フロアコーティング比較ではガラスコーティングが圧倒的な差

耐傷性試験ではUVコーティングの10倍以上の差で圧倒

■UVコーティングなど他社製品との耐傷性試験結果

商品名 主原料 ブラシ洗浄回数 塗装面の状態
EPCOAT 液体ガラス塗料 20,000回 変化なし
UVコーティング 2液性UV硬化型ウレタン塗料 2,000回 塗膜に傷あり
油性ウレタンコーティング 1液性油性ウレタンコーティング 1,000回
水性ウレタンコーティング 1液性水性ウレタンコーティング 200回
高濃度ウレタンコーティング 業務用ウレタンワックス 20回
試験方法JIS K 5663:2003(ブラシ総質量450g 洗浄液0.5%石鹸水溶液)

 

UVコーティングでは2,000回でキズが生じ始めるのに対し当社のガラスコーティング EPCOAT は20,000回でも傷が付きませんでした。

そして無機質ガラスの特性として長期間形質が変化しないので30年以上の耐久性が実現します。

比較すれば確かな性能差で他のコーティングを引き離すガラスコーティング EPCOAT。自宅の床を確実に守ります。

フロアコーティングの疑問と答え

特にフロアコーティングの疑問が多い項目をまとめてみました。

疑問 答え
一番耐久性があるコーティングは ガラスコーティング
一番傷に強いコーティングは ガラスコーティング
一番光沢が強いコーティングは UVコーティング
一番薄いコーティングは ガラスコーティング
一番長期間変化しないコーティングは ガラスコーティング

解説
一番耐久性があるコーティングはガラスコーティングです。それは他の疑問の内に自ずと明らかになります。

  • 一番傷に強いのは硬度6H以上のガラスコーティングです。UVは4~5Hです。
  • 一番光沢が強いのはUVコーティングです。日中は眩しく輝いて目に痛い程です。
  • ガラスコーティングはコーティングの中で一番薄く、その薄さで他のコーティングより強い強靭な塗膜ですので床への違和感がなく質感が変化しません。
  • ガラスコーティングは無機質なので長期間でも形質変化を起こさず脆くなったり変色しません。UVコーティングは有機質ですので変色します。また紫外線などで硬化が日々進んで脆くなりがちです。

この結果からご家庭に一番合っているフロアコーティングはガラスコーティングという事が分かります。

ジェブのEPCOATは無機質ガラスコーティング、上記の条件を全て備えた最良のフロアコーティングなのです。

フロアコーティング性能についての見方

フロアコーティング性能はどういう所を見れば分かるでしょうか。

ジェブはガラスコーティング EPCOATで高い性能を有しています。

まず耐傷性です。これは傷に対する強さを表します。ジェブのEPCOATではUVコーティングの10倍の耐傷性が認められており、UVコーティングよりはるかに傷が強いことが明らかです。

次に硬度です。EPCOATは硬度6H以上で一般的にUVコーティングが4~5Hなので更に傷に強くなっています。

次に耐久性です。EPCOATは30年以上の耐久性、UVコーティングが一般的に20年以上と表記されていますので更に長い耐久性があります。

次に無機質であること。有害物質を含まず安全です。また有機質と違って長い間にも形質変化を起こさないので脆くなったり変色しません。これが30年以上の耐久性を誇れる秘密です。

ジェブのフロアコーティングは以上のように高い性能を有していますので安心して施工をご依頼ください。

最高のフロアコーティングと最低のフロアコーティング

フロアコーティングというものはワックスとは違いフローリングの表面に硬い塗膜を形成して半永久的に効果が持続するものを云います。一時的な効果しかないワックスとは全く違うものです。所が中にはフロアコーティングと謳いながらワックスとあまり変わらないものがあります。

それは水性コーティングと呼ばれるもので、長いものでも2~3年位しか効果がありません。これではワックスと変わらず取れてきてしまったらまた再施工するしかありません。値段は安いかもしれませんが、こんなワックスと変わらないものをコーティングと称するのは混乱を招く元です。だからワックスとコーティングを混同する人たちが後を絶たないのだと思います。これは最低のコーティングというものではないでしょうか。

ジェブでは最高のコーティングと呼べるものを提供しています。30年耐久の耐久性。硬度6H以上の耐傷性。有害物質を含まない安全性。どれをとっても最高のフロアコーティングと呼べるものです。シリコンコーティングよりUVコーティングより優れた特性を示すガラスコーティング。それを採用するジェブのフロアコーティング EPCOAT はまさに最高のフロアコーティングと呼べるものです。

フロアコーティングの適正な厚さ

フロアコーティングは種類によって適正な厚さというのがあります。いわゆる塗膜の厚さの事ですが、これは厚く塗れば良いというものではありません。適正な厚みがあれば効果は出て、それ以上は無駄な厚みになるだけでなく悪影響を及ぼします。

余計な厚みがあると本来の弾力性が維持できず歪みやひび割れが生じてしまいます。特にガラスコーティングは塗膜の薄さで柔軟性やひび割れが起きない事が特徴なのでその特徴が無くなってしまいます。

もちろん塗り残しがあってはいけませんが物が透明なのでそこがフロアコーティングが一般の人には出来ない難しい所です。薄く均一に塗るのがフロアコーティングの大事な所。ジェブではこの技術を習得したものだけが実際に施工できるスタッフとして施工しています。

