日本と外国の床の認識の違い

床は英語ではフロアでこれはざっくりと言うと地面を指します。日本では床というと多くは家屋の床を指しますが時にはベッドを指す場合もあります。このように床の認識が外国と大きな違いがあるので床に対する観念が日本ではかなり変わります。

つまりフロアは外国では地面なので靴で入るのが当たり前なのです。しかし日本では時にはベッドの代わりにも呼ばれるくらいのものなので素足で入る場所になります。

これがフローリングの位置づけを決定的に外国と異なるものにしています。フローリングが地面と地続きの外国の感覚と、床は寝巻でゴロゴロする所という感覚の差が生じます。これがフローリングにフロアコーティングをするという独自のサービスを生み出しました。

ですから床は常に綺麗で清潔でなければならず、もちろん傷もできるだけ付けたくはないものとなります。いつも清潔に保つには汚れも付きにくい状態になってた方が良いわけでフロアコーティングの必要性が高まります。

このように日本の家屋にはフロアコーティングの需要がとても高い状態となっているのです。ですから、あなたにもフロアコーティングをお薦めします。

フロアコーティングの施工時間、施工日数

フロアコーティングの施工日数は1日です。(一般的な施工時間は約8時間)

もちろん施工面積がもの凄く広いとか荷物の移動が沢山ある場合など2日に亘る場合もありますが大部分の施工では1日で終える事ができます。

ですから引越しなどでは次の日から出来るようになっていますので慌ただしい日程でも対応できます。

ただ余裕を持って施工して頂くと完全に硬化してしっかりと本来の強度を発揮しますので安心して過ごせます。(引越しまでに中1日置くのを推奨しています)

たった1日の施工で30年以上床を保護しますのでコスパも非常に良いものです。全ての新築の方にお薦めできるサービスになっています。

床コートは床を保護して汚れにくくするフロアコーティングです

床コート、床コーティングは柔らかなフローリング等に行われるフロアコーティングになります。フロアコーティングはワックスとは違います。半永久的で一度施工すると長期間効果を発揮するものがコーティングというものになります。特にガラスコートは耐傷性が一番高く、耐久性が一番優れています。

床コートのコーティングはワックスと違い強固なバリア層を形成しますので床のキズを低減し、汚れの付着を防ぎます。だから例え汚れが付いても水ぶきで簡単に落ちますのでお手入れが簡単に。中性洗剤なども使わなくても殆どの汚れが簡単に落ちます。これは水ぶきでの二度拭きも要らずゴシゴシ擦らなくても良いので大幅なお掃除の低減になりますね。

特にフローリングの表面は柔らかな材質で出来ていますので、細かな傷や汚れには非常に効果的です。新築や綺麗な床を保ちたいと考えている人は直ぐにフロアコーティングで床のコートを検討してみてください。

良質なフロアコーティングとは

仕上がりが綺麗で長期間効果があるのが最高の良質なフロアコーティングです。その中でもガラスコートは耐久性が30年以上ありますので綺麗な状態が長期間続き効果も一番持続するのです。効果がある間は簡単な拭き掃除で汚れが簡単に取れるので綺麗な状態を保てるのです。

コーティングというのは長期間効果があって初めて意味があるものです。直ぐに効果がなくなってしまったら、そもそもやる意味がありません。だから家具が無い状態や引越し前にやる意味が生じてきます。

そんな中、耐久性が余りないコーティングを扱う施工会社がありますがそういうのはどういう事なのでしょうか。耐久性がなくて効果がなくなってしまったら再施工になってしまいますが、また家具の移動や剥離が必要になってしまいます。

それではフロアコーティングの意味がないわけです。最初の一回の施工だけで30年以上耐久性があるもの。それこそがフロアコーティングが効果を発揮すると言えるのです。それに当てはまるのが、ガラスコート EPCOATなのです。