フロアコーティング シートフロア編

シートフロアとは

シートフロアとはシートフローリングとも呼ばれているフローリングの種類になります。最近のマンションでは9割がシートフローリングと言われるほど普及しているものです。価格が安く絵柄を自由に選べるので需要が急増しました。絵柄は印刷なのですが最近のは殆ど本物と区別できない為、幅広く支持されています。このように評価が高いシートフロアですが耐久性が余り強くないのが気になります。

シートフロアは水に強くなく、水をこぼしたまま放置してしまうと水膨れや歪みが生じてしまいます。また表面にEBコートという簡易的なコーティングが施されていますが余り強いものでなく傷や汚れに不安が残ります。

このEBコートによってワックスは必要ない事になっていますが、これはワックスを塗ってしまうと剥離するとき水を使う事になるので実質使えないというのが実情です。その為、専用のワックスも開発しているようですが効果も薄くなってしまいます。

このようなシートフロアの弱点を補う事が出来るのがフロアコーティングになります。予めEBコートがされているので、これより強いコーティングでないと意味がありません。そうなるとシートフロアには耐傷性が一番強いガラスコーティングが最良なのです。

シートフロアには一部、相性があるものがあるのでメーカーと製品名をお問合せください。シートフロアにはフロアコーティングで補強するのが最近のトレンドになっています。

新築マンションのフロアコーティングの注意点

新築マンションでは多くの場合フロアコーティングをどうするか迷う事になります。入居前にオプションサービスとして選択項目に入っている場合もあります。オプションのフロアコーティングも販売会社からの繋がりもあり安心できますが少し割高なのと選択肢が限られているのが難点です。

今ですとやはり、比較サイトを利用して様々な会社から自分が希望するフロアコーティングで、また少しでも安い所を選ぶというのがライフスタイルの主流になっています。この中でも特に注意したいことを書いておきます。

マンションのフロアコーティングは今は殆どがシートフローリングです。これは表面が非常に薄いオレフィンシートと呼ばれる汎用プラスチックの一種で木目の印刷がされたものを云います。木と違ってメンテナンスや扱いやすいという事で非常に普及しましたが耐久性に難があり最近は見直すところもあるようです。

その耐久性を高めるのがフロアコーティングになります。シートフローリングの場合ワックスフリーやノンワックスフローリングと謳ってワックスが使うことが出来ません。それでもワックス使ってしまう人が多くてかえって汚れやすくなったり滑りやすくしている人も多いようです。

そういう事を防ぐ意味でもフロアコーティングが効果的です。フロアコーティングをすればワックスは必要無くなり雑巾などで簡単にお掃除ができるようにもなります。この事も含めても新築マンションにはフロアコーティングが相性が良いという事が分かると思います。

フローリングの種類とその特性

フローリング(床材)の種類には

■シートフローリング
現在普及タイプのマンションは殆どこのタイプになっています。木目が印刷されたオレフィンシートで強度が劣る場合があります。印刷なので大理石調や様々なデザインが可能です

■複合フローリング
・合板フローリング
天然木を薄くスライス(0.2~0.3mm位)した板を表面に張り合わせたもの
・単板フローリング
1~3mm程度の天然木の板を表面に張り合わせたもの

■無垢材フローリング
・無垢材(集積材)フローリング
表面から下地まで同じ一つの天然木を組み合わせたもの
・無垢材(一枚物)フローリング
同じ一枚板を組み合わせたもの

価格も上から順に高くなっていて無垢材(一枚物)フローリングが最上級のものです。しかし天然木なので伸びや縮みで反りや歪みが生じることがあり取り扱いが難しい所もあります。逆にそれ以外のフローリングでは反りや歪みが生じにくいと言えます。