フローリングとコーティングは切っても切れない関係

フローリングとコーティングは今や切っても切れない関係です。今のフローリングはメーカーから売り出されている時点で殆どが何らかのコーティング(塗装)がされています。これが一次コーティングでフローリングの弱い部分を補っています。ですからワックスは必要なくなっています。

じゃあなぜ更にコーティングが必要になるかと言うと、一次コーティングは最低限のキズや汚れを守るだけでフローリングの元の質感を出来るだけ変わらないようにしています。これがメーカーの限界でコストも上がってしまいますから最低限のコーティング処理しかしないのです。

そこで耐傷性や防汚性に優れた専用の二次コーティングが必要になるわけです。けれども殆どのフロアコーティングでは元のフローリングの質感が大きく変わってしまいます。特にUVコーティングではその差が大きく、元のフローリングとは全く違うギラギラ光る別物のフローリングになってしまいます。その中でも元の質感を失わないのがガラスコーティングになっています。ガラスコーティングは低光沢で耐傷性にも強く、耐久性も一番のものになっています。

そんな好評を得ているガラスコーティングですが更に光沢を抑えた、光沢が無いガラスコーティングが発売になりました。それがEPCOAT-M(イーピーコートマット)です。


殆ど光沢がないので、見た目は変わりの無いまま、EPCOATと同様の耐傷性と耐久性があります。今までコーティングはしたいけど、せっかく選んだフローリングの印象が変わってしまうからと諦めていた方にも大変お薦めなフロアコーティングになっています。

フロアコーティング剤、EPCOATの特徴

ジェブのフロアコーティングで使っているコーティング剤はEPCOATというガラスコーティングです。30年耐久で耐傷性はUVコーティングの10倍以上という最強コーティング剤です。

ジェブでは当初からこのEPCOATを使用し、メーカーであるエコパーフェクト社とも綿密に相談してこの液剤を知り抜いています。だからお客様の住宅でその日の気温、湿度、天気に最適な状態を熟知し最適なコーティングをする事ができるのです。

そこまでできるのもフロアコーティング専門店だからです。兼業で行っているクリーニング業者などとはそこが違います。

フロアコーティングは液剤メーカーとの結び付きや技術力の高いジェブのフロアコーティングをぜひお選びください。他社とは一段上の品質のフロアコーティングを施工致します。

フロアを30年以上守り抜く無機質のコーティング

無機質のガラスコーティングのEPCOATは床を30年以上守り、家のフローリングを傷と汚れから防ぎます。傷が少なくなる事によって汚れも付きにくくなります。それも硬度が高く傷が付きにくいから可能なのです。

フロアコーティングは気軽に出来るものではありませんが、せっかくやるなら一番効果が強いものにしたいですね。フローリングを守りながらお掃除も楽になるフロアコーティングは家を守る主婦、主夫の強力な味方です。

フロアコーティングを選ぶならガラスコーティングのEPCOATをぜひご検討ください。ツヤも控えめで大好評!ツヤなしタイプもあります。

フロアを傷と汚れから守る硬度6H~9Hの耐傷性が抜群のコーティング

それがガラスのフロアコーティングで他のフロアコーティングより優れた性能を発揮します。無機質であるため経年変化に強く、UVコーティングに見られるように脆くなったりしないので30年以上の耐久性を実現しました。

他のコーティングより硬度が高いので耐傷性に優れUVコーティングより10倍以上の繰り返しブラシ回数に耐える事ができます。掃除も簡単に取れるので家事の労力を大きく軽減します。

フロアコーティングで耐久性と耐傷性重視ならガラスコーティングをお選びください。そのガラスコーティングでも定評があるのがEPCOATです。フロアコーティングはEPCOATがお薦めです。

ツヤも控えめで大好評! ツヤなしタイプも選べます。

フローリングコートなら耐久性抜群のEPCOATで

フローリングコートはフローリングのコーティングの事です。コーティングとはワックスと違い完全硬化する液剤を塗布する事です。これは一度塗るとフローリングに強く密着してフローリングを強固に保護するものです。

フローリングコートにも種類がありますがガラスのフローリングコートがダントツで硬度があり傷からフローリングを守ります。耐久性も一番長く、無機質なので長期間でも形質変化しないので脆くなったりしないので長い耐久性を実現できます。

フローリングを守るなら耐久性一番のフローリングコート、EPCOATで決まりです。お掃除も拭くだけで簡単に汚れが落ちるようになり家事の負担を減らすので家を守る主婦たちの強力な味方です。