フロアコーティングを自分でするのは危険です

最近、フロアコーティングで検索するとフロアコーティング剤が出てくる事があります。これは自分で塗る為のようですがフロアコーティングを自分でするのはお勧めしません。今までやった事や経験がある場合は少し違うかも知れませんがフロアコーティングはワックスのように塗り直しが出来ず、しかも剥離も難しいので素人が手軽に出来るものではありません。塗りムラや段差なども生じやすい大変デリケートな作業になります。

いくら安くできるとは言っても失敗したら剥離の為には専門の業者を呼ばなければならず、それなりの金額を取られる事になります。また少し上手くいったとしても気になる所が出てくるものです。その場合でも補修なども出来ず何か気になっても全部自分でやらなければなりません。また、その後傷やトラブルが起きてもどうしたらいいか分からないと不安でいっぱいになってしまいます。

そう考えると、補修道具や機材も揃った専門会社に頼んだ方がやはり安心です。ジェブはフロアコーティング専門の施工会社ですのでフロアコーティングの事をどこよりも深く知っています。何がどんな状況で起こるのか様々な状況を想定して施工を実施しています。

安心安全なフロアコーティングはジェブにお任せください。

 

料理を作るのはシェフ、フロアコーティングはジェブ

フロアコーティングを探すにあたって社名を検索する事もあると思いますが、中々当社の名前を憶えてもらえないという問題があります。

ジェフとかジョブとかジャフとか言われてしまいますがジェブと検索してもらえないとネットでは見つけられません。

フロアコーティングは美味しい料理を作るシェフの様に綺麗な施工を仕上げるジェブと思っていただければ幸いです。

ジェブのフロアコーティングは30年耐久、丁寧、上手。性能も仕上がりも間違いなし。フロアコーティングはシェフに濁点を付けたジェブと覚えてみてください。

フロアコーティングはジェブで検索、でよろしくお願いします。

フロアコーティングと畳と文化

ひと昔?前まで日本の住居の床と言えば畳でしたが、今は都市部を中心にすっかりフローリングが当たり前になりました。どうしてこんなにフローリングが普及したのでしょうか。日本人の生活スタイルが洋風化したのが一番の理由ですが、しかし欧米のような土足化は定着しませんでした。これは日本の好きな何でも受け入れてその中からアレンジする精神が現れたのかもしれません。

ですから同じフローリングでも上履き文化?というか靴を脱ぐ習慣の中で独特のフローリング製品を作り上げました。中でもフロアコーティングは日本独特の物と言えるかもしれません。これは日本独特のラッピング文化とも重複するところがある感じです。中身を丁寧に包んで長く大事に使う事は広く様々な所で行われています。

上履き文化のフローリングは土足用のフローリングとは違い、上品で繊細な美しさを求められるようになりました。そんなフローリングを長く大事に使いたいという要求も自然に起きてきたものと言えるでしょう。土足では当然のワックスも日本では素足に触れることもあるのでより安心な物が求められるものも当然の帰結かもしれません。

フロアコーティングはその精神と機能性を併せ持った合理的な製品です。床を傷や汚れから守り、手足にも付着せず定期的なワックスも必要なく、フローリングを長く大事に使う事を可能にします。日本人のきれい好きにも合っていると思います。