フローリングとコーティングは切っても切れない関係

フローリングとコーティングは今や切っても切れない関係です。今のフローリングはメーカーから売り出されている時点で殆どが何らかのコーティング(塗装)がされています。これが一次コーティングでフローリングの弱い部分を補っています。ですからワックスは必要なくなっています。

じゃあなぜ更にコーティングが必要になるかと言うと、一次コーティングは最低限のキズや汚れを守るだけでフローリングの元の質感を出来るだけ変わらないようにしています。これがメーカーの限界でコストも上がってしまいますから最低限のコーティング処理しかしないのです。

そこで耐傷性や防汚性に優れた専用の二次コーティングが必要になるわけです。けれども殆どのフロアコーティングでは元のフローリングの質感が大きく変わってしまいます。特にUVコーティングではその差が大きく、元のフローリングとは全く違うギラギラ光る別物のフローリングになってしまいます。その中でも元の質感を失わないのがガラスコーティングになっています。ガラスコーティングは低光沢で耐傷性にも強く、耐久性も一番のものになっています。

そんな好評を得ているガラスコーティングですが更に光沢を抑えた、光沢が無いガラスコーティングが発売になりました。それがEPCOAT-M(イーピーコートマット)です。


殆ど光沢がないので、見た目は変わりの無いまま、EPCOATと同様の耐傷性と耐久性があります。今までコーティングはしたいけど、せっかく選んだフローリングの印象が変わってしまうからと諦めていた方にも大変お薦めなフロアコーティングになっています。

フロアコーティング剤、EPCOATの特徴

ジェブのフロアコーティングで使っているコーティング剤はEPCOATというガラスコーティングです。30年耐久で耐傷性はUVコーティングの10倍以上という最強コーティング剤です。

ジェブでは当初からこのEPCOATを使用し、メーカーであるエコパーフェクト社とも綿密に相談してこの液剤を知り抜いています。だからお客様の住宅でその日の気温、湿度、天気に最適な状態を熟知し最適なコーティングをする事ができるのです。

そこまでできるのもフロアコーティング専門店だからです。兼業で行っているクリーニング業者などとはそこが違います。

フロアコーティングは液剤メーカーとの結び付きや技術力の高いジェブのフロアコーティングをぜひお選びください。他社とは一段上の品質のフロアコーティングを施工致します。

フロアコーティング シートフロア編

シートフロアとは

シートフロアとはシートフローリングとも呼ばれているフローリングの種類になります。最近のマンションでは9割がシートフローリングと言われるほど普及しているものです。価格が安く絵柄を自由に選べるので需要が急増しました。絵柄は印刷なのですが最近のは殆ど本物と区別できない為、幅広く支持されています。このように評価が高いシートフロアですが耐久性が余り強くないのが気になります。

シートフロアは水に強くなく、水をこぼしたまま放置してしまうと水膨れや歪みが生じてしまいます。また表面にEBコートという簡易的なコーティングが施されていますが余り強いものでなく傷や汚れに不安が残ります。

このEBコートによってワックスは必要ない事になっていますが、これはワックスを塗ってしまうと剥離するとき水を使う事になるので実質使えないというのが実情です。その為、専用のワックスも開発しているようですが効果も薄くなってしまいます。

このようなシートフロアの弱点を補う事が出来るのがフロアコーティングになります。予めEBコートがされているので、これより強いコーティングでないと意味がありません。そうなるとシートフロアには耐傷性が一番強いガラスコーティングが最良なのです。

シートフロアには一部、相性があるものがあるのでメーカーと製品名をお問合せください。シートフロアにはフロアコーティングで補強するのが最近のトレンドになっています。