フロアコーティング施工は専門のスペシャリティが揃っているジェブへ

フロアコーティング施工には専門のスペシャリティが求められます。そこには塗って終わりだけではない柔軟な対応が必要になることが多いのです。ジェブではスタートよりフロアコーティング専門で施工を行ってきたのでフロアコーティングに関するあらゆる問題に熟知しています。ですから安心して施工を任せる事が出来るのです。

ハウスクリーニング屋さんやリフォーム屋さんが兼任でやっているフロアコーティングとは技術力が違います。フロアコーティングはフロアコーティング専門のジェブにお任せください。

フロアコーティング必要性は結局何を優先するかという事に

フロアコーティングの必要性というのは結局は何を優先するかという事になるかと思います。けれども経済性を優先するならフロアコーティングはかなり経済的なんです。というのもフロアコーティングをするとフローリングが長持ちするので張替えまでの期間を延ばす事が出来るからです。また家事労働もコストに含めるならお掃除が楽になって家事が軽減されるしワックスの重労働からも解放されるのでコストの軽減は計り知れません。

もちろんフロアコーティングをしても傷が全く付かないわけではなく少しずつ傷は増えていってしまいますが、やらないよりずっと少ないのです。比較できないから分かりづらいのですが。

また傷が直ぐ付いてしまって、それを目の前で毎日目にするのも気分が良いもではないと思います。フロアコーティングを受けると補修を含めてそういうサービスも受けられるので、やっても同じ、どうせ傷つくというのとは少し違うのです。

綺麗な状態が長く続く、より傷を少なくできる、経済的にもトータルで考えれば大幅な負担増にならない。こんな所を優先する方は、ぜひフロアコーティングを検討してみてください。

フロアコーティング比較ではガラスコーティングが圧倒的に差をつけます

耐傷性試験ではUVコーティングの10倍以上の差で圧倒

■UVコーティングなど他社製品との耐傷性試験結果

商品名 主原料 ブラシ洗浄回数 塗装面の状態
EPCOAT 液体ガラス塗料 20,000回 変化なし
UVコーティング 2液性UV硬化型ウレタン塗料 2,000回 塗膜に傷あり
油性ウレタンコーティング 1液性油性ウレタンコーティング 1,000回
水性ウレタンコーティング 1液性水性ウレタンコーティング 200回
高濃度ウレタンコーティング 業務用ウレタンワックス 20回
試験方法JIS K 5663:2003(ブラシ総質量450g 洗浄液0.5%石鹸水溶液)

 

UVコーティングでは2,000回でキズが生じ始めるのに対し当社のガラスコーティング EPCOAT は20,000回でも傷が付きませんでした。

そして無機質ガラスの特性として長期間形質が変化しないので30年以上の耐久性が実現します。

比較すれば確かな性能差で他のコーティングを引き離すガラスコーティング EPCOAT。自宅の床を確実に守ります。

床を傷だらけにしない為にできる事があるのです

床、特にフローリングは壁や天井と違って毎日歩く場所なので傷みが最も現れる所です。しかも色々な物が落ちたり、様々な衝撃に耐えたりしています。なので2~3年もするとかなり傷や汚れが目立つようになってしまいます。

それを防ぐのが床の表面を硬い塗膜で被ってしまう事、それがフロアコーティングです。これによって傷や少なくし汚れが染み込まないのでいつまでも綺麗な床を実現します。床の変形に対しては柔軟性があるので割れたりしません。なので凹みに対しては防ぐことはできませんが、小さな凹みの場合は補修で対応させていただきますのでフロアコーティングする事で床を最良の状態に保つ事ができます。

床は毎日目にする所ですので、気になる所です。そこをできるだけ綺麗に保つ事が出来るフロアコーティングをぜひ取り入れてみてください。

フロアコーティング比較では見積もりだけでは分からない

比較サイトなどで見積りを送ってもらったりする事は最初やられた方もいると思います。しかし何通も見積もりだけもらっても、それだけで判断するのは難しいと思います。値段だけでは実際の性能比較はできないからです。

値段が安くても性能が落ちてしまえば不安ですし、直ぐに効果が無くなってしまえば元も子もありません。ここはしっかりお会いして納得するまで話を聞いてみることをお勧めします。

ジェブではその為、お客様に直接会って詳しく説明する方法をとっています。またショールームを各地に設けて実際の状態を確かめられるようにしています。やはり生活で直接触れるものですから自分の目で確かめるのが一番です。

比較がいけないものではないですが、分からなくなってしまったらぜひジェブにご連絡ください。