フロアコーティング、東京は非常に多くの施工実績があります

東京

フロアコーティングは東京の23区を始め市部各地に非常に多くの施工実績があります。都市部はフロアコーティング施工需要が非常に高く、慌ただしい生活の中でワックスなんて掛けられないという要望の中で大変好評に迎えられています。

また掃除が簡単になるというのも都会生活者には大変魅力です。家事の軽減にもなるフロアコーティングは正に都会の味方なのです。

東京の皆様方には施工実績も大変多いジェブのフロアコーティングをお勧めします。床を長期に守ってワックス不要、都会生活者の忙しい生活を支援するフロアコーティングをぜひご体験してください。

フロアコーティングの東京でのご用命はショールーム東京

フロアコーティングの都市での特徴

東京

フロアコーティングはやはり人口密集地の都市部に集中し、大都市などは特に多いです。都会の慌ただしい生活で少しでも時短を求める都会生活でお掃除の手間を減らしてくれるフロアコーティングはまさに家を守る人の救世主です。

床をキレイに保つ事は埃を少なくし、埃も舞わないので健康にも良いので、風邪やインフルエンザの予防にもなります。定期的ワックスも要らないので労力と時間を節約できます。家具移動など人手がかかる作業が難しい都会では余計フロアコーティングのメリットが発揮されるようです。

また住居のフローリング率が高いのも都市部に集中する要因でしょう。都会生活とフロアコーティングはかなり相性が良いようです。

フロアコーティングと畳と文化

ひと昔?前まで日本の住居の床と言えば畳でしたが、今は都市部を中心にすっかりフローリングが当たり前になりました。どうしてこんなにフローリングが普及したのでしょうか。日本人の生活スタイルが洋風化したのが一番の理由ですが、しかし欧米のような土足化は定着しませんでした。これは日本の好きな何でも受け入れてその中からアレンジする精神が現れたのかもしれません。

ですから同じフローリングでも上履き文化?というか靴を脱ぐ習慣の中で独特のフローリング製品を作り上げました。中でもフロアコーティングは日本独特の物と言えるかもしれません。これは日本独特のラッピング文化とも重複するところがある感じです。中身を丁寧に包んで長く大事に使う事は広く様々な所で行われています。

上履き文化のフローリングは土足用のフローリングとは違い、上品で繊細な美しさを求められるようになりました。そんなフローリングを長く大事に使いたいという要求も自然に起きてきたものと言えるでしょう。土足では当然のワックスも日本では素足に触れることもあるのでより安心な物が求められるものも当然の帰結かもしれません。

フロアコーティングはその精神と機能性を併せ持った合理的な製品です。床を傷や汚れから守り、手足にも付着せず定期的なワックスも必要なく、フローリングを長く大事に使う事を可能にします。日本人のきれい好きにも合っていると思います。