キッチン、トイレにフロアコーティングが効果的

キッチンにはフロアコーティングが効果大

キッチンは水こぼれや汚れが一番付きやすい場所といえます。いろんな物も落ちるで床はかなり傷みやすいでしょう。長い間には相当傷みが進んでしまい気が付いたら傷だらけに。そんな事態を少しでも軽減できるのがフロアコーティングです。様々な調味料や料理のソースや熱い油などにも強い耐性を示します。

こんな重宝なものなら絶対やらない理由がありません。床の張替期間を延ばす事が出来れば張替え費用を浮かす事が出来るかもしれません。いずれにしても張替えまでの出費を延ばす事が出来ますので大変お得なのです。

フロアコーティングはトイレにも効果的

トイレにもフロアコーティングは大活躍。水濡れなどが多い床は腐蝕が進みやすいのでフローリングのトイレにもフロアコーティングは効果的です。耐水性があるので水の染み込みを防ぎ、汚れや腐食を防ぎます。汚れも簡単に取れるので掃除も楽々になります。ただし防水機能ではありませんので大量の水が溢れた場合は速やかに水を取り除き乾燥させる必要があります。

日常の使い方ではフロアコーティングは水回りのフローリングの寿命を大幅に伸ばす事ができるのです。トイレをはじめキッチンなどにもフロアコーティングは掃除も簡単になり絶対やった方がお得です、張替までの期間も長くなりますから。

キッチンやトイレなど水回りのフローリングにはフロアコーティングが絶大の効果を発揮します。自宅の施工にフロアコーティングを考えてみてください。

床材の適材適所とその特徴

床材は天然木の無垢材が高級品で誰もが使ってみたいものですが、場所によっては向かない場所もあります。キッチンや洗面台、トイレなど水気が多い所では湿気を含みやすいので余程手入れをしっかりやらないと、カビや腐ったりしてしまいます。また床暖房なども無垢材等は向きません。

そういうところではクッションフロアなどが多く使われます。表面が印刷されたオレフィンシートのシートフローリングも向いているように見えますが実はシートフローリングは水が大敵、下地材の合板部分が水を吸い込んで膨らんだり歪んだりしてしまうのです。表面はEBコートなどで防水加工してあるのですが継ぎ目の断面などから水が入り込んでしまう場合があります。

大量の水をこぼしてしまった場合など通常の防水では防ぎきれないので速やかに水を吸い取って取り除き乾燥等の処置を講じなければなりません。