床のガラスコーティングの特徴

フロアコーティングは様々な種類があります。その中でもガラスコーティングは最近開発されたものでフロアコーティングの最終形態とも云われている進化型のフロアコーティングです。

まずはその前にUVコーティングが登場した時、画期的なコーティングと称賛され脚光を浴びフロアコーティングが広まりました。しかしまだ傷が付きやすく耐久性に難がありました。

そこで満を持して登場したのがガラスコーティングです。これまでのフロアコーティングで満足できなかった耐傷性、耐久性などを大幅に改善してこれまでにない性能に引き上げました。

硬度6H以上、30年以上の耐久性と今までにない性能のフロアコーティングが誕生しました。それがガラスのフロアコーティングなのです。

フロアコーティングをどれが良いか悩んでいる方へ。
フロアコーティングをするならガラスコーティングが一番。
フロアコーティングならガラスのフロアコーティングの一択なのです。
ジェブは無機質ガラスコーティングのEPCOAT
あなたの自宅のフローリングを長期間守ります。

ガラスのフロアコーティングの特徴と質感

ガラスのフロアコーティングは硬度が高く硬いのと塗膜が非常に薄いのが特徴です。その為、耐久性が非常に長いのです。また塗膜の薄いので光沢も弱めで自然な光沢になっています。せっかく雰囲気のある家具を揃えても床がピッカピカだと台無しになってしまいますが、そのような事もなくインテリアの質感を損ないません。

適度な光沢なのでどんなインテリアとも相性が良く浮いてしまうことがありませんので部屋のインテリアを重視するお客様にも好評を得ています。また塗膜が薄いことでひび割れなどがなく弾力性が保てるので密着性が高く耐久性が高い理由になっています。

好きなインテリアと末永く過ごせるのもガラスのフロアコーティングの特徴です。

 

フロアコーティングの真実

フロアコーティングの事をネットで調べても中々本当の事が分からないと思っている方も多いかもしれません。マンション掲示板などでも色々な書き込みがあって不毛な議論が繰り広げられていたりします。本当の事を見つけるのがこんなに大変と初めて知ったり。

フロアコーティングをしても傷が全く付かないなんて事はあり得ないです。原料はガラス成分なのでガラスより硬いものや硬いものが付着して物を引きずってしまった場合、傷は付いてしまいます。長年の使用にはやはり当初の美しさは段々に無くなっていくものでしょう。

しかし当社は補修やアフターメンテナンスで傷の補修などを行っており出来るだけ床の状態を良好に保っていくようにしています。どうせ傷が付くならやらない方が良いという単純なものでなく、出来るだけ美しい状態を長く保ちたいというお客様の希望に沿ったサービスを行っています。

究極的にはフロアコーティングのする、しないはお客様が決める事ですが少しでも床をキレイに保ちお掃除が簡単になって家事の負担を減らせる素晴らしいサービスですので広く知れ渡ってもらいたいと考えています。