フロアコーティング安心の訳は性能と技術とアフターメンテナンスから

フロアコーティング安心の訳は性能と技術とアフターメンテナンスから来ています。

まずは性能は硬度6H以上で耐傷性が高く床を傷から守ります。また無機質ガラスの安定した性質で性能が劣化せず安定的に30年耐久を実現しているので安心です。

施工技術も訓練された施工スタッフ社員が全て行いますので安定した品質が保たれます。長年のガラスコーティングを他社に先んじて行ってきたジェブならではのノウハウが豊富にあり殆どの床材に対応する安心施工です。

長期間のアフターメンテナンスもジェブの魅力、施工後も毎日使う中でのアクシデントにも安心です。他に例がない定期的メンテナンスを行っており日常で生じてしまった傷の補修などにも応じていますので大変安心できるのです。

このように3つの安心で他社にない安心を実現するジェブのフロアコーティングをぜひお選びください。

料理を作るのはシェフ、フロアコーティングはジェブ

フロアコーティングを探すにあたって社名を検索する事もあると思いますが、中々当社の名前を憶えてもらえないという問題があります。

ジェフとかジョブとかジャフとか言われてしまいますがジェブと検索してもらえないとネットでは見つけられません。

フロアコーティングは美味しい料理を作るシェフの様に綺麗な施工を仕上げるジェブと思っていただければ幸いです。

ジェブのフロアコーティングは30年耐久、丁寧、上手。性能も仕上がりも間違いなし。フロアコーティングはシェフに濁点を付けたジェブと覚えてみてください。

フロアコーティングはジェブで検索、でよろしくお願いします。

フロアコーティングの耐久性

フロアコーティングは性能や耐久性によって種類や価格が変わります。性能や耐久性が高いほど価格も高くなります。主なフロアコーティングと言えば、ガラスコーティング、UVコーティング、シリコンコーティング、ウレタンコーティング、水性アクリルコーティング等になります。

ここで価格が高めで高クラス帯のガラスコーティングとUVコーティングの料金について考察したいと思います。原料では一番高いのはガラスコーティングでUVはそれより安価な原料になります。それでも価格にあまり差が出ないのはUVコーティングに必要な紫外線照射器が必要になるからです。紫外線照射器で瞬時に硬化させるのですが上手にやらないと塗りムラが生じやすいこと。なので熟練した技術が求められるため人件費の高騰により施工料金が高めとなってしまうのです。

そうすると価格を抑えるためには原料を安くしなければならないので性能や耐久性が犠牲になります。元々UVは有機コーティングのウレタンコートがベースなので経年劣化が起こりやすく黄色く変色しやすいのです。だから多少安いからといって安易にUVコーティングするのは考えものです。

UVコーティングは強い光沢が特色ですので、どうしても強い光沢が必要な人は譲れないでしょうが、その場合は熟練した技術者、良質な原料、実績のある施工会社である必要があります。ここはしつこい位に確認しましょう。