間違っていた!掃除方法

子供の頃、時々掃除の手伝いをさせられました。
元々掃除嫌いなのに、夏はまだしも、冬は・・・寒い!
いつも嫌々、早く終わらせたくて手抜きしていたので
「四角な座敷を丸く掃いている!」と毎回叱られていた記憶が^^;

そんな、まったく良い記憶のない子供時代の掃除。
我家は寒い冬も、窓を開け放って掃いたり、掃除機をかけていたので
掃除はそうやってするものと、信じて疑わず
当たり前となり、今までずっとそうしていましたが
昨夜TVを見ていたら、その我家の常識を覆す情報が!!

「床掃除が終わってから窓を開ける」のが効果的という事です。

先に窓を開けてしまうと、床に落ちている埃が舞い上がってしまう。
その状態で、掃除機をかけたりモップかけるのは効率が悪いという
言われてみればなるほど!な理論。
どうして今まで気づかなかったのか・・・?です。

もうひとつ言われていたのが
「畳は夜掃除が良い」そうです。
その理由は・・・
ダニダニ
<イメージ>

ダニは夜になると活発に動くらしく、明るい間は暗い所に潜んでいる。
ゆえに夜、上に上がって来た所でお掃除するのが良いそうです。
そうは言っても夜、掃除機をかけるのはちょっと抵抗ありますよね?
その場合は、昼間和室の戸を閉め切ったりして部屋を暗くし
1時間くらいしてから掃除機をかけると良いとの事でした。

畳だけでなく、絨毯や起毛のカーペットもダニがもぐりやすい素材なので
同じ方法が良いかもしれませんね。

引越の日

今日10/13は引越しの日(全国引越し専門協同組合関東ブロック会)だそうです。

引越しはとても大変な作業だけれど、不要なモノを整理したり、キレイな環境で暮らし始める(いつもキレイなお家は変わらずですが!)良い機会だと思います。

 

■新居で気持ち良く生活を始められるように、やっておくと良いこと■

新しく建てた家も、リフォームした家も、通常は施工にかかわった業者さんが簡単なお掃除をしてくれているはずで、一見キレイに見えますが結構ホコリがあったりします。引っ越し作業や荷ほどきで、ホコリやゴミも出ますが、だからといってそのまま荷物を搬入してしまうと、汚れたままの場所に大型家具を置いてしまって、拭けない!なんて事もあるので、できれば事前のお掃除をおすすめします。

・まずは換気をしましょう!塗料や接着剤などの臭いが残っていて気分が悪くなる場合もありますし、空気を入れ替えるために部屋中の窓を開けて換気をしましょう。

・壁や床を掃除しましょう!壁は軽くホコリを払うようにして、床は掃除機をかけてから、拭き掃除。
※クロスコーティングをしてある場合は、ひどい汚れがあれば柔らかい布を使って水拭きや薄めた洗剤拭きもOK! ただし強くこすりすぎないで。※フロアコーティングEPCOATを施工してある床は、水拭き、洗剤拭きもOK!洗剤拭きの後は、必ず水拭きもしてくださいね。

・念のため水まわりもチェックしましょう!バスタブやシンク、排水溝など意外と目に付きにくい汚れが付着している事があるので、お掃除しておきましょう。
※水まわりのコーティングをしてある場合は、クレンザーやメラミンスポンジは使わないでくださいね。

 

■荷造りのコツ■

・引越までの生活があるので、すぐに使わない物から箱詰めする。

・箱詰めする時は変形防止のため重い物を下、軽い物を上へ。

・箱の重さは自分一人でも持ち上がられる程度を上限に、重たい物は小さなダンボールに詰め、軽い物は大きなダンボールに詰める。

・ダンボールの外側に中身が分かるメモや注意事項、引越し先で置きたい場所や、開封したい順番も(子供部屋3-1,3-2…、キッチン8-1,8-2…のように)書いておくと便利。

・引越し後にすぐ使用する物は専用のダンボールを作る(貴重品は自分で持参!)

経験上、やっておいて良かったと思ったのは、パソコンやTV周りなどの配線コードに「TV⇒レコーダー出力」のようにタグをつけておく。

 

■荷ほどきのコツ■

・大型家具は後で動かすのは大変なので、引越前に配置を決めておき、引越し業者さんに伝えておくとお互い楽です。ダンボールも、箱に書いてある場所へ置いてもらうようお願いしておくと、片付けが楽。

・一気に全部開かない。一気に開くと部屋が散らかって片付けしにくくなるので先に必要なものから順番に1箱づつが、結局早道。

・ダンボールは開いてまとめておく。
※立てかけておくと崩れたりするし、いちいち紐でゆわくのも面倒なので、大きなダンボールを箱状態にしておき、そこに開いてたたんだ状態でどんどん差し込んでいくと、場所も取らないし後で返却したり、廃棄する時も楽です!

 


 

個人差があるかもしれませんが、私は引越し前後の掃除、荷造りや荷ほどきのホコリで喉を傷め、疲れからかそのまま風邪に繋がってしまった経験があるので、以降荷造り段階からマスクを着用する事に。喉の弱い方にはおすすめします!そして、手もかなり荒れるので手袋をしての作業もおすすめします!

引越ぐったり

こんな風にならないよう、段取りよく無理なくお引越し、新居生活をスタートしてくださいね!