UVコーティングよりガラスコーティングが良い理由

フロアコーティングでUVコーティングよりガラスコーティングが良いUVコーティングは硬度が違います。ウレタン素材のUVコーティングより傷の付きやすさが断然違います。耐傷性試験でもUVコーティングの10倍以上の耐久性がありました。

またUVコーティングは塗膜が厚いので光沢が非常に強くギラギラと反射します。また塗膜の厚さは柔軟性を損ないひび割れや密着不良を起こしがちです。

それと有機質であるため長期間で形質変化が起き脆くなったりひび割れします。またUVは名前通りUV(紫外線)で硬化させるので日の当たる所では日光の紫外線で硬化が進んで脆くなってしまうので窓に紫外線防止フィルムなどを貼るなどして対策を施さなければなりません。

それに対しガラスコーティングは超薄膜塗膜で床に密着して柔軟性に富みひび割れ等が起きず、低光沢でフローリングの質を生かしたコーティングになります。

もちろん紫外線による形質変化も起きないので30年もの長い間フローリングを守る事ができるのです。またEPCOATはUVカット剤も含まれていますのでフローリングの日焼けも防ぐことも出来るのです。

このような理由によりフロアコーティングをするならガラスコーティングが一番良いという結果になりました。

ジェブのフロアコーティングはもちろんガラスコーティング。しかも安心のアフターメンテナンスで定期的なメンテナンスを受けられます。もう迷わないですね、フロアコーティングはジェブにお任せください。

床のガラスコーティングの特徴

フロアコーティングは様々な種類があります。その中でもガラスコーティングは最近開発されたものでフロアコーティングの最終形態とも云われている進化型のフロアコーティングです。

まずはその前にUVコーティングが登場した時、画期的なコーティングと称賛され脚光を浴びフロアコーティングが広まりました。しかしまだ傷が付きやすく耐久性に難がありました。

そこで満を持して登場したのがガラスコーティングです。これまでのフロアコーティングで満足できなかった耐傷性、耐久性などを大幅に改善してこれまでにない性能に引き上げました。

硬度6H以上、30年以上の耐久性と今までにない性能のフロアコーティングが誕生しました。それがガラスのフロアコーティングなのです。

フロアコーティングをどれが良いか悩んでいる方へ。
フロアコーティングをするならガラスコーティングが一番。
フロアコーティングならガラスのフロアコーティングの一択なのです。
ジェブは無機質ガラスコーティングのEPCOAT
あなたの自宅のフローリングを長期間守ります。

フロアコーティング耐久性No. 1 はガラスコーティング

フロアコーティング耐久性No. 1はガラスコーティングです。よくUVコーティングが耐久性No. 1と謳っている所がありますが、耐久性ではガラスコーティングに敵いません。

何を持って耐久性と言っているか分かりませんが硬度が低いUVコーティングでは長い間にすり傷が多く付いてしまい、コーティングが残っていても傷だらけで見た目も残念な状態になってしまいます。

やはり簡単に剥離が出来ないコーティングでは一度で長い間綺麗な状態を保ちたいもの。それならガラスのフロアコーティングの一択しかありません。

ガラスコーティングは値段が安いものではありませんが、他のコーティングでは決して得られない貴重な時間を得る事が出来ます。なんの時間かというと、フローリングが長い間綺麗な状態を保つ時間です。

どのコーティングかで悩んでいる貴方に、ぜひガラスコーティングを選んで欲しいのです。

フロアコーティングの比較にはエビデンスが大事

フロアコーティングを比較するには確かな証拠(エビデンス)が重要です。何となく感覚で良いと言われても明確な証拠、数字が示されなくては不安ですよね。ジェブでは第三者機関より取得した証明書が確かなエビデンスとして示されています。

第三者機関によるEPCOAT性能試験結果

それを踏まえた上で分かりやすい話や説明や動画などの価値があります。これらの数値を見ればガラスコーティングの硬度、耐久性が他のコーティングより圧倒的に優れていることが一目瞭然で、他のコーティングの追随を許しません。

それでも他社が他のコーティング扱うのはなぜでしょうか?
お客さんの為でしょうか?
安い金額でも取れればいいやという売上優先のだからではないでしょうか?
後々の事まで考えての決定ではないはずです。

ジェブでは本当に良いものをお客様に勧めたいという想いからガラスコーティングを最優先に勧めています。折角フロアコーティングをしたのに、またやり直さなければならなかったという事にならないようにと考えています。

フロアコーティングはジェブのガラスコーティング EPCOAT とご指名ください。

インテリア重視のフロアコーティング

フロアコーティングの一番の見た目の違いはやはり光沢です。それによって一番印象が変わります。一番派手なのはUVコーティングでしょう。これだとやった感が凄く、間違いなくコーティングしました感は得られます。もちろんこれが好きな人は問題ありませんが太陽や電灯の反射も凄く、落ち着かない感じになってしまいます。

ガラスコーティングの場合、本当にやったんですかとお叱りを受ける場合も有るのですが、これは部屋全体を行ってしまうと比較できないため、ちょっと気が付きにくい場合もあるようです。ガラスコーティングの場合でも灯りや明るい所の反射面を見ると馴染んではいますが施工前よりは反射率が上がっています。

 
施工前と施工後の写真

ガラスコーティングの場合は控えめな光沢で落ち着いた雰囲気を保てますので家具やインテリアを重視するお客様にも好評を得ています。ちょっと物足りないと思う方もいるのですが落ち着いた上品な感じはガラスコーティングならではのものです。是非お近くのショールームでご確認ください。

フロアコーティングのショールーム