまでのノウハウを蓄積していますので過去にあった膨大の問題点を検証し常に最善の対応を研究しています。

他の兼業業者と違い、一年中フロアコーティングの事だけを考え、フロアコーティングの最高のものを常に追い求めている集団になっています。

ですから任せて安心。あなたの新居にもジェブのフロアコーティングをぜひお試しください。

フロアコーティング性能についての見方

フロアコーティング性能はどういう所を見れば分かるでしょうか。

ジェブはガラスコーティング EPCOATで高い性能を有しています。

まず耐傷性です。これは傷に対する強さを表します。ジェブのEPCOATではUVコーティングの10倍の耐傷性が認められており、UVコーティングよりはるかに傷が強いことが明らかです。

次に硬度です。EPCOATは硬度6H以上で一般的にUVコーティングが4~5Hなので更に傷に強くなっています。

次に耐久性です。EPCOATは30年以上の耐久性、UVコーティングが一般的に20年以上と表記されていますので更に長い耐久性があります。

次に無機質であること。有害物質を含まず安全です。また有機質と違って長い間にも形質変化を起こさないので脆くなったり変色しません。これが30年以上の耐久性を誇れる秘密です。

ジェブのフロアコーティングは以上のように高い性能を有していますので安心して施工をご依頼ください。

最高のフロアコーティングと最低のフロアコーティング

フロアコーティングというものはワックスとは違いフローリングの表面に硬い塗膜を形成して半永久的に効果が持続するものを云います。一時的な効果しかないワックスとは全く違うものです。所が中にはフロアコーティングと謳いながらワックスとあまり変わらないものがあります。

それは水性コーティングと呼ばれるもので、長いものでも2~3年位しか効果がありません。これではワックスと変わらず取れてきてしまったらまた再施工するしかありません。値段は安いかもしれませんが、こんなワックスと変わらないものをコーティングと称するのは混乱を招く元です。だからワックスとコーティングを混同する人たちが後を絶たないのだと思います。これは最低のコーティングというものではないでしょうか。

ジェブでは最高のコーティングと呼べるものを提供しています。30年耐久の耐久性。硬度6H以上の耐傷性。有害物質を含まない安全性。どれをとっても最高のフロアコーティングと呼べるものです。シリコンコーティングよりUVコーティングより優れた特性を示すガラスコーティング。それを採用するジェブのフロアコーティング EPCOAT はまさに最高のフロアコーティングと呼べるものです。

良いフロアコーティングの条件はどんなもの

フロアコーティングの良い条件はどんなものでしょう。

コーティング自体の条件

  • 耐久性が高く長期間効果が持続する
  • 硬度が高く柔らかいフローリングの表面を守ってくれる
  • 有害物質が含まれていないこと
  • 光沢が強くて眩しい光で目を傷めない事
  • 無臭無色で床の質感を変えないもの

施工の条件

  • 通常は1日で施工が終わるもの
  • 施工スタッフが訓練されていて安定した施工が行われる事
  • 前もって相談が出来ていて予定通りの施工が出来ること

施工後の条件

  • 施工後に問題があった時速やかに問題に応じてくれること
  • 施工後に付けてしまった傷にもアフターメンテナンス等で応じてくれる
  • 定期的アフターメンテナンスがあって安心が長く続く事

これらがフロアコーティングで良いと言われるものでしょう。
これらの条件を全て満たしているのがジェブのフロアコーティングです。

ジェブはやったら終わりのフロアコーティングではありません。施工後もお客様と親身となってお付き合いできる信頼できるフロアコーティングです。

フロアコーティング効果についての考察

フロアコーティングする事によって何が変わるかというと

床の表面に保護膜を形成する事によって床に傷が付きにくくなり、床に汚れが染み込まずコーティングの上に留まるので床自体が汚れません。コーティング上の汚れは簡単に拭き取ることができ、通常の汚れは雑巾等の水拭きで簡単に取れます。油性マジックなども除光液を使っても床が傷まないので簡単に取ることが出来るので他のどんな汚れでも取ることが出来ます。

その事によって普段の掃除が簡単になる事の効果は絶大です。お掃除は日常で床の汚れなどは頻繁に起こりますので毎日の家事のかなりの低減になります。

しかもワックスなども必要無いので定期的なワックスがけも必要無くなり、ますます家事の低減につながります。それでお部屋が綺麗に保てるので現代の家の必需品と言ってもいいかもしれません。

新築の家には特に効果的ですので入居を考えている方はぜひフロアコーティングをその際に考えてみてください。

最高級フロアコーティングはガラスコーティングのジェブ

最高級フロアコーティングはガラスコーティングのジェブです。耐久性が他のコーティングとは違います。これは無機質ガラスコーティングの為、化学変化が起こらず長期間でも脆くなったり変色しないのです。しかも硬度が6H以上でコーティングの中で一番傷に強い。

それだけでは他のガラスコーティングと余り変わらないように感じますが、施工の品質においても訓練された自社施工スタッフが施工を行いますので安定した品質が得られます。

その上ジェブは定期的なアフターメンテナンスを実施していますので施工後も良好な状態を維持できます。

これがジェブの安心の理由。他に真似できない一つ上のフロアコーティングをぜひご検討ください。

床の傷汚れを防ぐフロアコーティング

床傷汚れを防ぐフロアコーティング。新築に入居するならフロアコーティングを検討してみてください。

何もかも綺麗な新築のお部屋。しかし入居してしばらくすると直ぐに床に傷や汚れが目立ってきてしまいます。毎日人が歩く所ですから意外に傷みが早いのです。

フロアコーティングは柔らかいフローリングに代わって傷を防ぎ、汚れのバリアとなって染み込みを防ぎます。だから汚れが表面上に留まって簡単に拭き取れます。

家事の負担を減らしてくれるのもフロアコーティングの嬉しいところ。もちろんワックスがけの面倒な作業も要りません。

今の住宅の必需品、フロアコーティングを新築の際にぜひ考えてみましょう。

フロアコーティング掲示板の声

フロアコーティングの情報で掲示板などでも様々な意見がありますが、やらせだの反論やらで殺伐とした空気が漂っていて余り気軽にのぞくのも気が滅入ってしまう事もしばしば。なので代表的な意見を取り出してみました。

傷を気にしている人ばかりがコーティングする人ではないと思う。犬や猫は吐いたり漏らしたりする。子供がいると食べこぼしがすごい。だから掃除を楽にする為にする。

前は犬を飼っていて傷だらけ、おしっこがフローリングに染み込んで反りが出たりツヤが無くなったりした。引越しでフロアコーティングをした。おしっこの染み込みはなくなり拭き取り掃除が楽になった。傷は付くことはありますが細かな所を気にしなければメンテナンスや汚れを気にする事は無くなった。

やはりこういう意見は本音ベースと思われるので貴重な意見だと思われます。やはり手入れや掃除が楽になる所にフロアコーティングのメリットを感じているのかなと思います。