梅雨前に積極換気!

最高気温が30℃近い快晴が続いている関東ですが
沖縄はすでに梅雨入り、本州も6月上旬には梅雨入りとの予報。

溜まった湿気とホコリが合わさるとカビが発生しやすくなります。
カビは美観の問題だけではなく、喘息などの健康被害を引き起こす原因にもなるので
梅雨入り前、湿度の低い今のうちにお部屋をしっかり換気しておきたいものです。
8bdfa92cb55424804db210d31dfe2cdf_s

≪風の通し方ポイント≫

1.できるだけ長い動線で空気の通り道を作る。
・お部屋の端と端、家の端と端というように、できるだけ風の入口と出口を
 遠くして、風の通り道が長くなるように窓を開けましょう。
 (あえて説明するまでもないですが、南と北、東と西というように
  できるだけ遠い対角がベスト)

・風の入口になる窓は10~20cm程度開け、出口になる窓は全開に!
 入口は小さく、出口を大きくすると効率的に風通しできるそうです。

2.雨で窓をあけられない時は、扇風機や換気扇を活用。
・雨や、日中家にいない場合は換気扇を使用することでお部屋の空気を排出しましょう。
 (換気扇が汚れてフィルターが詰まっていたりすると、吸引力が下がるので
  定期的に掃除しましょう)

3.押入れやクローゼットの扉を開けて換気。
・換気をする時には、普段閉め切っている押入れや、クローゼット、下駄箱
 なども扉を開けて除湿しましょう。

4.入浴後の換気はバスルームのドアを開けて。
・入浴後に浴室の換気扇をつける時は、バスルームのドアを閉め切らずに
 10cm程度開けておくと、お部屋の乾いた空気が湯気と一緒に吸引され
 湯気が逃げやすくなります。

特にマンションは戸建に比べて気密性が高く湿気が溜まりやすいと言われます。
外出時は扇風機やサーキュレーター、換気扇などを利用して空気の滞留を防いだり
上手に換気して湿気による結露やカビを防ぎましょう。

赤カビはカビじゃない?

弊社では、オプションのハウスコーティングとして【防カビコーティング】を取り扱っています。

そのため、カスタマーサービスセンターへの問合せやアフターメンテナンスご訪問時に
「防カビコーティングをしたけど、赤カビができるんですが・・・」
というご相談が時々あります。

特に、浴室の床やバスグッズなど黒カビと同じ場所に発生しやすいこともあり
「赤カビ」と言ったりしますが、この赤っぽいピンク色のぬめり
実はカビではなく酵母の一種なのです!

ピンクぬめり

カビのように、目地やパッキンなどに根付く事はないので簡単に除去できますが
水があれば簡単に発生。
その増殖スピードはカビよりも速く、カビと違い水分だけでどんどん増殖します。

防カビコーティングも、市販の防カビ燻煙剤なども除菌効果はあるものの
水だけでどんどん繁殖してしまうので、黒カビに対する効果ほど長続きしません。

では、どうすればいいの?

【ピンク色のぬめり-ロドトルラを防ぐ、お掃除方法】
エタノールを含ませたタオルやペーパータオルを10秒程度あてて
死滅させたあと拭き取り落とし、最後に水で流し乾燥させます。

※消毒用エタノールは薬局などで500mlで500~1000円位
 で買うことができます。
※浴室の素材によっては、使えない場合もあるかもしれませんので
 調べてからご使用ください。

水分だけで増殖する・・・つまり乾燥させることが一番簡単な防止策。

ピンク色のぬめりは、そのまま放置するとカビの発生原因にもつながるので
浴室使用後は、
・洗面器などのバスグッズを床に置きっぱなしにしない
・換気をしっかり行う
発生しやすい場所は水を拭き取ったり、上記のお掃除方法などで防止しましょう!