フロアコーティングの方法、手順や準備について

フロアコーティングを依頼するにあたってどういう事が行われるのか少し不安になる人もいるかもしれません。

大まかの流れは
清掃(床を綺麗に掃除して埃や髪の毛などある場合取り除きます)
養生(液剤を塗る時に付着しそうな部分をテーピングします)
塗布(フロアコーティング液剤を塗るメイン作業になります)
乾燥(硬化させます、約3~4時間この間出入り禁止になります)
仕上(養生を取り硬化の確認と最終の仕上げをします)

以上のような感じになります。

この中でもお客様に関係するのが乾燥(硬化)の時間です。引越しのバタバタした時間ではエアコンの取り付けや他の業者とバッティングしてこの時間に入ってしまう業者があります。ペンキ塗りたてと同じ状態なのでこうなると足跡がついてしまい修復作業が必要になってしまいます。

張り紙で注意書きを促していますがそれでも時々こういった事例が発生します。業者への連絡もお願いしています。

問題なければ翌日にはご入居できます。大体こういった流れでフロアコーティングの施工が行われます。

<塗布作業 タイムラプス動画>

フロアコーティングは無駄で不要という意見

フロアコーティングは無駄で不要という意見もありますが、かなり荒っぽい意見だと思います。確かに結論だけ見てしまうと20年も経てば張替えが必要とか、どうせ傷つくのだからとか。もっと注意深く考えてみれば生活の質はどうなるのでしょうか。

早い段階で傷だらけになってしまい何十年もその傷を目にして生活していくのと綺麗な状態が長く続いて最後は結構キズが増えてしまったのではそれまでの生活の方法も記憶も違ったものになるのではないでしょうか?

フロアコーティングはフローリングのダメージを遅らせ出来るだけ綺麗な状態を保つようにするものです。それまでの時間経過の生活環境も考慮に入れて計算しないといけません。そう考えれば決して無駄で不要なものではない事が分かるのではないでしょうか。

フロアコーティングは赤ちゃんにも安心です

フロアコーティングは赤ちゃんにも安心なんです。ワックスのように手に付いたりしないから、口に付いたりしないから手を舐めても安心です。ワックスのようにべたべたしたら赤ちゃんも安心してハイハイもできません。フロアコーティングなら自由に伸び伸び部屋の中を動き回ることができます。

それが出来るのもフロアコーティングは完全硬化する為、成分があちこちに付いたりしないからです。しかもフロアコーティングの成分には有害成分が含まれていないので余計に安心です。ワックスの成分は決して安心とは言えません。

少し大きくなっても色々なものを投げたりお落としたりしますが、傷にも強くなります。食べこぼし等も多くても防汚性が高く、汚れが染み込まないので雑巾等でサッと拭くだけで綺麗になります。

また、フローリングにもよりますが、多くの場合滑り止め効果が高まりますので赤ちゃんの転倒防止にも役にたちます。

このようにフロアコーティングは赤ちゃんの味方。小さなお子様いる家庭ではぜひフロアコーティングを検討してみてください。

低光沢フロアコーティングはガラスコーティングだけ

最近のフロアコーティングは低光沢コーティングが主流。日中の日差しから夜間のテレビの映り込みまで眩しく反射する光沢は嫌ですね。最近は目にも優しい低光沢のフロアコーティングが好評なのです。

なぜガラスコーティングは低光沢なのか? それは5ミクロンと云われる塗膜の薄さに秘密があります。この薄さは他のフロアコーティングでは強度が無いために実現できません。ガラスコーティングの硬度が高いから可能な薄さになっていています。

ですから変に眩しく光らず、元のフローリングの質感がそのまま生きたコーティングになるのです。つや消し風で綺麗なコーティングになります。

それが強度と美しさを兼ね備えた30年の耐久性を備えた
進化を遂げた最新技術のフロアコーティング EPCOAT
なのです。

本当の事が分からないフロアコーティングの世界

フロアコーティングではUVコーティングの会社はUVコーティングが一番良いと言い、ガラスコーティングの会社はガラスコーティングが一番良いという。中には水性コーティングが一番合っていると言う所もあって、ユーザーは混乱の最中に置いていかれます。

これは様々な事情があったりして、マンションのオプション会では水性コーティングしか扱えない所があったり、過去の様々な経緯からこんな状態になっているようです。またマンションではシートフローリングがフローリング界を席巻してしまった為、耐久性の面で様々な問題を引き起こしました。

最近ではシートフローリングを見直す向きもあるようですがまだまだシェアは高いままです。こうしてユーザーを置いてきぼりにした状況は変わらないままなのです。ジェブでは当初より一貫してガラスコーティングをお勧めしてきた会社です。それはガラスコーティングがご家庭において一番良いフロアコーティングであることが実証されており、それを広げていくことが社会的使命と考え日々行動しているからに他なりません。

ジェブはUVコーティングの10倍の耐傷性で30年耐久の優れたガラスコーティングのEPCOATを日々施工しています。