フローリングのお掃除方法

弊社でフロアコーティングの施工をしていただいた場合
床のフロアモップでのお掃除は“ドライタイプシート”での拭き掃除を
オススメしています。

お手入れ方法説明にもそのように記載しているため
お客様から時々
「水拭きや洗剤拭きはできるのに、ウェットシートは使ってはいけないんですか?」
「ダ○○ンモップは使っちゃいけないんですか?使うと変質しますか?」といった
ご質問を受ける事があるので、今日はそこをもう少し詳しく解説してみます!

ウェットシートもダ○○ンモップも、使うとコーティングが変質したり
変色するという事はありません!

ウェットシートの一例ですが、
モップシート
「液剤」や「成分」と書かれている箇所を見ていただくと
このシートの場合は、洗剤の主成分でもある汚れを落とす「界面活性剤」
防腐剤の「パラベン」やアルコールの一種エタノールが含まれている事が
わかります。
他にも、流動パラフィンやオレンジオイル、シリコンオイルなどを含んだ
シートや、ワックスのような効果を出すための、カルナバ蝋や蜜蝋などを
含んだシートなど、いろんな種類のシートが販売されています。

このような成分が床に付着する事で、床が滑りやすくなったり
ワックスをかけているような状態になってしまう事があります。
付着した成分は洗剤拭きや水拭きで落とす事は可能ですが
時間も手間もかかってしまいます。

それだと、せっかくコーティングでお掃除を楽にした意味が
減少してしまいますよね?
なのでオススメしないのです。

普段のお掃除は、から拭きでOK!
食べこぼしや、調理の油はね、皮脂や汗のベタつきなど
水拭きではスッキリ落とせそうにない場合は
住まいの洗剤を規定量で薄めるなどして、雑巾を固くしぼって拭いた後
水拭き(同じく雑巾を固くしぼって)して洗剤を拭き取ってください。

弊社で販売している重曹アルカリ電解水クリーナーEPCOATは
2度拭きしなくても油汚れもスッキリ落ち、床以外でも使えるのでオススメ♪
興味のある方はこちらからどうぞ→EP CLEANER

※床に水や洗剤をこぼしたままにしたり、ビショビショの雑巾を
長時間放置すると、板の継ぎ目から水分が染み込んでしまう場合が
ありますのでご注意ください。

ちなみに、これも時々ある質問ですが
マイクロファイバークロスはお使いいただいて構いません☆